炎のストッパー、津田恒美の生涯
2022年2月15日 更新

炎のストッパー、津田恒美の生涯

炎のストッパーで知られた広島カープの守護神、津田恒美投手。あの怪物バースにクレイジーと言わせたストレートで、他球団の打者をバッタバッタと仕留めていきました。常に真向勝負の投球はサムライスピリッツを感じさせ、これぞ男の勝負とプロ野球ファンを魅了します。しかし、摘出ができないほどの悪性脳腫瘍に侵され、闘病空しく32歳の若さで旅立ったのでした。全力を尽くして最後まで燃え尽きた、まさに炎のストッパーの生涯といえるでしょう。

2,612 view

プロ野球選手を目指したころ

広島市民球場 (初代) - Wikipedia (2336111)

津田恒美は、山口県都濃郡南陽町の山間部にある和田地区で生まれました。南陽工高時代は、1年生からエース投手となり活躍します。甲子園は、第50回選抜高等学校野球大会に出場しますが、準々決勝で福井商に敗退。同年夏の第60回全国高等学校野球選手権大会では、2回戦で天理高に0-1で惜敗しました。

卒業後は、社会人野球の協和醱酵に入社。1981年の都市対抗野球には、電電中国の補強選手として出場しています。1回戦では、優勝候補と評判の高かった富士重工業を抑えて一躍注目を浴びることに。しかし、2回戦ではリッカーで出場していた、後に阪神タイガースで活躍する中西清起と投げ合い敗退します。同年に行われた日本選手権では、協和発酵のエースとして2勝をあげ、準々決勝まで駒を進めました。

広島カープにドラフト1位で入団

1986 広島が優勝を決めた試合 広島対ヤクルト 3/3 津田の締めくくり

1981年のドラフトで、広島東洋カープから1位指名を受けた津田恒美。希望をもって入団します。古葉竹識監督の期待も大きく、1年目には先発で11勝6敗の成績を残して、球団初の新人王に輝いています。しかし2年目の後半戦には、ルーズショルダーや中指の血行障害などといったトラブルに見舞われ、登板数が激減しました。

その後、血行障害の完治を目指して、世界初の中指の靭帯を摘出する手術に向かいます。1985年には心機一転「恒美」から「恒実」へ名前も変更。そして、1986年に抑え投手として見事に復活し、前半戦は防御率0点台の成績を残します。後半戦では少々調子も落ちましたが、それでもチーム5度目のリーグ制覇に大きく貢献しました。この年のシーズン終了後には、カムバック賞も獲得しています。

1987年でのシーズンでは、防御率1点台という好成績でしたが、翌年は肩痛などから9敗を喫してしまうことに。それでも、翌1989年は防御率1.63・12勝5敗28セーブという活躍で再びの復活を遂げ、最優秀救援投手とファイアマン賞に輝くことになります。闘志をむき出しにして投げ込む剛速球と縦横の鋭いカーブ。これらを武器に、相手打者に敢然と立ち向かう姿を見て、「炎のストッパー」と呼ばれました。

まさに鳥肌もの怪物バースとの対決

炎のストッパー・津田 恒実vsバース、原

血行障害も回復して、カープの守護神となってからの津田は、ストレート主体のピッチングスタイルになっていました。特に1986年は、投球の90%以上がストレートとなり、変化球はほとんど投げていないのです。津田の現役時代に同僚そして監督として津田を見てきた山本浩二は、津田のストレートを「ホップする直球」と呼んで、その威力を表現していました。

ピンチになるほど球速が上がるという、津田のストレート。忘れられない名場面が、1986年の対阪神タイガース戦です。同点で迎えた9回裏1死満塁の場面、2番の弘田澄男をストレートのみで3球三振に仕留めます。そして次の3番は、当時絶頂期で怪物と異名をとっていたランディ・バース。そのバースに対しても、全て150km/hを超えるストレートを投げ込み、3球三振に仕留めピンチを脱したのです。この時実況をしていたのが毎日放送アナウンサーの城野昭で、思わず「津田、スピード違反!」と叫んだそうです。そして試合後のコメントで、バース本人は「津田はクレイジーだ」語っていました。

原辰徳の手を砕いた炎のストレート

津田・・・原の手首粉砕!!

1986年9月24日の巨人25回戦において、とんでもないことが起こります。津田と対戦した巨人の主砲原辰徳は、津田のストレートをファウルした時、左手の有鈎骨を骨折してしまいます。まさに、津田のストレートが原の手の骨を粉砕した瞬間でした。残りシーズンの出場が不可となった原、次のシーズン以降でも、左手首痛の後遺症に苦しむことになります。

そして、津田が投じた生涯最後の1球となった時の打者が、原辰徳だったのです。1991年4月14日、原にタイムリーヒットを打たれた津田は、二度とマウンドに立つことはありませんでした。生涯最後の対戦打者となったのが、奇しくも原辰徳だったのです。そして、津田が最後に投じたボールは、もちろん渾身のストレートでした。

病魔にも全力投球

カープ 津田恒美 死去 炎のストッパー 1993年オールスター中に悲報が!

1990年のシーズン、4月に右肩を故障し、更に8月には左膝靭帯を損傷するなどの度重なるアクシデントに見舞われ、登板は僅か4試合のみに終わりました。そして、このシーズン終了後から、頭痛や身体の変調が津田を襲い始めます。1991年は、前年から悩まされていた体調不良を抱えたままシーズンに突入。4月14日のジャイアンツ戦では、無理を押して8回に登板しましたが、原辰徳に同点適時打を打たれ、これが生涯最後の登板となったのです。

これまで放置していた頭痛や体の変調、あまりに長らく続いていたので、巨人戦の翌日に広島大学病院に検査入院します。その結果、悪性脳腫瘍との診断。それも、手術で摘出できない位置にあるということでした。それによって、やむなく闘病生活を送ることになってしまいました。そのため、5月20日に準支配下登録となっていたのですが、完治の見込みが薄く津田は退団届を提出、11月6日付で受理されました。この時、津田自身は病名の告知のされていましたが、広島球団は周囲の動揺考え、本当の病名を伏せて「水頭症のため引退」と発表したのでした。

その後、津田は奇跡的な回復を見せ退院。福岡市内での生活をしながら、現役復帰に向けたトレーニングも始めるようになったのです。しかし病魔は容赦なく、1992年6月頃から再び病状が悪化し、8月20日には済生会福岡総合病院へ再入院。そして翌年の7月20日14時45分、同病院において32歳という短い人生を閉じたのでした。常に全力で戦ったきた津田恒実、病魔にも全力で立ち向かい力尽きて散る、まさに炎のストッパーそのもの。それにしても、32歳は若すぎますよね。

津田のために優勝を

甦る炎のストッパー 津田恒美 | 堀 治喜 |本 | 通販 | Amazon (2336120)

津田の病気を知らされた山崎隆造選手会長は、すぐに全選手を招集して事実を知らせます。そして、津田のために優勝して、一緒に優勝旅行に連れて行こうと訴えます。カープナインはこれに奮起、夏場まで独走していた中日ドラゴンズを逆転して、5年ぶりのセ・リーグ制覇を果たしました。

その後、カープの投手たちにも津田の見えない力が降臨。津田とダブルストッパーになる予定だった大野豊を始めとする投手陣は、セリーグ投手部門の主要タイトルを独占。最優秀救援投手が大野豊・最多勝利・最優秀防御率・沢村賞が佐々岡真司・最高勝率が北別府学・最多奪三振が 川口和久と、まさに黄金の投手陣でした。

山本浩二監督率いる広島の各選手は、葬儀の際に全員がユニフォーム姿で参列しました。オールスター第2戦は通夜の翌日にあり、9回裏に大野豊が登板し、まるで津田が乗り移ったかのような投球を見せます。バックを守っていた野村謙二郎に、あんな大野さんは見たことがなかったと言わせるほどの鬼気迫る投球を見せ、二者連続三振と完璧なリリーフでオールスター初セーブを挙げたのです。

津田を支えた親友の存在

もう一度、投げたかった―炎のストッパー津田恒美最後の闘い (幻冬舎文庫 つ 3-2) | 山登 義明, 大古 滋久 |本 | 通販 | Amazon (2336107)

24 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【ワンポイントリリーフで1点も与えない美学】広島カープ【清川栄治投手】

【ワンポイントリリーフで1点も与えない美学】広島カープ【清川栄治投手】

80年代、広島カープには、左サイドから変則的な投球をし、左打者を手玉に取った投手がいました。彼の名は清川栄治。ピンチの時に打者1人だけのために登板する試合も多く、438試合連続救援登板の記録も持っています。
ジバニャンLOVE | 2,523 view
NHK連続テレビ小説「チョッちゃん」のヒロインを演じた古村比呂のその後は?

NHK連続テレビ小説「チョッちゃん」のヒロインを演じた古村比呂のその後は?

NHK連続テレビ小説「チョッちゃん」は、黒柳徹子さんのお母さんがモデルです。可愛らしい容姿と明るく元気なキャラで「チョッちゃん」を演じた古村比呂さんは、布施博さんと結婚して子供ももうけましたが離婚してしまったようです。今回は古村比呂さんについて、女優としての軌跡や離婚原因についてもご紹介します。
そうすけ | 637 view
【河合美智子】女優としてご活躍されてオーロラ輝子の名義で歌手活動も!その全盛期や濡れ場・ヌードを振り返る!

【河合美智子】女優としてご活躍されてオーロラ輝子の名義で歌手活動も!その全盛期や濡れ場・ヌードを振り返る!

美人女優・歌手として活躍された河合美智子さん。若き日の彼女の天真爛漫な笑顔は多くの男性ファンを虜にしましたね。2016年には脳出血を患っていたことも報じられていましたね。今回の記事では、そんな河合美智子さんにスポットを当てて、その全盛期やヌード・濡れ場を振り返っていきたいと思います。
tsukumo2403 | 2,466 view
【広田レオナ】4回の結婚とがん公表で明らかになったこと

【広田レオナ】4回の結婚とがん公表で明らかになったこと

1983年の映画「だいじょうぶマイ・フレンド」デビューした女優の広田レオナが、肺がん公表後にブログを開設。個性的と思われている広田の本質と個性が明らかになった。広田レオナの生い立ちや当時のバレエ留学事情から、22歳年下夫と4回の結婚までの軌跡を追ってみた。
市民が支えたプロ野球球団、球界のお荷物から優勝まで

市民が支えたプロ野球球団、球界のお荷物から優勝まで

広島の象徴は何かと聞けば、世界遺産の原爆ドームに宮島(嚴島神社)に加え、広島交響楽団・サンフレッチェ広島、そして広島カープの3大プロの存在が。そして、このうちで一番の古い歴史を誇るのが、広島東洋カープなんです。
五百井飛鳥 | 422 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト