ビートルズ史上もっとも難産だった「レット・イット・ビー」。結局完成したのは予定とは正反対のものだった!
2017年12月11日 更新

ビートルズ史上もっとも難産だった「レット・イット・ビー」。結局完成したのは予定とは正反対のものだった!

デビュー当時のようにオーバーダビングを極力行わずシンプルなアルバムを作ろうということで始められたレコーディング。ビートルズ最後のアルバムとなった「レット・イット・ビー」は、極端にオーバーダビングされメンバーの思惑を外れたものとなりました。なぜそんなことになったのか時系列で足跡を辿ります。

7,063 view

Let It Be

ビートルズの「レット・イット・ビー」という曲をご存知でしょうか?日本において最も売れたビートルズのシングルです。
特別にビートルズ・ファン、音楽ファンでなくとも40代以上であれば誰もが耳にしたことがあると思われる名曲ですね。

この曲は、ビートルズの22枚目のオリジナル・シングル曲であり、ビートルズ活動中の最後のシングル盤で1970年3月に発売されました。

The Beatles -Let It Be

この曲、及び同名のアルバム「レット・イット・ビー」の制作はビートルズのレコーディング史上最も混乱を極めたものでした。

世紀のスーパーグループ:ビートルズの「レット・イット・ビー」制作ヒストリーを時系列でまとめてみました。

Get Back Session

60年代後半になるとビートルズの人間関係はギクシャクしたものとなっていました。そんな中、ポール・マッカートニーの発案によってデビュー当時のようにオーバーダビングを極力行わず、シンプルなアルバムを制作し、そのレコーディング風景をドキュメントタッチで映画化するという企画が進められることになります。

しかし、開始早々人間関係は更に悪化。レコーディング自体も散漫なものとなってしまいます。
これが1969年1月から始められたゲット・バック・セッションと呼ばれよもので、後にアルバム及び映画「レット・イット・ビー」となるのですが、当初は「原点に返ろう(Get back)」ということをコンセプトにし、アルバムタイトルも「ゲット・バック」となる予定でした。
 (1946484)

1月10日にはポール・マッカートニーと対立したジョージ・ハリスンがセッションを放棄し数日間戻らないという事件も起こるほどにバンド内は荒れていました。因みに2人が口論している場面は映画にも撮影され残っています。

Get Back

1969年1月31日、「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」や「レット・イット・ビー」がレコーディングされ映画撮影は打ち切られました。
この時点ではアルバム「ゲット・バック」をビートルズは完成させることが出来ず投げ出してしまいます。そして2月から断続的に新たなアルバム作りを開始します。これが後のアルバム「アビイ・ロード」となります。

1969年3月、エンジニアだったグリン・ジョンズにダラダラと演奏された膨大な量の録音テープをアルバムにまとめる作業が依頼されます。
グリン・ジョンズ

グリン・ジョンズ

プロデューサー、エンジニア
そして4月、不毛とも言われた「ゲット・バック・セッション」から初めての収獲となるシングル「ゲット・バック」が発売されました。この曲は1000万枚以上の売り上げとなる大ヒットを記録しました。
ゲット・バック

ゲット・バック

B面は「ドント・レット・ミー・ダウン」

本作がビートルズ最後のモノラル・シングル盤です
そもそも「ゲット・バック・セッション」では最後までまともに演奏された曲がほとんどないという状況ですから継接ぎ継接ぎの編集作業は大変だったことでしょう。それでもグリン・ジョンズの尽力により、5月28日にアルバム「ゲット・バック」は完成します。

しかし、テスト盤が出来、ジャケットも完成していたのですが完成度が一連のビートルズのアルバムに達していないということで発売は見送られます。
ゲット・バック

ゲット・バック

1. The One After 909
2. Rocker
3. Save The Last Dance For Me
4. Don't Let Me Down
5. Dig A Pony
6. I've Got A Feeling
7. Get Back
8. For You Blue
9. Teddy Boy
10. Two Of Us
11. Maggie Mae
12. Dig It
13. Let It Be
14. The Long And Winding Road
15. Get Back Reprise
ここで始めて「レット・イット・ビー」を聴くことが出来ますが、このグリン・ジョンズ版の「レット・イット・ビー」悪くないです。
是非聴いてみてください。

Let It Be ( Glyn Johns Mix )

良い出来ですよね?しかし、このアルバムが正式に発売されていたとしたらアルバム「レット・イット・ビー」に入っているジョン・レノンの大名曲「Across The Universe」が収録されないことになってたんですね。

Abbey Road

1969年2月22日から断続的にレコーディングされていた新しいアルバムは、ビートルズの従来のプロデューサーであるジョージ・マーティンを迎え7月から正式に制作が開始され、1969年10月にアルバム「アビイ・ロード」として発売されました。
44 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

95年に発表されたビートルズ曲『フリー・アズ・ア・バード』

95年に発表されたビートルズ曲『フリー・アズ・ア・バード』

1970年に解散したビートルズ。それから25年後の1995年に、『フリー・アズ・ア・バード』という新曲が発表されました。既にジョンがこの世にいない状況で、果たして、残された3人はどのように曲を完成させたのでしょうか?そんな「奇跡の一曲」が出来上がるまでの顛末を紹介していきます。
こじへい | 1,749 view
ビートルズがカバーした曲は意外に多い!オリジナルと聞き比べてみました。

ビートルズがカバーした曲は意外に多い!オリジナルと聞き比べてみました。

世界いたるところで、それこそ星の数ほどビートルズの楽曲はカバーされていることでしょう。しかし、そのビートルズもまた多くの曲をカバーし公式に残しています。それにしても余りにカバーが上手すぎてオリジナルかと思ってしまうほどです。
obladioblada | 3,903 view
映画「EIGHT DAYS A WEEK」公開!ザ・ビートルズのライブを体感しよう!

映画「EIGHT DAYS A WEEK」公開!ザ・ビートルズのライブを体感しよう!

9月22日から、ザ・ビートルズの公式ライヴ・ドキュメンタリー映画が遂に全国ロードショー!この機会に、ライヴ・バンドとしてのThe Beatlesの魅力を味わってみませんか?映画だけでなく、当時のライヴの模様を伝えてくれるレコードやCD、動画、DVD、なども併せてご紹介します。
Gaffa | 1,953 view
60年代から70年代に異彩を放ったフィル・スペクターのウォール・オブ・サウンド

60年代から70年代に異彩を放ったフィル・スペクターのウォール・オブ・サウンド

フィル・スペクターといえばウォール・オブ・サウンドと呼ばれる独特のサウンドを作り上げたことで知られています。その特徴的なサウンドは、多くのミュージシャンを虜にし、フィル・スペクターはビートルズからパンク・バンドまで幅広くプロデュースを手掛けた今や伝説のプロデューサーです!
obladioblada | 3,061 view
ロック史上初の大規模なチャリティー・コンサートを知ってますか?それはバングラディシュ・コンサートです!

ロック史上初の大規模なチャリティー・コンサートを知ってますか?それはバングラディシュ・コンサートです!

1971年8月1日にニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンでジョージ・ハリスンが企画したロック史上初めての大規模なチャリティーコンサートがバングラデシュ・コンサートです。コンサートは大成功を収め、これ以降に行われたライブエイドなどといったチャリティーコンサートに大きな影響を与えています。そして何よりも映画化及びレコード化されたことでジョージ・ハリスンは勿論のこと、エリック・クラプトンやボブ・ディランといった今やレジェンドとなった出演者たちの若かりし頃の演奏が見れることは大きな喜びです!しかし、当時の舞台裏は大変だったみたいですよ。
obladioblada | 1,045 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト