ビートルズがカバーした曲は意外に多い!オリジナルと聞き比べてみました。
2018年6月4日 更新

ビートルズがカバーした曲は意外に多い!オリジナルと聞き比べてみました。

世界いたるところで、それこそ星の数ほどビートルズの楽曲はカバーされていることでしょう。しかし、そのビートルズもまた多くの曲をカバーし公式に残しています。それにしても余りにカバーが上手すぎてオリジナルかと思ってしまうほどです。

5,418 view

The Beatles

ビートルズといえば、ロックに革命をもたらし、その歴史を塗り替えた存在として知られています。何よりも独創的でありながら親しみやすい楽曲は今もって他の追随を許さず素晴らしいの一言。
ビートルズ

ビートルズ

写真左から
ジョン・レノン(ギター)
リンゴ・スター(ドラムス)
ポール・マッカートニー(ベース)
ジョージ・ハリスン(ギター)

活動期間:1957年 - 1970年
そんなビートルズですが、初期には思いのほか多くのカバー曲を残しています。ビートルズはカバー曲もオリジナルのように自分たちの曲として消化しているとはよく言われることですが、本当にそうなのでしょうか?検証してみました。

Please Please Me

デビューアルバム「プリーズ・プリーズ・ミー」にはカバー曲が6曲。確かにアルバムの中で聴いていると、オリジナルと遜色がないというか、元歌を知らなければ分からないほど違和感はありません。
プリーズ・プリーズ・ミー

プリーズ・プリーズ・ミー

アナログA面
1.アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア
2.ミズリー
3.アンナ ※アーサー・アレキサンダーのカヴァー。
4.チェインズ ※クッキーズのカヴァー。
5.ボーイズ ※シュレルズのカヴァー。
6.アスク・ミー・ホワイ
7.プリーズ・プリーズ・ミー

アナログB面
1.ラヴ・ミー・ドゥ
2.P.S.アイ・ラヴ・ユー
3.ベイビー・イッツ・ユー ※シュレルズのカヴァー。
4.ドゥ・ユー・ウォント・トゥ・ノウ・ア・シークレット
5.蜜の味 ※レニー・ウェルチのカヴァー。
6.ゼアズ・ア・プレイス
7.ツイスト・アンド・シャウト ※アイズレー・ブラザーズのカヴァー。
中でも有名なカバー曲は、この当時ライブでも盛んに演奏していた「ツイスト・アンド・シャウト」でしょうか。

The Beatles - Twist and Shout

オリジナルはアイズレー・ブラザーズです。「ツイスト・アンド・シャウト」は1962年の作品になります。

Isley Brothers - Twist and Shout

基本的なアレンジは変わっていないのですが、ビートルズは流石に垢抜けていますね。コーラスもですが、なんと言ってもジョン・レノンのボーカルが素晴らしいです。

アルバムには「ベイビー・イッツ・ユー」と「ボーイズ」というシュレルズのカヴァーが2曲も収められています。

Baby it's you The Beatles

ロマンチックな曲ですね。「ベイビー・イッツ・ユー」も1962年の曲で、全米では59位のヒットとなっています。

Shirelles - Baby It's You (1961)

With the Beatles

ウィズ・ザ・ビートルズ

ウィズ・ザ・ビートルズ

アナログA面
1.イット・ウォント・ビー・ロング
2.オール・アイヴ・ゴット・トゥ・ドゥ
3.オール・マイ・ラヴィング
4.ドント・バザー・ミー
5.リトル・チャイルド
6.ティル・ゼア・ウォズ・ユー ※ミュージカル「ミュージック・マン」のカヴァー。
7.プリーズ・ミスター・ポストマン ※マーヴェレッツのカヴァーのカヴァー。

アナログB面
1.ロール・オーヴァー・ベートーヴェン ※チャック・ベリーのカヴァー。
2.ホールド・ミー・タイト
3.ユー・リアリー・ゴッタ・ホールド・オン・ミー ※スモーキー・ロビンソン&ミラクルズのカヴァー。
4.彼氏になりたい
5.デヴィル・イン・ハー・ハート ※ドネイズのカヴァー曲。
6.ナット・ア・セカンド・タイム
7.マネー ※バレット・ストロングのカヴァー。
2枚目のアルバム「ウィズ・ザ・ビートルズ」でも6曲のバナーが収められています。ビートルズがカバーした中でも最高の出来といってもいいのではないかと思うのが「プリーズ・ミスター・ポストマン」ですね。これこそオリジナルと信じて疑わなかったヒト多数の名カバー曲です。

The Beatles — Please Mr. Postman

「プリーズ・ミスター・ポストマン」は、モータウン所属のグループ・マーヴェレッツが1961年に放った全米1位に輝く大ヒット曲です。
53 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ビートルズ史上もっとも難産だった「レット・イット・ビー」。結局完成したのは予定とは正反対のものだった!

ビートルズ史上もっとも難産だった「レット・イット・ビー」。結局完成したのは予定とは正反対のものだった!

デビュー当時のようにオーバーダビングを極力行わずシンプルなアルバムを作ろうということで始められたレコーディング。ビートルズ最後のアルバムとなった「レット・イット・ビー」は、極端にオーバーダビングされメンバーの思惑を外れたものとなりました。なぜそんなことになったのか時系列で足跡を辿ります。
obladioblada | 7,755 view
95年に発表されたビートルズ曲『フリー・アズ・ア・バード』

95年に発表されたビートルズ曲『フリー・アズ・ア・バード』

1970年に解散したビートルズ。それから25年後の1995年に、『フリー・アズ・ア・バード』という新曲が発表されました。既にジョンがこの世にいない状況で、果たして、残された3人はどのように曲を完成させたのでしょうか?そんな「奇跡の一曲」が出来上がるまでの顛末を紹介していきます。
こじへい | 2,062 view
映画「EIGHT DAYS A WEEK」公開!ザ・ビートルズのライブを体感しよう!

映画「EIGHT DAYS A WEEK」公開!ザ・ビートルズのライブを体感しよう!

9月22日から、ザ・ビートルズの公式ライヴ・ドキュメンタリー映画が遂に全国ロードショー!この機会に、ライヴ・バンドとしてのThe Beatlesの魅力を味わってみませんか?映画だけでなく、当時のライヴの模様を伝えてくれるレコードやCD、動画、DVD、なども併せてご紹介します。
Gaffa | 1,996 view
「ザ・ビートルズ」最初の5枚

「ザ・ビートルズ」最初の5枚

60年代を代表するに留まらず、いまだに大きな影響力を持っているザ・ビートルズ。永遠のアイドルにして音楽界きってのイノベーター。そんな彼らの初期のアルバムを辿ってみます。
obladioblada | 1,099 view
1980年、世界を震撼させたジョン・レノン射殺事件の犯人「マーク・チャップマン」とは?

1980年、世界を震撼させたジョン・レノン射殺事件の犯人「マーク・チャップマン」とは?

ビートルズのリーダーであり、世界を代表するミュージシャンであるジョン・レノン。ビートルズ解散後もソロ活動で名声を得ていた彼が狂弾に倒れたのは、1980年12月8日のことでした。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト