畑山隆則 炎のハート、氷の頭脳、そして圧倒的な闘争本能を持った狼
2018年6月22日 更新

畑山隆則 炎のハート、氷の頭脳、そして圧倒的な闘争本能を持った狼

ライオンでもトラではなく、そのイメージは狼です。しなやかで、狡猾で、ハングリーで、ガツガツしてて、いつもなにか狙っていて。あ、でもパンチ力はゴリラですけど。

77,861 view

柳和龍

柳和龍 &畑山隆則

柳和龍 &畑山隆則

京浜川崎ジムで
練習を始めて2週間くらい
柳和龍トレーナーが声をかけてきた
柳和龍は
韓国ジュニアライト級初代チャンピオンで
韓国と日本で試合を重ね
後の世界王者ロイヤル小林にKO負けを喫し引退した
「お前、今日スパーリングやれ」
リングに上がるのは初めてだった
スパーリング後、
また柳トレーナーに呼ばれた
「ちょっと上、事務所に来い」
事務所に行くと聞かれた
「おまえいくつだ?」
「17歳です」
「何のためにボクシングやってんの?」
「ボクは世界チャンピオンになるたえに青森から出てきたんです」
「じゃあお前、俺と一緒にやるか?
俺と一緒にやったら
俺が必ず世界チャンピオンにしてやるから」
 (1613644)

今度の仕事は土建業だった
7時に現場に出発
17時まで働き
それからジムにいった
 (1613648)

「それじゃダメ」
「違う、違う」
柳トレーナーはずっと基本練習ばかりさせた
「もういいや
先生、教えてくれなくてもいいッス」
そういって何日も口もきかないこともあった
畑山と柳トレーナーはケンカと仲直りを繰り返して練習を重ねた

プロテスト

後楽園ホール

後楽園ホール

 (1613656)

京浜川崎ジムに来て2ヵ月後、プロテストを受けた
後楽園ホールでスパーリングテストとペーパーテストを行われた
このとき畑山は思った
「ホールってテレビでみるよりちっちゃいなあ・・・」

全日本新人王決定戦

 (1613663)

全日本新人王決定戦は
プロボクシングの新人ボクサーの日本一を決めるトーナメントである
東日本・西日本・中日本・西日本の各地区・各階級の代表決定トーナメントを勝ち抜き
さらに東日本地区以外の3地区の新人王は「西軍代表」を決定するトーナメントを勝ち抜き
そして東日本新人王(東軍代表)と西軍代表が全日本新人王決定戦で対戦する
「畑山、
新人王戦、申し込んじゃったから・・・」
ジムのマネージャーが
勝手に東日本新人王トーナメントに畑山の出場を申し込んでいた
「やられた
これで無敗で引退するという夢は消えた」
まだボクシングを始めて
1年も経っていない
右ストレートとワンツーを教わったばかりだった
J・ライト(現スーパーフェザー)級のトーナメントには
49人がエントリーし
ノーシードの畑山は6回勝たないと優勝できなかった
 (1613681)

新人王トーナメントは
1ヶ月1試合だから6ヶ月勝ち続けないといけない
少しでも有利になるよう
土建業を辞め
住み込みのパチンコ屋の仕事に変えた
 (1613685)

1回戦(デビュー戦)と2回戦は1RKOした
3回戦は
インターハイ準優勝の経歴を持つ選手だった
1R、2Rとポイントを奪われ
3Rにはダウンした
残りは最終の4Rだけだった
「行かなきゃ負けるよ
勝負かけい!」
柳トレーナーが叫んだ
畑山は逆転TKO勝ちした
 (1613690)

4戦目は判定勝ち
5戦目もダウンを奪っての判定勝ち
この試合後から柳トレーナーとの練習にロードワークが加わった
「もっと速くっ!」
多摩川の河川敷を走る畑山を自転車に乗った柳トレーナーが追いかけた
86 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

辰吉、西岡利晃を幾度も倒したタイの英雄ウィラポン!最後は長谷川穂積に屈した!

辰吉、西岡利晃を幾度も倒したタイの英雄ウィラポン!最後は長谷川穂積に屈した!

タイの国民栄誉賞を4度受賞しているタイの英雄ウィラポン。ムエタイからボクシングに転向したボクサー。90年代には浪速のジョー・辰吉丈一郎の挑戦を2度も退け、ウィラポンの名が一躍日本中に知られることとなった。西岡利晃、長谷川穂積との戦いも特集する。
ひで語録 | 8,236 view
坂本博之 「KO命」「殺気と拳の力は比例する」「俺は絶対に倒れないよっていう気迫を出せば倒れない」」逆境を信念で克服したKOキング

坂本博之 「KO命」「殺気と拳の力は比例する」「俺は絶対に倒れないよっていう気迫を出せば倒れない」」逆境を信念で克服したKOキング

ボクサーとして「KO命」「殺気と拳の力は比例する」とスポーツ化してしまったボクシングの原点回帰を体現、人としても「あきらめても仕方ない、熱を持って生きろ!」と訴える。後退せず前進、立ち向かうというシンプルだけど難しいことを教えてくれる。
RAOH | 25,136 view
竹原慎二    勝つのはオレじゃい!   じゃあの

竹原慎二 勝つのはオレじゃい! じゃあの

かつて「 広島の粗大ゴミ」といわれた男は、きっと今日も思っているだろう「勝つのはオレじゃい!」と。そしていっているだろう。「じゃあの」と。
RAOH | 76,295 view
辰吉丈一郎 きっと今日も走って練習して、アホいうて笑ってはるんやろうなあ

辰吉丈一郎 きっと今日も走って練習して、アホいうて笑ってはるんやろうなあ

世界的に有名なレフリー、リチャード・スチールはいう。「オスカー・デ・ラ・ホーヤには若い女性ファンが何人いるか知らないが、あれだけ多くの青少年を夢中にさせるという点では辰吉が世界一だ」Yes!辰吉ほど人を勇気づけることができる人はいません。
RAOH | 242,942 view
手と手を結びあって大きな輪に!「平成のKOキング」坂本博之さんが子供たちに届けたいこと。

手と手を結びあって大きな輪に!「平成のKOキング」坂本博之さんが子供たちに届けたいこと。

不動心を背負い「平成のKOキング」「和製デュラン」の異名でファンを魅了したプロボクサー坂本博之さん。2000年の畑山隆則(横浜光ジム)に挑んだWBA世界ライト級王座戦は、結果として敗けたとはいえファンにより同年年間最高試合に選ばれています。ボクシングに惹かれボクサーとして生き抜き、そして今彼が目指しているものは何か――編集部がインタビューしました。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト