レゲエを広く世間に知らしめた「ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ」
2016年6月14日 更新

レゲエを広く世間に知らしめた「ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ」

もう2度と現れることのない天才のひとりと言えるであろう「ボブ・マーリー」。波乱に満ちた人生を送っていますが、その都度発表された楽曲は、今もなお人々の心を打ち抜きます。

3,335 view

バーニン

Burnin'

Burnin'

1973年10月19日リリース
全米最高位:151位
ボブ・マーリー、ピーター・トッシュ、バニー・ウェイラーの3人が在籍していたウェイラーズ最後のアルバムです。3人の素晴らしコーラスを聞くことができます。

【収録曲】
1. ゲット・アップ、スタンド・アップ
2. ハレルヤ・タイム
3. アイ・ショット・ザ・シェリフ
4. バーニン・アンド・ルーティン
5. プット・イット・オン
6. スモール・アクス
7. パス・イット・オン
8. ダピー・コンカラー
9. ワン・ファウンデーション
10. ラスタマン・チャント

Bob Marley - I shot the sheriff (Live)

The best version of I shot the sheriff(Live) from the legendary bob marley I have ever heard..
ヴォーカルがまだボブ、ピーター・トッシュ、バーニー・ウェイラーの三人の時のウェイラーズ。名曲「I Shot The Sheriff」とか「Get Up,Stand Up」が聞ける。「Get...」は実はピーターの曲。バーニーの曲ものんびり暖かくいいし、トレンチタウンのヒーローらしく素朴にかっこつけてるのがかっこいい。とんがり方は半端でないが。アレンジも多分あんまりは凝ってないんだと。ボブにはこの頃から素朴な強さとやさしさがある。

ナッティ・ドレッド

Natty Dread

Natty Dread

1974年10月25日リリース
全米最高位:92位
バニー・ウェイラーとピーター・トッシュが脱退してしまったため、アイ・スリーズ(リタ・マーリー、ジュディ・モワット、マーシャ・グリフィスの3人)がバッキング・ボーカルを担当することになりました。

【収録曲】
1. ライヴリィ・アップ・ユアセルフ
2. ノー・ウーマン,ノー・クライ
3. ゼム・ベリィ・フル
4. レベル・ミュージック
5. ソー・ジャ・セ
6. ナッティ・ドレッド
7. ベンド・ダウン・ロウ
8. トーキン・ブルース
9. レヴォリューション

Bob marley "no woman no cry" 1979

A great performance of No Woman No Cry from Bob Marley. For the real fans!! Enjoy it!!

ラスタマン・ヴァイブレーション

Rastaman Vibration

Rastaman Vibration

1976年4月30日
全米最高位:8位
初の全米トップ10入りを果たしたアルバムです。

【収録曲】
1. ポジティヴ・ヴァイブレイション
2. ルーツ、ロック、レゲエ
3. ジョニー・ワズ
4. クライ・トゥ・ミー
5. ウォント・モア
6. クレイジー・ボールドヘッド
7. フー・ザ・キャップ・フィット
8. ナイト・シフト
9. ウォー
10. ラット・レース
ボブらしいpositive vibrationで始まるこのアルバムはレゲエのバリエーションを楽しむことが出来ます。ブルースのようなJhony was a good manを静かに歌い上げるボブもすばらしいです。

エクソダス

Exodus

Exodus

1977年6月3日リリース
全米最高位:20位
本作発売の前年に対立抗争に巻き込まれ、暗殺未遂事件がおこっています。その結果、亡命を余儀なくされることになりました。

"ジャミング"、"ウェイティング・イン・ヴァイン"、"ワン・ラヴ/ピープル・ゲット・レディ"が世界的に大ヒットし、本作はアイランド・レコード初のゴールドディスクとなりました。


【収録曲】
1. ナチュラル・ミスティック~自然の神秘
2. ソー・マッチ・シングス・トゥ・セイ
3. 罪
4. 異教徒
5. エクソダス
6. ジャミング
7. ウェイティング・イン・ヴェイン
8. そっと灯りを消して
9. 3羽の小鳥
10. ワン・ラヴ/ピープル・ゲット・レディ

Bob Marley - Jammin'

Homemade video of Jammin'
本アルバム『Exodus』は『20世紀最高の音楽アルバム』として世界的に有名なTime誌が選出しました。おそらく政治的意味合いで選ばれたのでしょう。確かに楽曲『One Love』はJohn Lennonの『Imagine』に匹敵するピースソングだと思います。他にも世界的にヒットした『Jamming』や『Waiting in Vain』等優れた楽曲がありアルバム全体としても完成度が高いと思います。前年(1976年)に銃撃事件が発生し回復したばかりなのにこの様なアルバムを製作出来るとは素晴らしい精神力です。

カヤ

Kaya

Kaya

1978年3月23日リリース
全米最高位:50位
52 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

結成50周年を越えた超老舗レゲエバンド:インナーサクルってすごい!

結成50周年を越えた超老舗レゲエバンド:インナーサクルってすごい!

インナー・サークル(Inner Circle)といえば、このバンドきっかけでレゲエを知った人も多かったはず。「ズンチャ・ズンチャ〜」と一定のリズムがなんとなく耳について、軽い感じの歌声が、ゴキゲンなパーティソングというイメージではないでしょうか。ジャマイカの老舗レゲエバンド、インナー・サークルのヒット曲をまとめました。
Himasasa | 286 view
レゲエを身近な音楽にした功労者、UB40。

レゲエを身近な音楽にした功労者、UB40。

ニール・ダイアモンドの「レッド・レッド・ワイン」やエルヴィス・プレスリーの「好きにならずにいられない」をレゲエにアレンジして世界的に大ヒットさせたUB40。聴きやすくPOPなそれらカバー曲のおかげで、レゲエがとても身近なものになりました。
obladioblada | 2,188 view
ラララ『Love Somebody』織田裕二が当時開発に湧いたお台場を歩くシーンが印象的な「踊る大捜査線」主題歌

ラララ『Love Somebody』織田裕二が当時開発に湧いたお台場を歩くシーンが印象的な「踊る大捜査線」主題歌

織田裕二のシングル『Love Somebody』。1997年放送のフジテレビ系ドラマ「踊る大捜査線」の主題歌で、当時開発により人気を集めた東京臨海副都心(お台場)を舞台とした名作です。レゲエシンガーのマキシ・プリーストとの共演も貴重な楽曲を特集します。
ひで語録 | 2,162 view
1993年リリース【UB40】の「(I Can't Help) Falling In Love With You」を振り返る

1993年リリース【UB40】の「(I Can't Help) Falling In Love With You」を振り返る

この記事では、1993年にリリースされた【UB40】の「(I Can't Help) Falling In Love With You」に焦点を当て、それに付随することも振り返ってみたいと思います。
つきねこ | 886 view
サザンのあの名曲をカバーしたアメリカのレゲエ・バンド、ビッグ・マウンテン

サザンのあの名曲をカバーしたアメリカのレゲエ・バンド、ビッグ・マウンテン

大ヒット曲「Baby, I Love Your Way」で知られるビッグ・マウンテンですが、この曲をはじめ様々な曲をセンス良くレゲエにカバーして人気を博しています。そんな彼らがサザンオールスターズの「TSUNAMI」を心地よいレゲエにカバーしているのをご存知ですか?是非一度聴いてみてください。
obladioblada | 3,477 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト