1962年の恋と車とロックンロールを描いた、その全てが最高の「アメリカングラフィティ」。楽しむしかないでしょう。
2018年3月28日 更新

1962年の恋と車とロックンロールを描いた、その全てが最高の「アメリカングラフィティ」。楽しむしかないでしょう。

1973年に公開された映画「アメリカングラフィティ」は、大方の予想を覆し、世界中で大ヒットしました。描かれているのは1962年の恋と車とロックンロール!一夜だけの物語です。ただそれだけなのですが、その全てが最高も最高。いまだに色あせることがありません。

715 view

アメリカングラフィティ

American Graffiti Official Trailer (1973)

監督、脚本を務めたジョージ・ルーカスの青春時代を投影した、アメリカ人なら誰もが持つとされる体験を描いた作品。それが青春映画の名作中の名作「アメリカン・グラフィティ」です。
アメリカングラフィティ

アメリカングラフィティ

監督:ジョージ・ルーカス
脚本:ジョージ・ルーカス、グロリア・カッツ、ウィラード・ハイク
製作:フランシス・フォード・コッポラ、ゲイリー・カーツ
出演者:リチャード・ドレイファス、ロン・ハワード
撮影:ロン・イヴスレイジ、ジョン・ダルクイン、ハスケル・ウェクスラー
公開:1973年8月11日(日本:1974年12月21日)
上映時間:110分
今さら説明の必要がない認知度の高い映画ですが、一言でいえば、高校卒業後の一夜を描いた青春群像劇です。恋と車とロックンロールが今でも色あせることなく、どこかほろ苦く描かれています。

シックスティーズ

映画は1962年の田舎町が舞台となっています。60年代と言うとサイケデリックにヒッピー。ファッションもパンタロンやインディアン風ヘアバンドなどが思い浮かびますが、映画はどちらかというと日本人が思い描くフィフティーズに近いかと思います。
 (1987700)

ドジだけど憎めない男の子テリー・フィールズを演じたチャールズ・マーティン・スミスのファッションなどとてもクールですね。

そしてまた車が最高なんです。
 (1987696)

主人公たちが入り浸る「メルズ・ドライブイン」というのが出てくるのですが、こんなのが高校時代に近くにあったらそりゃ入り浸ってしまいます。
ポスターにあるローラースケートを履いたウエイトレスがいる店ですね。

因みにこの店はサンフランシスコに実在したのだそうですよ。
Mels Drive-in

Mels Drive-in

日本人がイメージするアメリカのフィフティーズそのものって感じではありませんか?もっとも60年代とはいえ、62年ですからね。アメリカがベトナム戦争の泥糠にはまり込む前。まだドラッグも蔓延していない頃のお話です。

オールディーズ

この映画の特徴として、現在ではオールディーズと呼ばれている当時ラジオでよくかかったヒット曲が全編にわたって流れています。
「アメリカン・グラフィティ」オリジナル・サウンドトラック

「アメリカン・グラフィティ」オリジナル・サウンドトラック

ディスク:1
1. ロック・アラウンド・ザ・クロック
2. シクスティーン・キャンドルズ
3. 悲しき街角
4. 恋は曲者
5. ザットル・ビー・ザ・デイ
6. ファニー・メエ
7. アット・ザ・ホップ
8. シーズ・ソー・ファィン
9. ストロール
10. シー・ユー・イン・セプテンバー
11. サーフィン・サファリ
12. ヒーズ・ザ・グレイト・インポスター
13. オールモスト・グロウン
14. 煙が目にしみる
15. リトル・ダーリン
16. ペパーミント・ツイスト
17. バーバラ・アン
18. ブック・オブ・ラブ
19. メイビー・ベイビー
20. ヤー・ヤー
21. グレイト・プリテンダー

ディスク:2
1. リント・ザット・ア・シェイム
2. ジョニー・ビー・グッド
3. 瞳は君ゆえに
4. ゲット・ア・ジョブ
5. トゥ・ジ・アイル
6. 踊ろうよベイビー
7. パーティ・ドール
8. カム・ゴー・ウィズ・ミー
9. 夢みるエス・ボーイ
10. 恋の特効薬
11. シンス・アイ・ドント・ハブ・ユー
12. シャンティリー・レース
13. ティーン・エンジェル
14. 涙のチャペル
15. サウザンド・マイルズ・アウェイ
16. ハート・アンド・ソウル
17. グリーン・オニオンズ
18. オンリー・ユー
19. グット・ナイト・ウェル・イッツ・タイム
20. オール・サマー・ロング
映画で使用されたのは当時ラジオでよくかかったヒット曲とうことで、50年代に発表されていた曲もあるのですが、呆れるほどに名曲揃いです。

いきなり「ロック・アラウンド・ザ・クロック」で始まるというのも気が利いています。

AMERICAN GRAFFITI-OPENING SEQUENCE

冒頭、「メルズ・ドライブイン」の前で話をするカート、スティーヴ、テリーにジョンを加えた4人が中心人ですね。で、ジョンが乗るのはフォード・デュース・クーペ。これがまた気分です。

RUNAWAY

36 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

昔ながらの蚊帳は蚊の対策だけではない。節電にも!!

昔ながらの蚊帳は蚊の対策だけではない。節電にも!!

気温も上昇してくると現れるのが「蚊」。寝ているときも耳元でささやくブーンの声に悩まされます。 蚊の対策、どのようにされていますか?昔あった蚊帳を思い出したので調べてみました。
らびっこ | 875 view
【60年代歌手】その歌声は今でも健在?!布施明の魅力的な歌声とその世界観に酔いしれよう!

【60年代歌手】その歌声は今でも健在?!布施明の魅力的な歌声とその世界観に酔いしれよう!

60年代にデビューし、70年代に女性たちの心を魅了した布施明。その甘いマスクと痺れるような歌声で甘いムード創り出しハリウッド女優をも手中にした布施明の軌跡を振り返ってみましょう!
はんまのまま | 2,228 view
井森美幸悶絶!?デビュー前のオーディションで披露した伝説の「井森ダンス」とは?

井森美幸悶絶!?デビュー前のオーディションで披露した伝説の「井森ダンス」とは?

80年代から現在に至るまで、バラエティ番組などに引っ張りだこの人気者・井森美幸。元々はホリプロタレントスカウトキャラバン出身のアイドルでした。そのオーディションの際に彼女が披露したダンスが「井森ダンス」として、ある意味伝説となっているのをご存知ですか?
よしだたくろう が吉田拓郎になるまでの5年間。この僅か5年間で日本の音楽シーンは塗り替えられてしまいます

よしだたくろう が吉田拓郎になるまでの5年間。この僅か5年間で日本の音楽シーンは塗り替えられてしまいます

よしだたくろう はデビューしてからの5年間で、日本の音楽シーンを見事なほどに塗り替えてしまいます。それまでのフォークシンガーには成し得なかったポピュラリティを獲得し、アイドルのような存在となり、そして、大人社会にフォークは商売になると知らしめたのです。
obladioblada | 6,313 view
70年代にアルバート・ハモンドが歌った美しいメロディは、今でもひっそりと日本のアーティストの楽曲の中に潜んでいます

70年代にアルバート・ハモンドが歌った美しいメロディは、今でもひっそりと日本のアーティストの楽曲の中に潜んでいます

70年代前半のアルバート・ハモンドはそれはもう光り輝いていましたが、今ではあまり語られることがなくなったように思えます。しかし、彼が生み出した美しい曲は多くの人の心に今も残っているんです。若い世代がリスペクトしちゃってますからね。
obladioblada | 196 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト