王道を突き進む世界のトヨタがそれなりに冒険した迷車たち~メーカー別マニアック名車  トヨタ編
2017年1月26日 更新

王道を突き進む世界のトヨタがそれなりに冒険した迷車たち~メーカー別マニアック名車 トヨタ編

長年、日本の自動車界を支えてきた国産メーカーのマニアックな名車を「マツド・デラックス」が選りすぐってお送りするわよ!今回は日産、三菱、マツダ、いすゞ、ダイハツ、ホンダ、スズキに続きトヨタよ!王道の中にもチャレンジした車があったわ!さあ、今回も皆さん楽しんで頂戴ね!

72,036 view

カウンタックを夢見たガルウイングは暑さとの戦いだった! セラ

1990年に登場したセラは日本のユーザーに夢と希望とそして忍耐を与えた車だったわ。
トヨタ セラ

トヨタ セラ

セラと言えばこのカラーよね!
その夢と希望の最たるものは「ガルウイング(バタフライドア)」よ!日本初の試みは国民を狂喜させたわ!そう!特にスーパーカーブームの世代のおじさま達には「ランボルギーニ・カウンタック」を想像させるのにはドアの開閉だけで十分だったのよ!
ランボルギーニ カウンタック

ランボルギーニ カウンタック

やっぱりガルウイングの代名詞はこの車よね!
エンジンは1500CC。ちょうどいい排気量だったわよね。生産を担当したのはあの「パブリカ・コンバーチブル」や「MR-2」を担当したセントラル自動車(現、トヨタ自動車東日本)よ!本当にこう言う車に強いわよね(笑)
パブリカ コンバーチブル

パブリカ コンバーチブル

このコンバーチブルは本当に素敵だったわ!
初代 MR-2

初代 MR-2

この車もある意味チャレンジャーだったわ!
セラは屋根部分をドアガラスを使ってグラストップにし、オープン時の開閉も最小限に抑えたわ!そして特筆されるのは「ダンパー」よ!地味なものなんだけど良くハッチバックの車で重みで垂れ下がって来る経験をした方が多かったんじゃないかしら?でもセラはそこに特殊な技術を使いこれをなくしたの。でも、内側からのドアを開けるときには結構大変だったらしいわよ。そして、もっと大変だったのは「暑さ」との戦いよ!だって屋根がガラスよ!暑いに決まってるでしょ?トヨタだって考えていたわよ。だからエアコンはちょっと大きめの排気量のものを採用していたの。でもオーナー曰く、真夏はキツかったそうよ。
セラ グラストップ部分

セラ グラストップ部分

たしかにこれでは暑いわよね!
この果敢な冒険は他社にも波及するの。マツダの「メルセデス・ベンツ・300SL ガルウイングクーペ」を参考にして造られたような「AZ-1」が販売されるのよ。多分これも「セラ」があったからこそじゃないかしら?そう考えると「セラ」はバブル時代の末期にバブルの名残を象徴するような1台だったのかもしれないわね。
メルセデスベンツ 300SL

メルセデスベンツ 300SL

カウンタックと並びガルウイングと言えばこの車よね!
マツダ オートザム  AZ-1

マツダ オートザム AZ-1

小さいながらも本当に良くできた車だったわ!
出典 car-me.jp
セラのボディカラーは全てメタリック(のちにマイナーチェンジで色は追加された)だったの。どうして最初、メタリックに拘ったのかしら?謎よね(笑)初めはメルセデスよりの高級感を出したかったのかしら?本当にトヨタとしては攻めたクルマだったわ。

当時の人気者「アグネス・ラム」 をCMに起用した「リフトバック」 と言うハッチバックのトヨタ独自の呼び名 スプリンター リフトバック

1976年に発売された3ドアハッチバックは、とっても斬新なデザインだったわ。それが「スプリンター リフトバック」よ!
スプリンター リフトバック

スプリンター リフトバック

この独特な形が当時インパクトがあったわ。
今まで「ハッチバック」と言う言葉はあったけど「リフトバック」と言う言葉はトヨタが発信したのよね。形としては車高が元々低いデザインの「スプリンター・クーペ」をベースにテールゲートを設けスポーツワゴン風に仕上げたの。
スプリンター クーペ

スプリンター クーペ

発売当初は嫌いだったの。でもだんだん味が出てきて好きになったのよ。親戚が乗っていたのよ(笑)
カッコ良く言うと「ボルボ・P1800ES」のような「シューティングブレイク」を目指したのかしら?
44 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

マニアのマニアによるマニアの為のメーカー!CMもぶっ飛んでた!いすゞの迷車たち ~メーカー別マニアック名車  いすゞ編

マニアのマニアによるマニアの為のメーカー!CMもぶっ飛んでた!いすゞの迷車たち ~メーカー別マニアック名車 いすゞ編

長年、日本の自動車界を支えてきた国産メーカーのマニアックな名車を「マツド・デラックス」が選りすぐってお送りするわよ!今回は日産、三菱、マツダに続きいすゞよ!マツダ以上にコアなファンが多いかも知れないわ!楽しんでね!
遅れてきたルーキー「ミツオカ」の迷車たち~メーカー別マニアック名車  ミツオカ編

遅れてきたルーキー「ミツオカ」の迷車たち~メーカー別マニアック名車 ミツオカ編

国産メーカーのマニアックな名車を「マツド・デラックス」が選りすぐってお送りするわよ!今回は日本国産メーカーのルーキー!ミツオカの名車たちよ!さあ、今回も皆さん楽しんで頂戴ね!
やっちゃえ日産がやり過ぎちゃった迷車たち!    ~メーカー別 マニアック名車 日産編~

やっちゃえ日産がやり過ぎちゃった迷車たち! ~メーカー別 マニアック名車 日産編~

長年、日本の自動車界を支えてきた国産メーカーのマニアックな名車を「マツド・デラックス」が選りすぐってお送り致します!
キャッチコピーインパクトなら間違いなくトップクラスの国産メーカー!「低価格」も売りだった!?スズキの迷車たち~メーカー別マニアック名車  スズキ編

キャッチコピーインパクトなら間違いなくトップクラスの国産メーカー!「低価格」も売りだった!?スズキの迷車たち~メーカー別マニアック名車 スズキ編

長年、日本の自動車界を支えてきた国産メーカーのマニアックな名車を「マツド・デラックス」が選りすぐってお送りするわよ!今回は日産、三菱、マツダ、いすゞ、ダイハツ、ホンダに続きスズキよ!地味なメーカーに見えるけど個性は豊かよ!さあ、今回も皆さん楽しんで頂戴ね!
常に10年先を走リ続けたホンダの迷車たち~メーカー別マニアック名車  ホンダ編

常に10年先を走リ続けたホンダの迷車たち~メーカー別マニアック名車 ホンダ編

長年、日本の自動車界を支えてきた国産メーカーのマニアックな名車を「マツド・デラックス」が選りすぐってお送りするわよ!今回は日産、三菱、マツダ、いすゞ、ダイハツに続きホンダよ!元ホンダの360乗りとしてはやっぱりあの車を紹介したくなるの!さあ、今回も皆さん楽しんで頂戴ね!

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト