今でも”ナウい”と思って「昭和言葉」を使っていると『老人』扱いされますよ!!②
2018年3月8日 更新

今でも”ナウい”と思って「昭和言葉」を使っていると『老人』扱いされますよ!!②

「今でも”ナウい”と思って「昭和言葉」を使っていると『老人』扱いされますよ!!①」の続編です。実は、表題で”ナウい”という「昭和言葉」をわざと入れていたんですが、何となく違和感を感じられた方は、まだ”ナウい”ようです。逆に何の違和感も感じられなかった方は相当”ヤバイ”ですね!!(笑)

1,468 view

家の中でも「昭和言葉」を使っている!!

「衣紋掛け」ってご存知??

シンコハンガー ジャケットハンガー バー付

シンコハンガー ジャケットハンガー バー付

衣類などを広く吊り下げてしわにならないように収納・整理するための道具を「ハンガー(hanger)」というが、私達のような昭和生まれ世代は「衣紋掛け」(えもんかけ)と言う場合がある。特に羽織・袴、ゆかたなどを掛けて置く場合などは・・・。

「ダイヤルを回す」は大昔の死語??

黒電話600-A2 ダイヤル操作音♪ レトロ

このようなレトロな電話機を自宅に持っている方は非常に希少価値が高いと思われるのですが、昭和世代では当たり前で、電話する時などは”番号ダイヤルを回す”と表現していた記憶が蘇る。今では「ピッポッパッ」ですか?(これも古いかな?、今はディスプレイをワンクリックかな?!(^_^;))

「ダイヤルを回す」でもう一つ!!

レトロな液晶テレビを使ってみた(ドウシシャ『VT203-BR』)

私らは家でテレビのリモコンが近くにない時など、今でも近くの家族に「チャンネル回して」と言っているが、家族はその意味を分かっているのであろうか??

”とっくり”と言っても熱燗の話じゃないよ!!

メンズ きれいめ ハイネック セーター

メンズ きれいめ ハイネック セーター

ハイネック(タートルネック)セーターは、ネックラインがタートルネックと呼ばれるタイプのものになっているセーターです。日本では、昭和の昔は「徳利(とっくり)セーター」と呼んでいた。その名称の由来は、日本酒の熱燗をつける徳利に形が似ていることから来ている。また、「タートル」という言葉は亀を指しており、亀の首のようなネックラインという意味があるようだ。このタートルネックセーターは、寒い日でも首周りが暖かいことで人気があるんですが、私はどうも首がチクチクしてあまり着ません。
本家本元の徳利(とっくり)

本家本元の徳利(とっくり)

こうして見ると似ていますね!!

”襟巻き”と言ってもトカゲじゃないよ!!

Rachel(レイチェル)マルチストライプ サイドライ...

Rachel(レイチェル)マルチストライプ サイドライン リバーシブルマフラー

襟巻き(マフラー(英語: muffler))、は、首の周囲に巻く、細長い長方形をした厚手の布のことであるが、襟巻きが主流の呼び名であった。

1984 三菱ミラージュ「エリマキトカゲ」CM CDSOL-1195 Track44

28年前の1984年に三菱・ミラージュのテレビCMなどで話題になり一時大流行となったエリマキトカゲ。念のため、エリマキトカゲも知らない方々のためにごの動画を紹介する。
エリマキトカゲはオーストラリア北部、パプアニューギニアに生息するトカゲの一種。地表を走るとき、後肢だけで直立走行する。また、危険を感じるとエリ状の皮膚をグワッ広げて威嚇するその姿がちびっこ恐竜みたいだと当時の私達を魅了した。

えりまき恐竜ジラース

そういやあ、ウルトラマンでもエリマキトカゲそっくりの怪獣もいたなあ!!。でもこれって当時の映画で出ていた「ゴジラ」の着ぐるみに、ただ襟巻きを着けただけだったりして・・・!?当時からもっぱらのうわさだったんですよね!!

股引(ももひき)は元は日本の伝統的なパンツ形式の下衣!!

特注本股タイプ股引(本股引)縫製

特注本股タイプ股引(本股引)縫製

腰から踝まで、やや密着して覆う形のズボン型。腰の部分は紐で締めるようになっている。安土桃山時代にポルトガルから伝わったカルサオ(カルサンとも)と呼ばれる衣服が原形とされる。

江戸時代には鯉口シャツ(ダボシャツとも)や、「どんぶり」と呼ばれる腹掛けと共に職人の作業服となり、農作業や山仕事などにも広く使われた。現代では、祭りにおける神輿の担ぎ手の服装として知られている。

お祭り股引のはき方

モモヒキの語源は一般的に、「モモハバキ」から転じたと言われている。では
モモハバキとは何ぞや?

ハバキとは労働、旅行、防寒などの際、脛(すね)に巻き付けてひもで結び、動きやすくしたものがハバキ(脛巾)で、股(もも)まで被うハバキが「モモハバキ(股脛巾)」だ。

明治の「文明開化」により西洋の下着と合流し進化!!

明治の中頃になり、和洋両装が一般化。下着も洋装に移る過度期となり、モモヒキの着用法にも変化が現われる。西洋のショーツが日本のモモヒキと結びつき、猿股(さるまた)(短いモモヒキ式の下ばきのこと、別名「西洋パンツ」とも言われた)となって下着として定着し始めた。また、ズボンの普及に伴いズボン下となって、それぞれの道を歩んでいくことになった。
28 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

今でも”ナウい”と思って「昭和言葉」を使っていると『老人』扱いされますよ!!④

今でも”ナウい”と思って「昭和言葉」を使っていると『老人』扱いされますよ!!④

「今でも”ナウい”と思って「昭和言葉」を使っていると『老人』扱いされますよ!!③」の続編です。私は、この趣旨の続編記事に載せる「昭和言葉」もそろそろ終わりかな?と思いながら書いているのですが、調べると”あるわ!あるわ!”、今さらながら驚いている最中です。「しぇ~!!」、その分私が年を獲ったのかな?!
今でも”ナウい”と思って「昭和言葉」を使っていると『老人』扱いされますよ!!③

今でも”ナウい”と思って「昭和言葉」を使っていると『老人』扱いされますよ!!③

「今でも”ナウい”と思って「昭和言葉」を使っていると『老人』扱いされますよ!!②」の続編です。「言葉は時代を映す鏡だ」と誰か有名な方が言っていた記憶があるが、その言葉が正しいとすれば、さしずめ昭和という時代は途中に世界大戦が2度もあったりして、とても期間が長く激動の時代だったこともあり、鏡となる言葉も多いのではなかろうか?。
「#なつかし大賞」をつけて懐かしのサンリオグッズをSNSに投稿しよう!さらに「2018年サンリオキャラクター大賞」の中間順位が発表!

「#なつかし大賞」をつけて懐かしのサンリオグッズをSNSに投稿しよう!さらに「2018年サンリオキャラクター大賞」の中間順位が発表!

株式会社サンリオは、5月10日から投票を開始しているサンリオキャラクターの人気投票企画「2018年サンリオキャラクター大賞」の中間順位・上位10位までを発表しました。さらにハッシュタグ「#なつかし大賞」で好きなキャラを応援する企画も実施中。
隣人速報 | 987 view
これは昭和か平成か、二つの時代を満喫したミドルエッジ世代に贈る挑戦状10問!

これは昭和か平成か、二つの時代を満喫したミドルエッジ世代に贈る挑戦状10問!

昭和と平成。いずれも去り行く元号となる2つの時代を満喫した(?)ミドルエッジ世代。ついアバウトになりがちな当時の記憶を思い出す、脳みそライザップ的なクイズを10問どうぞ!!
ミドルエッジ世代の給食が家庭で蘇る!昭和の味「ソフトめん」の一般販売が開始される!

ミドルエッジ世代の給食が家庭で蘇る!昭和の味「ソフトめん」の一般販売が開始される!

ミドルエッジ世代であれば給食でお世話になったことがあるであろう「ソフトめん」。長らく口にしていない方が多いのではないでしょうか。このたび、ソフトめんを家庭で気軽に味わえる「近江ソフトめん」が滋賀県内で発売されました。
隣人速報 | 4,229 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト