日本の矢沢から世界のYAZAWAへ。世界に挑み続けた80年代の矢沢永吉。
2018年9月11日 更新

日本の矢沢から世界のYAZAWAへ。世界に挑み続けた80年代の矢沢永吉。

80年代初頭、日本では向かうところ敵なしで絶頂だった矢沢永吉。次に彼が目指したのはアメリカ進出でしたが、それは思いのほか険しいものでした。世界に挑んだ戦いの歴史。それを刻みこんだ4枚のアルバムがこれです。

2,859 view

矢沢

オリコンアルバムランキングでベスト10入り最多記録や最年長首位記録を始め、日本人ソロ・ロックアーティストとして初の日本武道館コンサート開催し、現在も最多公演記録を更新中である。長者番付歌手部門第1位に3度なっているなど矢沢永吉の日本の音楽界における記録は書いても書いても書きつくせません。
キャロル解散後、1975年にソロになってからの矢沢永吉には敵はいなかった。70年代後半の矢沢永吉は、それはもうサクセスそのものです。
矢沢永吉

矢沢永吉

生誕:1949年9月14日
出身地: 広島県広島市
活動期間:1972年~現在
そんな矢沢永吉が次に目指したのは当然アメリカ進出。日本の矢沢から世界のYAZAWAへの挑戦が始まるわけです。1981年のことでした。

YAZAWA

70年代後半にはレコード売り上げ、ライブの動員数ともに磐石となり、その勢いのまま80年代に突入した矢沢永吉。まさに黄金期といってよいでしょう。
海外市場に活路を求め、アメリカ西海岸に活動拠点を移していよいよアメリカ進出に乗り出したのが1981年で、アサイラム・レコードと契約し9月25日には第1弾となる海外版アルバム「YAZAWA」を全世界発売します。
YAZAWA

YAZAWA

1. ドント・カム・ツゥー・クロス
2. ダンス・ザ・ナイト・アウェイ
3. プリティ・ウーマン
4. 抱かれたいもう一度
5. キャント・ユー・シー
6. ウォンチュー
7. シュガー・ダディ
8. ザ・ライド
9. ココロ
もしかすると、もしかするとですよ、矢沢永吉はこのアルバムで、ソロになってから初の挫折を味わったのかもしれません。全米での売上げ枚数なんと2,000枚!だったのだそうです。

シングルカットされたのは「抱かれたい、もう一度」で、アルバムと同じ写真が使われています。
抱かれたいもう一度

抱かれたいもう一度

ヒットはしなかった。全くと言っていいほど売れなかった。アメリカは矢沢永吉をもってしても簡単には落とせないということでしょうね。
しかし、曲はしっとりしていていいですよ。

抱かれたい、もう一度 (LOVE THAT WAS LOST)

YAZAWA It's Just Rock'n Roll

それにしても2,000枚とは厳しいですね。当時の国内における矢沢永吉といえば、それこそ飛ぶ鳥も落とす勢いでしたから。それなのに2,000枚。直接アメリカのレコード会社(アサイラム・レコード)と契約し、現地で曲作りを全て行ったのはは矢沢永吉が初めてといわれています。しかし結果は2,000枚。活動拠点もロスアンゼルスに移し、英語の発音から特訓を受けてのこの結果。厳しいなぁ。
しかし、勿論このまま黙って引き下がる矢沢永吉ではありません。
2枚目の海外版アルバム「YAZAWA It's Just Rock'n Roll」を1982年2月に全米でリリース!
YAZAWA IT'S JUST ROCK'N ROLL

YAZAWA IT'S JUST ROCK'N ROLL

1.ROCKIN' MY HEART
2.HARD TO TAKE
3.TRYIN' TO FIND MY WAY HOME
4.WHY DO YOU LIE
5.CAN GO
6.IT'S JUST ROCK'N ROLL
7.CRYING FOR YOU
8.TELL ME YOU LOVE ME
9.WHY DID YOU EVER GO
前作同様にドゥービー・ブラザーズのメンバーがバックアップしており、プロデュースもボビー・ラカインドとジョン・マクフィー。共にドゥービー・ブラザーズのメンバーです。
この2人は作詞だけでなく作曲も担当しており、全9曲中5曲の作曲は矢沢永吉以外の作品となっています。
ボーカリストに徹したということで、アメリカで成功するんだという並々ならぬ決意が感じられますね。
シングル・カットされたのはジョン・マクフィー作詞・作曲による「ROCKIN' MY HEART 」。

矢沢永吉 '84 「ROCKIN' MY HEART」

この曲は、ビルボード誌の「Top Single Picks」にジョージ・ハリスンなどと共に「推薦10曲」に選ばれています。
それにしてもアルバムの半数以上を他人の作品が占めるなんてことは、後にも先にも矢沢永吉のキャリアにおいてこれだけです。それだけにブレイクして欲しかったですねぇ。

THE BORDER

1984年2月15日アルバム「THE BORDER」リリース。当初は3枚目の世界発売アルバムとして制作されていたのですが、急きょ予定が変更され新曲1曲を含むベスト・アルバムとなったという曰くつきのアルバムです。
THE BORDER

THE BORDER

1. ザ・ボーダー
2. ドント・カム・トゥ・クローズ
3. ラヴ・ザット・ワズ・ロスト
4. ロッキン・マイ・ハート
5. イッツ・ジャスト・ロックンロール
6. ディス・イズ・ア・ソング・フォー・コカ・コーラ
7. イエス・マイ・ラヴ
8. ウィズアウト・ユー
9. ユー
10. ミスティ
11. ラスト・クリスマス・イヴ
29 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

これこそジャケ買いのすすめ!アンディ・ウォーホルが担当したアルバムのデザインは思わず飾りたくなるアートです。

これこそジャケ買いのすすめ!アンディ・ウォーホルが担当したアルバムのデザインは思わず飾りたくなるアートです。

ジャケ買いという言葉がありますが、不思議と素晴らしいレコードジャケットの中身には外れが少ないようです。名盤と言われるものはおおむねジャケットも素晴らしいですもんね。アンディ・ウォーホルが担当したレコードジャケットも名盤揃いですが、ジャケットだけでも立派なアートになっています!
obladioblada | 1,125 view
映画『カイロの紫のバラ』夢と現実の不思議なファンタジー

映画『カイロの紫のバラ』夢と現実の不思議なファンタジー

映画『カイロの紫のバラ』大恐慌時代のアメリカ、ニュージャージーを舞台に、映画を観ることに生きがいを感じている女性と、映画の中から現実の世界に飛び出してきた男性のファンタジーストーリー。監督のウディ・アレンと公私共にパートナーだったミア・ファローの最盛期の作品「夢と現実の不思議なファンタジー」。
『ホワイトナイツ/白夜』ダンスシーンが素晴らしい!冷戦時代のソ連が舞台の映画

『ホワイトナイツ/白夜』ダンスシーンが素晴らしい!冷戦時代のソ連が舞台の映画

映画『ホワイトナイツ/白夜』の登場人物・キャストについての逸話や、冷戦当時に撮影された映画の秘話エピソード。歴史に残る名作と言われる、バリシニコフとハインズのダンスシーンの見所をピックアップ。80年代にアカデミー賞を受賞した映画の主題歌『セイ・ユー、セイ・ミー』ライオネル・リッチーやフィル・コリンズのすてきな曲を紹介したい。
永ちゃんのBGMが流れるROCKなラーメン屋『竹末東京プレミアム』 何がROCKかって?読めばわかるさ

永ちゃんのBGMが流れるROCKなラーメン屋『竹末東京プレミアム』 何がROCKかって?読めばわかるさ

都内に1万人はいるといわれるラーメン通のネットワークに最近、東京スカイツリーがある押上駅の近くに、矢沢永吉のBGMを流すラーメン屋があるらしいとの情報が入った。なんでも、客の目の前でラーメンを1から作り上げるライブパフォーマンスが売りらしい。週末を使って行ってみた。
ドリフ | 5,427 view
オールナイトフジの初代司会者として知られる鳥越マリは、歌も歌っておりました。

オールナイトフジの初代司会者として知られる鳥越マリは、歌も歌っておりました。

オールナイトフジの司会者。その後は女優へと転身する鳥越マリですが、その間に歌手としても活動していました。愛くるしい笑顔に成熟したナイスバディ。そりゃぁ、もう、オジサマ達をとりこにしたものです。
obladioblada | 1,423 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト