2016年12月6日 更新

【ジョージ・フォアマン】45歳で世界ヘビー級王者に返り咲いた伝説のボクサー

象をも倒すといわれたパンチ力で最強と呼ばれながら『キンシャサの奇跡』でモハメド・アリに敗れたジョージ・フォアマン。 一度は引退するもカムバックを果たし、20年ぶり45歳で世界ヘビー級王者に返り咲いた伝説のボクシング王者について栄光から挫折そして復活の経歴、モハメド・アリやマイク・タイソンとの比較、ヘビー級最強説を紹介。

18,274 view

『象をも倒す』と称された世界ヘビー級王者、ジョージ・フォアマン

1973年、ボクシング統一世界ヘビー級王座を獲得。
『キンシャサの奇跡』でモハメド・アリに敗れ、その後28歳の若さで引退。
1987年に突如復帰し、45歳で世界ヘビー級王者に返り咲いた伝説のチャンピオン、ジョージ・フォアマン。
ジョージ・フォアマン(George Foreman)

ジョージ・フォアマン(George Foreman)

本名:George Edward Foreman
1949年1月10日生まれ
アメリカ合衆国テキサス州マーシャル出身。
身長:192cm
リーチ:208cm
通称:ビッグ(BIG)

貧しい家庭に育ち、手の付けられない不良だった少年時代のフォアマン

ジョージ・フォアマンは母、継父と6人の兄弟姉妹の家庭で育った。
ガス代や電気代にも困るような貧しい家庭で、一つのハンバーガーを8つに分けて食べることことがご馳走であった。

そうした環境下でフォアマンは手の付けられない不良少年になっていく。
近所の人を恐喝して金を巻き上げるような有様で、中学校すら卒業しなかった。

だが、偶然テレビで目にした『君にもセカンドチャンスがある!』という職業訓練への呼びかけに参加することにした。
1度目の参加では誰とでも喧嘩ばかりしていたフォアマンだったが、2度目の参加でボクシングと出会い更生していった。

1968年、メキシコオリンピックでボクシング金メダルを獲得。

ボクシングと出会ったフォアマンは才能を開花。
身長192cm・リーチ202cmの当時としては恵まれた体格と圧倒的なパンチ力を武器に対戦相手を次々と破り、メキシコオリンピックで金メダルを獲得。
当時19歳、ボクシングをはじめてたった2年足らずでの出来事だった。

※五輪ボクシングは1984年のロサンゼルス大会からヘッドギア着用を開始しており、それまではパンチ力のある選手に有利に働いていた。
2016年リオデジャネイロ五輪の男子ボクシングは32年ぶりにヘッドギアなしで行うことが決定している。

【動画】メキシコ五輪決勝のジョージ・フォアマン

破壊力抜群のパンチで相手は流血。
復帰後の印象から『鈍重』なイメージのあるフォアマンだが、この時期はきっちりフットワークも使っている。
スピードある左ジャブの破壊力に注目。

プロ転向後、破竹の勢いでKOの山を築く。

オリンピック金メダリストとなったフォアマンは、即プロに転向。
1969年13連勝(11KO)、1970年12連勝(11KO)
1971年5月10日、NABF北米ヘビー級王座を獲得。
1972年5月11日、パンアメリカンヘビー級王座を獲得。
※どちらものちに返上

一度も負けることなく、世界王座へ挑戦することになった。
ここまで37戦全勝(33KO)
しかも、3ラウンド以内のKOが27回もある。

後に『フォアマン方式』と呼ばれる格下相手のブッキング

フォアマンのマネージャー兼トレーナーであるディック・サドラーは、神経質でメンタルに弱さを抱えるフォアマンの気質を熟知していた。
そこで、ジョージ・フォアマンが必ず勝てる相手を捜してはマッチメークし、後にフォアマン方式といわれたマネージメントでフォマンに強固な自信を付けさせていった。
(日本では亀田三兄弟が同様のマッチメークをしたことで亀田方式とも言われている。)

オリンピック金メダリストの実力と、プロでの自信を兼ね備えたフォアマンは遂に統一世界王座に挑戦する。
若き日のジョージ・フォアマン

若き日のジョージ・フォアマン

カムバック後の柔和な印象とは異なり、殺気と狂気を体から発していたフォアマンは撮影などにおいても苛立ちを隠さず不愛想に睨み付けるような写真が多かった。

一方で稼いだファイトマネーから恵まれない子ども達や施設に多額の寄付をする優しさも、この頃から持ち合わせていた。

ジョー・フレージャーを2RKOで倒し、統一世界ヘビー級王座を獲得。

1973年1月22日、統一世界ヘビー級王者ジョー・フレージャーに挑戦。
フレージャーはこの時点で29戦全勝(25KO)、モハメド・アリを判定で倒すなど4度の王座防衛に成功しており当時最強と呼ばれたチャンピオンであった。
(NYSAC世界ヘビー級5回防衛を合わせると9度の防衛全てに成功)
ジョー・フレージャー(Joe Frazier)

ジョー・フレージャー(Joe Frazier)

1964年、東京オリンピックで金メダルを獲得。
プロに転向し、1970年にヘビー級の世界統一チャンピオンとなる。
蒸気機関車のような突進力で「スモーキン・ジョー(Smokin' Joe)」と呼ばれた。
モハメド・アリをプロキャリアで初めて敗北させたボクサーでもあった。
身長:182cm
リーチ:187cm

『キングストンの惨劇』と名付けられた戦慄のKO

卓越したディフェンスでフォアマンの強打を巧みに躱すフレージャーであったが、リーチの長いフォアマンに突き放され、パンチを掻い潜り中に入るとショートアッパーが待ち受けていた。
なすすべもなく一度目のダウンを奪われ足が止まったフレージャーは、フォアマンの容赦ない豪打を浴び続け2Rで計6度のダウンを喫し、王座を奪われた。

モハメド・アリにも勝利し絶対王者と言われていたフレージャーが6度もキャンバスに転がされてしまった試合は会場の地名をとって『キングストンの惨劇』と名付けられた。

ともにオリンピックの金メダリスト、全勝かつ高KO率を誇る両者の戦いは接戦も予想されていたがフォアマンの圧勝に終わった。

【動画】ジョージ・フォアマン vs ジョー・フレージャー

WBA/WBC世界ヘビー級タイトルマッチ
1973年1月22日 
2RTKOで王座獲得

『像をも倒す』と称されたパンチで最強と呼ばれたフォアマン。

フォアマンのパンチは、キレやスピードよりも重さに特化した質を持っている。
ガードの上からであっても、クリーンヒットしてなくても相手をダウンさせることができる破壊力は『像をも倒す』と言われた。

通常は足を止め単発で力を込めたパンチを放つが、ここぞという時には左右フックにショートアッパーを混ぜるコンビネーションもよく見せている。

この時代のフォアマンを歴代ヘビー級で最強のハードパンチャーという声も多い。
サンドバッグを持つトレーナーごと吹っ飛ばす

サンドバッグを持つトレーナーごと吹っ飛ばす

ついでにトレーナーの帽子も吹っ飛ぶ。
フォアマンがサンドバッグを叩く姿を見た元世界フライ級王者・海老原博幸は「あれが当たれば誰でも倒れる」と驚いた。

若きジョージ・フォアマンのファイトスタイル

オフェンス重視でガードを下げ相手に対して真っすぐ突っ込むフォアマンは、ディフェンスが上手なテクニシャン・タイプではなかった。
相手を追い込む時の直線的な動きは速いが、フットワークを使い左右に回り込む動きは少ない。
(対モハメド・アリ戦を意識し、アリの真似をしたフットワークを「俺もこれぐらいできるぜ」とパフォーマンス的に見せつけることはあった。)
また、ウィービングやダッキングなどのディフェンス技術を使うことも少ない。
しかし、目と勘が良いフォアマンはパンチのポイントをずらし直撃を避けるのが上手かった。

被弾覚悟で突進し剛腕を振り回すフォアマンの強打は対戦相手を恐怖に陥れ、追い込んで一方的に打ちまくるパターンが多かった。
強引に見える攻めであっても、ガードの上からでも効くそのパンチ力により相手はアウトボクシングに徹するか、そのパンチを潜り抜けて接近戦に持ち込むか、どちらかの戦法しか選ぶことはできなかった。

しかし、フォアマンは実は遠近どちらの距離も苦手にしないオールラウンダーでもあった。
距離がある時にはリーチを活かした速くて重さのある左ジャブ、そして飛び込みながらの左右フック。
近づいてくる相手には器用に腕をたたんだショートアッパー。
巧みに使い分けることでKOの山を築き上げた。

フォアマンを最強に導いた優秀な『チーム・フォアマン』

攻撃面は元フェザー級の世界王者で通算103KO勝ちを記録したサンディー・サドラー。
ディフェンス面は元ライト・ヘビー級の世界王者でアーチ・ムーア。
そして、フォアマン方式と呼ばれるマッチメーク術を編み出したマネージャー兼トレーナーのディック・サドラー。

この3人のスペシャリストによって史上最強の剛腕チャンピオン、ジョージ・フォアマンが生み出されたのだった。
チーム・フォアマン

チーム・フォアマン

チームフォアマンと呼ばれた鉄壁のスクラムは、38戦無敗(35KO)という戦績を持つ怪物チャンピオンを誕生させた。

ヘビー級史上最強チャンピオンとまで言わしめた防衛戦

初防衛戦は来日して武道館で行い、世界No1のパンチを日本中に見せつけた。

ジョージ・フォアマン vs ホセ・ローマン

1973年9月1日、1RKOで統一世界ヘビー級王座初防衛。
日本中がド迫力の剛腕パンチに驚いた。

前座ではリカルド・アルレドンドVS柏葉守人のスーパーフェザー級世界戦、沢村忠のキックボクシング公式試合も特例で開催された。

モハメド・アリの顎を砕いたケン・ノートンを2RでKO

ケン・ノートンは1973年3月31日、モハメド・アリの持つNABF北米ヘビー級王座に挑戦。
アリの顎を砕き判定勝ち。
1973年9月10日にアリのリベンジを受けるも判定負けを喫し、NABF北米ヘビー級王座陥落。
(だが、ノートン優勢の意見も多く疑惑の判定と言われている。)
いずれにしても、モハメド・アリと互角に戦った男である。

ジョージ・フォアマン vs ケン・ノートン

1Rはジャブの応酬。ノートンを警戒したフォアマンはいつもより慎重に左ジャブを軸に直進、リーチで劣るノートンは懸命にディフェンス。
2R、スピードあるフットワークで左へ回るノートンに対して、大砲を振り回しながらにじり寄るフォアマン。
フォアマンは剛腕でガードを崩しアッパー連発でダウンを奪う。
ダメージが残ったノートンにフォアマンの豪打を交わす術はなく、ことごとく被弾したノートンを見たレフェリーは試合を止めた。
アリの顎を砕いた男、ケン・ノートンを2RであっさりKOしたフォアマンを誰もが最強だと疑うことはなかった。
フォアマンの豪快KOを目の前で見せられたモハメド・アリは試合後に乱入し、フォアマンを挑発した。

ジョージ・フォアマン vs モハメド・アリ 『キンシャサの奇跡』

3年越しのリターンマッチとなったジョー・フレージャーを下したモハメド・アリはジョージ・フォアマンとの対戦を要求。
アフリカ・ザイール(現コンゴ民主共和国)の独裁者モブツ・セセ・セコが国家事業として企画したキンシャサでの世界挑戦が実現することになった。

だが、ベトナム戦争における徴兵拒否により、WBA・WBC統一世界ヘビー級王座を剥奪されたアリは既に32歳となり全盛期は過ぎたと言われていた。
対して、26歳と若く、アリを倒したジョー・フレージャーとケン・ノートンに圧勝。
しかも、この時点の戦績は40戦無敗(37KO)と歴代で最も高いKO率、さらに24連続KOを誇っていたフォアマン優勢の声が圧倒的に多かった。

なぜ、ザイール共和国でのタイトルマッチになったのか。

経済大国ですら巨額なファイトマネーには尻込みする中、ザイールに目をつけたプロモーターのドン・キングはモブツと接触、当時では空前のファイトマネーを引き出すことに成功した。

独裁者モブツは、国費からフォアマンとアリ両者にファイトーマネーを500万ドル出すことを決定。
それだけの大金を出した理由として、自ら変更した国の名を世界中に宣伝するためとも、独裁政治による内政不満のガス抜きの為とも言われている。

ドン・キングは「黒人の故郷であるアフリカの地で行う歴史的イベント」と銘打って盛り上げていった。
ドン・キング(左)とモハメド・アリ(右)

ドン・キング(左)とモハメド・アリ(右)

アリとフォアマン二人合わせてファイトマネー1000万ドルの興行を成功させたドン・キングはアメリカ興行界で絶対的な地位を築くことになった。

フォアマンにとって完全アウェーでの環境でタイトルマッチ

135 件

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

やっぱりこの人が最強!?全盛期のマイク・タイソンは無敵だった!!

やっぱりこの人が最強!?全盛期のマイク・タイソンは無敵だった!!

マイク・タイソンは1985~88年といわれています。当時小~中学生だった私は、親父の見るテレビを一緒にみながらマイク・タイソンを知ったものです。全盛期から失墜までも早かったですが、その全盛期の試合は「グローブに何か入ってるんじゃないか?」と思うほど、相手とのパンチの威力の違いに驚いたものでした。
青春の握り拳 | 35,545 view
メイウェザーがパッキャオに勝利で再燃!アリ?タイソン?真の最強は誰か

メイウェザーがパッキャオに勝利で再燃!アリ?タイソン?真の最強は誰か

5月2日に行われるボクシングの「世紀の一戦」フロイド・メイウェザー対マニー・パッキャオ戦はメイウェザーの判定勝ちで終結。歴代ボクサーの中で最強はアリかタイソンか。パウンド・フォー・パウンドと呼ばれる男たちを紹介していく。
きちんとチキン | 116,663 view
「イップ・マン」シリーズ第三弾にあのマイク・タイソンが登場!本格アクションを繰り広げます!!

「イップ・マン」シリーズ第三弾にあのマイク・タイソンが登場!本格アクションを繰り広げます!!

驚異的な大ヒットを記録した「イップ・マン」シリーズの第3弾「イップ・マン 継承」が配信開始!あの「マイク・タイソン」が本格アクションに挑戦する本作に今注目が集まっています!
隣人速報 | 368 view
元世界ヘビー級王者モハメド・アリの発言集『モハメド・アリ語録[世界を揺るがした勇気のことば150]問題は倒れることではなく、立ち上がろうとしないことだ』

元世界ヘビー級王者モハメド・アリの発言集『モハメド・アリ語録[世界を揺るがした勇気のことば150]問題は倒れることではなく、立ち上がろうとしないことだ』

没後1年を記念してリリースする、元世界ヘビー級王者モハメド・アリの発言集。「モハメド・アリ語録150種」のほか、「モハメド・アリ全試合」、「モハメド・アリ年表」も収録。
孤高の求道者は今なおボクシングの夢を追う、西島洋介山!

孤高の求道者は今なおボクシングの夢を追う、西島洋介山!

日本クルーザー級のパイオニアとしてその名を轟かせた西島洋介山を知らない人はいないだろう。手裏剣パンチを武器に闘った地下足袋ファイターは、そのボクサー人生の多くをアメリカで過ごした。またボクサーとして現役を退いた後には、日本国内で総合格闘技やキックボクシングにも出陣することに。様々なバックボーンを持ったファイター達とリング上で相見えてきた西島洋介山、孤高のボクサーはその拳にどんな想いを乗せて闘っていたのだろうか。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト