かわいいぶたさんだと思ったら突然の爆弾バトルロイヤルゲー!?『ぶたさん』
2018年4月26日 更新

かわいいぶたさんだと思ったら突然の爆弾バトルロイヤルゲー!?『ぶたさん』

『ぶたさん』は1987年にNMKが開発しジャレコが発売した、アーケード用の対戦型アクションゲームです。 全12ラウンドに及び、100ぴきの「ぶたさん」たちが爆弾でバトルロイヤルするという、絵面と中身のギャップが最高なぶたさんゲームでした。

276 view

頂点に君臨するぶたさんは一匹だけ!!『ぶたさん』

水玉パンツをはいたぶたさん(二足歩行する豚)を操作して、時限爆弾を投げつけあい、同一画面内に存在する他のぶたさんを全て爆風に巻き込んで倒すと次のラウンドに進む、固定画面型のアクションゲーム。全12ラウンドのバトルロイヤルを勝ちぬき、100匹のぶたさんの頂点に立つのが目的。登場する相手のぶたさんは色によって性格が異なっており、概ね後半のラウンドに登場するぶたさんほど強敵となっている。
ぶたさんがただひたすらかわいい!

『ぶたさん』は1987年にNMKが開発しジャレコが発売した、アーケード用の対戦型アクションゲームです。全12ラウンド。100ぴきの「ぶたさん」たちの頂点を目指して画面上の爆弾をぶつけ合い、他のぶたさんがいなくなるまでバトルロイヤルするという、絵面と中身のギャップがたまらない対戦ぶたさんゲームでした。二人で楽しくプレイでき、二匹のぶたさんは最終ラウンドまで協力、最終ラウンドでは決闘することになります。
この記事ではそんな本作のゲーム内容の紹介、プレイ動画、同年に発売された他のゲームソフトなどに触れていきたいと思います。
ぶたさんのイメージ

ぶたさんのイメージ

あまりにも当時の画像が少ないため、イメージぶたさん画像でお届けします。
後ほど紹介するプレイ動画で当時のぶたさんの勇姿をご覧ください。
携帯アプリ版がありますが基本的には家庭用作品は出ておらず、また実機で遊ぶことは年代的に困難なものの、現在はPlayStation 4のアーケードアーカイブスにて配信しており、税込み823円で購入できます。

『ぶたさん』のゲーム内容

ぶたさんの基本ルールと操作方法

画面内に落ちている時限爆弾に触れると爆弾を持つことができ、それを投げてぶつけるか爆風に巻き込むことで他のぶたさんたちを倒していきます。ぶたさんは8方向レバーによる移動、投げる/殴るボタンによる攻撃と伏せるボタンによる回避ができます。

爆弾を持っているときに投げる/殴るボタンを押すと爆弾を投げることができ、爆弾を持っていないときにボタンを押すと相手を殴って動きを止めることができます。(手が短すぎてなかなか当たりませんが…)また、伏せるボタンを押すと飛んでくる爆弾を伏せてかわします。

ぶたさんのゲームシステム

大勢のファンシーなぶたさんが爆弾を投げまくるというシュール且つカオスな状況に戸惑いますが、お互いにつぶし合う為放っておいても結構自爆していきます。

たまに審判のぶたさんが出てきて爆弾を置いていきますが、このぶたさんは倒さなくても大丈夫です。このぶたさんは無敵ですが当たり判定があり、邪魔するとイエローカードを出されます。ゲームそっちのけで爆弾を投げまくると消えてしまいます。審判とプレイヤー以外のぶたさんが全ていなくなるとラウンドクリアとなり、爆弾か爆風に当たるとミス、残機が無くなるとゲームオーバー。ぶたさんが恨み節を言いながらコンティニューするかどうか聞かれます。何回やられてもそのラウンドから再挑戦できる点がありがたいですね。コンティニュー画面の演出も凝っていて何パターンか有り、見ていて楽しかったです。

ぶたさんを盛り上げるアイテム

ぶたさんには爆弾以外にも何種類かのアイテムがあり、赤く光っている爆弾の中に入っています。各ラウンドに3個まであり、中には「ごじさんすーつ」といったあの怪獣のコスプレなど、視覚的にも楽しめるものも用意されています。

ぶたさんのミニゲーム「ぶたたたきげ~む」

3ラウンドクリアごとにボーナスステージ「ぶたたたきげ~む」をプレイできます。「モグラたたき」のように多数の穴から出てくるぶたさんを叩くミニゲームとなっており、引っ込まないうちにプレイヤーのぶたさんを操作して叩いていきます。

ぶたさん同士の仁義なき戦い「ざ・ですまっち」

ぶたさんは途中参加もできる二人プレイも楽しめます。協力プレイとされていますが、相手のぶたさんに爆弾を投げて倒すこともでき、邪魔をしあうという遊び方もできました。ただし悲しいかな、頂点は常に一匹のみ…二匹で全12ラウンドをクリアすると「ざ・ですまっち」が発生、プレイヤー同士で一騎打ちとなります。

『ぶたさん』のプレイ動画

『ぶたさん』プレイ動画

デモ動画ではプレイ画面がまったくわからず、ただただかわいいぶたさんを見せられます。

※動画はリンク切れの場合があります。

1987年に発売された他のゲームタイトル

27 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

古きよき特撮コメディの世界観を再現したバカゲー『超絶倫人ベラボーマン』はヘンな敵キャラ目白押し!

古きよき特撮コメディの世界観を再現したバカゲー『超絶倫人ベラボーマン』はヘンな敵キャラ目白押し!

『超絶倫人ベラボーマン』は、1988年5月20日にナムコからアーケードゲームとして発売されたアクションゲームです。まごうことなきバカゲーですが、噛めば噛むほど味が出るさきイカのような、やればやるほど癖になるゲームでした。ヒーローとは本来かっこいいものではない!ということをベラボーマンは文字通り体を張って教えてくれました。
岸辺ミル | 1,024 view
美少女アイドルがパンチラを披露しながら戦う『ワンダーモモ』はナムコご乱心ゲームの先駆的一品!?

美少女アイドルがパンチラを披露しながら戦う『ワンダーモモ』はナムコご乱心ゲームの先駆的一品!?

『ワンダーモモ』は、1987年にナムコから発売されたアーケードゲームであり、アクション系ギャルゲーの金字塔です。本作は、「舞台劇『ワンダーモモ』上演中」という設定で進行される横スクロールアクションゲームで、正義の変身ヒロイン「ワンダーモモ」を操作し、悪の怪人軍団をミニスカハイキックで倒していきます(笑)。ヒロインのお色気、待ち構えるカメラ小僧など独特な世界観とノリが話題を呼び、ギャルゲーの先駆けと評されました。
岸辺ミル | 6,215 view
衝撃の鬱展開!子供がやるのは明らかに危険なナムコの異色作『スプラッターハウス』の救いのない絶望を見たか。

衝撃の鬱展開!子供がやるのは明らかに危険なナムコの異色作『スプラッターハウス』の救いのない絶望を見たか。

これまで『パックマン』や『ゼビウス』『ドルアーガの塔』など主に明るいイメージがあったナムコが、ホラー映画ブームの真っ只中であった80年代に世に放ったホラーアクションゲームの紹介です。今となっては版権的にやばそうなジェイソン似のマスクを被った主人公が、パンチやキックで館に蔓延る異形の怪物をなぎ倒しながら突き進みます。本作はアクションゲームとして名作であると同時に、世代によっては「欝ゲーの代名詞」とも言える作品でもあります。
岸辺ミル | 5,785 view
「お姫様がビキニ一丁で武器を振り回す」というインパクト抜群のキャラビジュアルで少年たちの度肝を抜いた80年代の傑作『アテナ』をご紹介!

「お姫様がビキニ一丁で武器を振り回す」というインパクト抜群のキャラビジュアルで少年たちの度肝を抜いた80年代の傑作『アテナ』をご紹介!

1986年にアーケードゲームとしてSNKよりリリースされた、アイテム取得による成長要素を含んだアクションゲームが本作『アテナ』です。当時の水準としてはかなり美麗な色遣いで描かれたカラフルでポップな世界観と、「一国の王女がビキニ水着一丁で武器を振り回す」というインパクトでゲーマー少年に(大人も?)人気を博し、80年代におけるSNKの代表作のひとつとなりました。
岸辺ミル | 7,155 view
「ア~アアアア~~アアアア~~!!」の合成音声が懐かしい「ジャングルキング」!!

「ア~アアアア~~アアアア~~!!」の合成音声が懐かしい「ジャングルキング」!!

1982年、ゲームセンター等で稼働を開始した、「ジャングルキング」。ターザン風のキャラクター「ジャングルキング」を操作して、美女を救い出すアクションゲームです。
よっちゃん | 1,056 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト