自由奔放!奇想天外!摩訶不思議!ダイハツの迷車たち~メーカー別マニアック名車  ダイハツ編
2017年8月7日 更新

自由奔放!奇想天外!摩訶不思議!ダイハツの迷車たち~メーカー別マニアック名車 ダイハツ編

長年、日本の自動車界を支えてきた国産メーカーのマニアックな名車を「マツド・デラックス」が選りすぐってお送りするわよ!今回は日産、三菱、マツダ、いすゞに続きダイハツよ!あまりこう言うコラムに登場しないダイハツの名車をコアなファンの為にご紹介するわ!楽しんでね!

61,741 view

「猫科のターボ」 シャレードの究極型 シャレード デトマソ ターボ(初代)

1984年に「猫科のターボ(Cats Turbo)」と言われた二代目シャレードのターボに追加されたのが「デトマソ ターボ」よ!あたしからしたらこの車は当時のシャレードターボの究極型だと思うの。
シャレード デトマソ ターボ(初代)

シャレード デトマソ ターボ(初代)

このカラーリングにドキドキしたのはあたしだけじゃないはずよ!
ターボはご存じの通り「世界初の3気筒1リッターターボ」よね。何故このターボが「猫科」かと言うとそれはターボの加速域に関係があるのよ。当時のターボは皆さんも経験があるかと思うけど高回転になってターボが効きはじめるわ。でもシャレードのターボは低回転から直ぐにターボが効く「フルスタンバイ・ターボ」だったの。そして、しっかりと設計された足回りとのマッチングで「俊敏性」に優れていたからこの「アダ名」が付いたのかもしれないわね。だって当時のキャッチフレーズは「ミラノの匂いだ!」だったかしら?(笑)エンジンは逆に「イノチェンテ・ミニ」にダイハツが供給する訳だけど、じゃあ何が「デトマソ」なのかと言うと内装やこった装飾品なのよね。
イノチェンティ ミニ

イノチェンティ ミニ

やっぱりこの車もこのカラーリングが素敵よね!
まずは目を引く「フルエアロ」ね!ステアリングは「MOMO」、ホイールは「カンパニョーロ」のマグネシウムホイール、タイヤは「ピレリー」とそうそうたるメンバーよ!これでグッと来ない車好きはいないわよね。
デトマソのカタログの一部

デトマソのカタログの一部

やっぱり強調されるところはここなのよね!
そして、「デ・トマソ パンテーラ」を意識したカラーリングとサイドに描かれた「DETOMASO」よ!
デ・トマソ   パンテーラ

デ・トマソ パンテーラ

本家本元 デ・トマソ パンテーラ スーパーカー世代にはたまらないわね!
出典 b-cles.jp
でもね、残念な部分もあるのよ。初期はなかった「エレクトログラフィックメーター」の追加よ。カタログに書いてあったわ!「デ・トマソ」はそのメーターを嫌ったって。でも結局追加され、そのカタログからは、その文章が削除されたの。残念よ!ダイハツさん!
ダイハツのエレクトログラフィックメーター

ダイハツのエレクトログラフィックメーター

デトマソにはアナログメーターがやっぱり似合ったわ!
初代シャレードには無かった「デトマソ」は二代目シャレードに登場して、その後四代目に再登場するのだけど「デトマソ」は名ばかりで胸が痛くなったのを覚えているわ。
四代目   シャレード デトマソ

四代目 シャレード デトマソ

あたしにとっては残念な四代目。「デ・トマソ」の魂はどこへ行ったの?
出典 carcast.jp
あ、市販はされなかったけど「デトマソ926R」は化け物だったわ!グループBでの快走を見たかった~。エンジンをミッドシップにするなんてお馬鹿よね(笑)
シャレード  デトマソ926R

シャレード デトマソ926R

この車がもし市販されていたら あたし 買ったかも!
和製「ルノーサンクターボ」を目指していたのかしら?是非、この2台でレースをする姿を私は見たかったわ!でもやっぱり私の中の「デトマソ」はやはり二代目が「デトマソ」だったのよね!
ルノー5 ターボ

ルノー5 ターボ

シャレードデトマソの究極型はほんとはサンクだったのかしら?
出典 b-cles.jp
そうそう最後に余談になっちゃうけど、本家「デ・トマソ」はこう表記されるけどダイハツは「デトマソ」と表記だったわね。ねえ?どうして?誰か!何故こうなったか教えて頂戴(笑)

色んな意味で「熱い」クルマ アプローズ

1989年発売された、「アプローズ」はダイハツの弱点である普通車の部分をカバーするために4ドアセダンではなく「5ドアハッチバック」と言う選択をした異色の車よ!
48 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

キャッチコピーインパクトなら間違いなくトップクラスの国産メーカー!「低価格」も売りだった!?スズキの迷車たち~メーカー別マニアック名車  スズキ編

キャッチコピーインパクトなら間違いなくトップクラスの国産メーカー!「低価格」も売りだった!?スズキの迷車たち~メーカー別マニアック名車 スズキ編

長年、日本の自動車界を支えてきた国産メーカーのマニアックな名車を「マツド・デラックス」が選りすぐってお送りするわよ!今回は日産、三菱、マツダ、いすゞ、ダイハツ、ホンダに続きスズキよ!地味なメーカーに見えるけど個性は豊かよ!さあ、今回も皆さん楽しんで頂戴ね!
王道を突き進む世界のトヨタがそれなりに冒険した迷車たち~メーカー別マニアック名車  トヨタ編

王道を突き進む世界のトヨタがそれなりに冒険した迷車たち~メーカー別マニアック名車 トヨタ編

長年、日本の自動車界を支えてきた国産メーカーのマニアックな名車を「マツド・デラックス」が選りすぐってお送りするわよ!今回は日産、三菱、マツダ、いすゞ、ダイハツ、ホンダ、スズキに続きトヨタよ!王道の中にもチャレンジした車があったわ!さあ、今回も皆さん楽しんで頂戴ね!
常に10年先を走リ続けたホンダの迷車たち~メーカー別マニアック名車  ホンダ編

常に10年先を走リ続けたホンダの迷車たち~メーカー別マニアック名車 ホンダ編

長年、日本の自動車界を支えてきた国産メーカーのマニアックな名車を「マツド・デラックス」が選りすぐってお送りするわよ!今回は日産、三菱、マツダ、いすゞ、ダイハツに続きホンダよ!元ホンダの360乗りとしてはやっぱりあの車を紹介したくなるの!さあ、今回も皆さん楽しんで頂戴ね!
マニアのマニアによるマニアの為のメーカー!CMもぶっ飛んでた!いすゞの迷車たち ~メーカー別マニアック名車  いすゞ編

マニアのマニアによるマニアの為のメーカー!CMもぶっ飛んでた!いすゞの迷車たち ~メーカー別マニアック名車 いすゞ編

長年、日本の自動車界を支えてきた国産メーカーのマニアックな名車を「マツド・デラックス」が選りすぐってお送りするわよ!今回は日産、三菱、マツダに続きいすゞよ!マツダ以上にコアなファンが多いかも知れないわ!楽しんでね!
一度乗ったら最後!乗り続けなければならなくなる魔力!なんとも言えないマツダの迷車たち ~メーカー別マニアック名車  マツダ編

一度乗ったら最後!乗り続けなければならなくなる魔力!なんとも言えないマツダの迷車たち ~メーカー別マニアック名車 マツダ編

長年、日本の自動車界を支えてきた国産メーカーのマニアックな名車を「マツド・デラックス」が選りすぐってお送りするわよ!今回は日産、三菱に続きマツダよ!コアなファンが多いのも有名よね!楽しんでね!

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト