『ガンプラり歩き旅』その64 ~番外編 輝く銀河を駆け抜けるダイターン3!(後)~
2018年5月31日 更新

『ガンプラり歩き旅』その64 ~番外編 輝く銀河を駆け抜けるダイターン3!(後)~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をしてきた『ガンプラり歩き旅』。 今回は前後編で、ガンプラブームと共にロボットプラモブームを牽引した、アオシマ製プラモデル群から、『ガンダム』の富野由悠季監督の名作『無敵鋼人ダイターン3(1978年)の、当時のプラモデルや最新キットを紹介していきます!

5,393 view
ポケットパワー版や近年の超合金魂版では、腕部をアニメどおりすっぽり包めるオプションが付属しているが、この合体ロボット版ではバックパックをそのまま使用する。
一番上に写っているのは、ダイファイター唯一のオプションでもあるバックパックの代わりに取りつけるスロープパーツである。
完成したダイファイター

完成したダイファイター

バックパックを左右それぞれ肩の接続部に取りつけ、垂直尾翼を両脚のかかと同士(ここもポリキャップ)で挟んで固定することで完成するダイファイター。
シルエット的にはアニメ本編の形状に非常に近く、単体のキットとしても出来は良い。
ポケットパワー版(右)との比較

ポケットパワー版(右)との比較

バランスとしては、主翼が大きくスパルタンなポケットパワー版も悪くはないが、戦闘機形態とロボット形態を両立させて完成度の高い(しかも生首がない(笑))合体ロボット版の方が決定版といえよう(笑)
天翔けるダイファイター!

天翔けるダイファイター!

ザンボット3では、ザンベースの垂直尾翼を兼ねていた「脚の脛ウィング」を、脚の回転で水平尾翼に見立て直す大河原マジックが、このデザインからも堪能できる。

それでは次に、この形態からのダイタンクへの変形を見ていこう。
余剰パーツを外して、脚を回転させ直した状態

余剰パーツを外して、脚を回転させ直した状態

まずは、ダイファイターをこの状態まで戻す。アニメ設定からして、ダイタンク時にはバックパックが丸ごと行方不明になるのだが、細かいことは言いっこなし(笑)
脚を今度は後方へ向けて180度畳む

脚を今度は後方へ向けて180度畳む

このプロセス一つで、人間体形のロボットが、一つの「鋼の塊」に見えてくるのである。
むき出しになった関節部に、バーニアノズルパーツを4つ取...

むき出しになった関節部に、バーニアノズルパーツを4つ取りつける。

当時のアオシマが決してバンダイに劣らなかったところが、こういった配慮の部分だろう。今で言うアフターパーツに当たるバーニアを別パーツで用意して、変形の跡をそれらしく補完し、アニメ設定に極力準じてみせる。
1/600 イデオンでいえば、Cメカ爪先先端のシャッターの差し替えや、Aメカ袖口ダクトの別パーツ化にも言えたが、ここはアオシマの良心的な愚直さであろうと思われる。
両脇腹に、キャタピラパーツを差し込む

両脇腹に、キャタピラパーツを差し込む

戦車のアイデンティティの一つであるキャタピラ。装着するだけで俄然、戦車らしくなる。
そして、もう一つの戦車のアイデンティティである砲塔を、両足首の裏に刺し、拳を取り外した腕を取り付けてダイタンクの完成である。
完成したダイタンク

完成したダイタンク

システムとしての変形は最小限なのだが、得られた効果は大きい。
薄くシャープなダイファイターと、見事に印象を変えている。
後方から見たダイタンク

後方から見たダイタンク

こちらでもバーニアパーツの効果がはっきり分かり、力強い印象を与えている。
轟音を響かせて、大地を進むダイタンク!

轟音を響かせて、大地を進むダイタンク!

158 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • 市川大河 2018/5/27 04:25

    禿信者さんありがとうございます!
    毎週楽しみに待ってくださっているファンの方があってこその連載です!
    来週は、禿信者さんなら予想突くかもしれませんが「ガンダム以前の富野スーパーロボット」第一号が登場して、それからは『Zガンダム』『ガンダムZZ』『逆襲のシャア』のキットをめぐっていきます!
    これからもどうかよろしくお願いします!

    禿信者 2018/5/26 08:34

    毎週金曜日の更新を楽しみにしています。
    それにしても今回の内容は濃い!大河さんのロボ愛に当てられてクラクラしました。
    展開したファンを自作したダイターンの再登場を期待しています。

    すべてのコメントを見る (2)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『ガンプラり歩き旅』その63 ~番外編 輝く銀河を駆け抜けるダイターン3!(前)~

『ガンプラり歩き旅』その63 ~番外編 輝く銀河を駆け抜けるダイターン3!(前)~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をしてきた『ガンプラり歩き旅』。 今回は前後編で、ガンプラブームと共にロボットプラモブームを牽引した、アオシマ製プラモデル群から、『ガンダム』の富野由悠季監督の名作『無敵鋼人ダイターン3(1978年)の、当時のプラモデルや最新キットを紹介していきます!
市川大河 | 5,443 view
『ガンプラり歩き旅』その62 ~番外編 はばたけ! 宇宙の勇者ザンボット3!(アオシマVSバンダイ編)~

『ガンプラり歩き旅』その62 ~番外編 はばたけ! 宇宙の勇者ザンボット3!(アオシマVSバンダイ編)~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をしてきた『ガンプラり歩き旅』。 今回は前後編で、ガンプラブームと共にロボットプラモブームを牽引した、アオシマ製プラモデル群から、『ガンダム』の富野由悠季監督の名作『無敵超人ザンボット3』(1977年)の、当時から現代に至るプラモデルを紹介していきます!
市川大河 | 11,355 view
『ガンプラり歩き旅』その61 ~番外編 はばたけ! 宇宙の勇者ザンボット3!(前)~

『ガンプラり歩き旅』その61 ~番外編 はばたけ! 宇宙の勇者ザンボット3!(前)~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をしてきた『ガンプラり歩き旅』。 今回は前後編で、ガンプラブームと共にロボットプラモブームを牽引した、アオシマ製プラモデル群から、『ガンダム』の富野由悠季監督の名作『無敵超人ザンボット3』(1977年)の、当時から現代に至るプラモデルを紹介していきます!
市川大河 | 7,053 view
『ガンプラり歩き旅』その60 ~イデオン編・8 番外編の番外編! 瞳こらせよ、産卵の時! 人よ命よ、生首を見る! スペシャルデラックスイデオン~

『ガンプラり歩き旅』その60 ~イデオン編・8 番外編の番外編! 瞳こらせよ、産卵の時! 人よ命よ、生首を見る! スペシャルデラックスイデオン~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をしてきた『ガンプラり歩き旅』。 今回は全8回で、ガンプラブームと共にロボットプラモブームを牽引した、『機動戦士ガンダム』(1979年)の日本サンライズ・富野由悠季監督の次作品『伝説巨神イデオン』(1980年)のアオシマ製プラモデル群から、現代に至るまでのイデオンフィギュアを、追いかけてみたいと思います!
市川大河 | 8,793 view
『ガンプラり歩き旅』その59 ~イデオン編・7 歴代1/600 イデオン総登場!~

『ガンプラり歩き旅』その59 ~イデオン編・7 歴代1/600 イデオン総登場!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をしてきた『ガンプラり歩き旅』。 今回は全8回で、ガンプラブームと共にロボットプラモブームを牽引した、『機動戦士ガンダム』(1979年)の日本サンライズ・富野由悠季監督の次作品『伝説巨神イデオン』(1980年)のアオシマ製プラモデル群から、現代に至るまでのイデオンフィギュアを、追いかけてみたいと思います!
市川大河 | 4,684 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト