第2の黄金期を迎えることになる70年代のボブ・ディラン。
2019年8月10日 更新

第2の黄金期を迎えることになる70年代のボブ・ディラン。

70年代、一時期のスランプを脱してからのボブ・ディランは正しく神がかりでした。60年代と比べるとポップで分かりやすいメロディを持った曲が目白押しです。リリースしたアルバムがことごとくミリオンセラーとなったことが頷ける素晴らしい楽曲揃いです。

471 view

70年代のボブ・ディラン

60年代に数々の名曲を発表し、音楽界に革命をおこしまくって名声を確立していたボブ・ディランは、60年代後半には既に疲れきっていた。やる気をなくしていたといっていいかもしれない。もうディランは終わったと思われてもしかたのない状態。そんはボブ・ディランだったのですが、結果として70年代にも奇跡を起こすのです。

1970年6月8日、ディランは70年代最初のアルバムにして自身初となる2枚組という大作「セルフ・ポートレイト」をリリースします。
セルフ・ポートレイト

セルフ・ポートレイト

ディスク:1
1. オール・ザ・タイアード・ホーシズ
2. アルバータ #1
3. 忘却の彼方に
4. デイズ・オブ・フォーティ・ナイン
5. 朝の雨
6. イン・サーチ・オブ・リトル・セイディ
7. レット・イット・ビー・ミー
8. リトル・セイディ
9. ウギ・ブギ
10. ベル・アイル(美しい島)
11. リヴィング・ザ・ブルース
12. ライク・ア・ローリング・ストーン

ディスク:2
1. コパー・ケトル
2. ゴッタ・トラヴェル・オン
3. ブルー・ムーン
4. ボクサー
5. マイティ・クィン
6. テイク・ミー・アズ・アイ・アム
7. マリーへのメッセージ
8. イット・ハーツ・ミー・トゥー
9. ミンストレル・ボーイ
10. シー・ビロングズ・トゥ・ミー
11. ウィグワム
12. アルバータ #2
大作には違いありませんが、やる気があるのかないのか分からん出来栄えです。収録曲のほとんどがカバーであり、ディラン自身が描いたジャケットの自画像は味はあるけどヘタということで、当時は多くのファンをガッカリさせました。音楽的にはカントリー路線。コンセプトがあるようなないような内容で、4曲のライブ音源が入っており、ザ・バンドをバックにしているにもかかわらず、やる気を感じない散漫といっていいようなディランがそこにいます。

これじゃイカンと流石に思ったか、4ヶ月後に早くもオリジナルで勝負したアルバム「新しい夜明け」をリリース。
新しい夜明け

新しい夜明け

1. イフ・ナット・フォー・ユー
2. せみの鳴く日
3. 時はのどかに流れてゆく
4. ジプシーに会いに行った
5. ウィンタールード
6. イフ・ドッグズ・ラン・フリー
7. 新しい夜明
8. サイン・オン・ザ・ウィンドゥ
9. ワン・モア・ウィークエンド
10. ザ・マン・イン・ミー
11. 3人の天使
12. ファーザー・オブ・ナイト
ビートルズのジョージ・ハリスンと共作した収録曲の「イフ・ナット・フォー・ユー」はオリビア・ニュートン・ジョンがカヴァーして大ヒットさせています。が、なんか地味なアルバムです。いっそのこと全曲ジョージと共作すれば良かったんじゃないですかねぇ。スランプから抜け出ていない。本調子じゃない。そんな感じです。
自分でもどうしていいのか分からなくなったディランは、3年間沈黙した後、映画に出演(チョイ役)し、その映画のサウンドトラックを制作することに。それが1973年7月13日リリースの「ビリー・ザ・キッド」です。
ビリー・ザ・キッド

ビリー・ザ・キッド

1.メイン・タイトル・テーマ(ビリー)
2.酒場のテーマ
3.ビリー・ザ・キッド・1
4.小屋のテーマ
5.河のテーマ
7.七面鳥狩り
8.天国への扉
9.ファイナル・テーマ
10.ビリー・ザ・キッド・4
11.ビリー・ザ・キッド・7
このアルバムはサウンドトラックなだけに他のアルバムと同列に評価することは難しい。とはいえ流石ディラン。彼の楽曲の中でもっとも多くのアーティストにカバーされていると言われる「天国への扉」が入っています。
で、ディランは気分転換したかったのか、レコード会社移籍を試みます。が、それは許さんとばかりにディランに無断で「セルフ・ポートレイト」と「新しい夜明け」のアウトテイクを使ってレコード会社が勝手にアルバムをリリースします。それが1973年11月19日リリースの「ディラン」です。
ディラン

ディラン

1. 西部のユリ
2. 好きにならずにいられない
3. サラ・ジェーン
4. アイラ・ヘイズのバラッド
5. ミスター・ボージャングルズ
6. メリー・アン
7. ビッグ・イエロー・タクシー
8. フール・サッチ・アズ・アイ
9. スペイン語は愛の言葉
このアルバムの出来が悪いかと言うとそうでもないんですね。プレスリーで有名な「好きにならずにいられない」、ニッティー・グリッティー・ダート・バンドで有名な「スター・ボージャングルズ」。ジョニ・ミッチェルの「ビッグ・イエロー・タクシー」など聴きどころが多いのです。

ここまでがディランの低迷期です。とは言え、70年代前半に発表された4枚のアルバムは全てゴールド・ディスクを獲得しています。低迷期であっても、アメリカ、イギリスでは特に人気が高かったんです。

プラネット・ウェイヴズ

もう曲が書けなくなったんじゃないのかと陰口を叩かれるようになったディランが復活を遂げるのは1974年1月17日リリースの「プラネット・ウェイヴズ」です。晴れてレコード会社を移籍したディランは、60年代に散々一緒にライブしていたザ・バンドとがっぷり組んで誰にも文句を言わせない名盤を作りあげたのでした。
プラネット・ウェイヴズ

プラネット・ウェイヴズ

1. こんな夜に
2. ゴーイング・ゴーイング・ゴーン
3. タフ・ママ
4. ヘイゼル
5. 君の何かが
6. いつまでも若く (スロー)
7. いつまでも若く
8. 悲しみの歌
9. 天使のような君
10. さよならと云わないで
11. ウェディング・ソング
ジャケットのイラストはボブ・ディラン画伯によるものでイマイチですが、それをものともしない内容で全米1位を見事獲得!ザ・バンドのバッキングも見事!言うことなしです。

Bob Dylan - Forever Young (Slow Version) (Audio)

60年代にはディランと言えばザ・バンド、ザ・バンドと言えばディランという蜜月関係だったのですが、意外なことにザ・バンドとの正式なスタジオ・レコーディングはこれが初めてです。憂さを晴らすかのようにそのザ・バンドを伴って8年ぶりのコンサート・ツアーを行い大きな話題を提供しています。
その模様を収録したのが1974年6月20日にリリースされた「偉大なる復活」です。
偉大なる復活

偉大なる復活

ディスク:1
1. 我が道を行く
2. レイ・レディ・レイ
3. 雨の日の女
4. 天国への扉
5. 悲しきベイブ
6. やせっぽちのバラッド
7. クリップル・クリーク
8. アイ・シャル・ビー・リリースト
9. エンドレス・ハイウェイ
10. オールド・ディキシー・ダウン
11. ステージ・フライト

ディスク:2
1. くよくよするなよ
2. 女の如く
3. イッツ・オールライト・マ
4. ザ・シェイプ・アイム・イン
5. ホエン・ユー・アウェイク
6. ザ・ウェイト
7. 見張塔からずっと
8. 追憶のハイウェイ61
9. ライク・ア・ローリング・ストーン
10. 風に吹かれて
60年代はまだ無名だったザ・バンドは既にヒット曲を放ち人気バンドとなっていましたから、ディランも余裕をかましてばかりもいられなかったのでしょう。このライブ、荒れてます。突っ走るとはまさにこの事でしょう。この荒々しさはロックとしかいいようがありません。少し落ち着けよと言いたくなる程です。

血の轍

すったもんだの末にレコード会社を飛び出し、「プラネット・ウェイヴズ」と「偉大なる復活」という2枚のアルバムを大ヒット(共にゴールド・ディスク獲得)させた後、何食わぬ顔で元のレコード会社に戻って1975年1月17日にリリースしたのが「血の轍」です。
42 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【70年代】音楽クイズ!フォークからロック、アイドルまで!

【70年代】音楽クイズ!フォークからロック、アイドルまで!

ミドルエッジがおくる懐かしの70年代に関する音楽クイズ!全10問の三択形式クイズに皆さんも是非挑戦して下さい!!
40周年&100巻目前を記念して「パタリロ!100Project」始動! 映画「パタリロ!」「翔んで埼玉」も見逃せない!

40周年&100巻目前を記念して「パタリロ!100Project」始動! 映画「パタリロ!」「翔んで埼玉」も見逃せない!

1978年11月20日に始まって以来、今年で40周年を迎える魔夜峰央「パタリロ!」。目前に迫る40周年記念日と100巻発売に向けて「パタリロ!100Project」が始動、公式特設サイトがオープンしました。映画制作が進んでいる「翔んで埼玉」も見逃せない!
ニュースFレン | 1,066 view
大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀による70年代の人気漫画「はいからさんが通る」。そのアニメ映画が前後編の2本製作されるが、タイトルが決定した。前編は11月11日、後編が2018年内に公開される予定だ。
明星のチャルメラとリカちゃんがコラボ!リカちゃんのおばあちゃんから教わった味をカップ麺で再現!

明星のチャルメラとリカちゃんがコラボ!リカちゃんのおばあちゃんから教わった味をカップ麺で再現!

明星食品を代表する即席麺「チャルメラ」とタカラトミーの着せ替え人形「リカちゃん」がコラボすることが分かった。5月1日に「明星 チャルメラカップ リカちゃんヌードル オニオングラタン味」と同「ポトフ味」を発売する。
【クイズ】懐かしい名作テレビアニメ(1970年代編)

【クイズ】懐かしい名作テレビアニメ(1970年代編)

あの名作アニメの登場人物や名シーン、主題歌など…。 1970年代の懐かしいテレビアニメに関する10問クイズです。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト