古きよき特撮コメディの世界観を再現したバカゲー『超絶倫人ベラボーマン』はヘンな敵キャラ目白押し!
2018年3月5日 更新

古きよき特撮コメディの世界観を再現したバカゲー『超絶倫人ベラボーマン』はヘンな敵キャラ目白押し!

『超絶倫人ベラボーマン』は、1988年5月20日にナムコからアーケードゲームとして発売されたアクションゲームです。まごうことなきバカゲーですが、噛めば噛むほど味が出るさきイカのような、やればやるほど癖になるゲームでした。ヒーローとは本来かっこいいものではない!ということをベラボーマンは文字通り体を張って教えてくれました。

3,005 view
体力制を取っているのですが自機の当たり判定が大きく容易に被弾する上、喰らった後の無敵時間がほぼ無いです。敵の攻撃の中には複数の体力メモリを奪うものもある上、連続でダメージを受けてしまう状況も珍しくないため、道中の回復アイテム程度では間に合わないという事態になりがちですね。
敵弾は基本的に自機の攻撃で相殺出来るのですが、攻撃に貫通性能を付加するアイテムなしではその相殺に手間取り、相手に攻撃を当てられないという場面も多いです。
特にラスボスに差し掛かる前のボスラッシュの連続ステージがかなりの難所となっています。
このため1コインクリアはかなり厳しいです。コンティニュー後、その場復活できるのがせめてもの救いでしょうか。

ベラボースイッチが壊れやすい

押し込む速度によって強弱を判定するという性質上、ボタンの磨耗が顕著であり、威力の大きいジャンプや攻撃を出すためにはかなり強めに叩かないといけないため、非常に壊れやすい作りでした。対策として6ボタン式の筐体に基板を移し、3ボタンずつにジャンプ・攻撃の大中小を割り振って稼動させる店もありましたが、店によっては筐体ごと撤去されてしまうという悲しい末路も…。そのため基板の出回りはあまり多くなく、今では基板のみの価格もかなりのプレミアものになっています。更にベラボースイッチが新品で付属していると、二倍以上というベラボーな価格に跳ね上がります。それほどまでにベラボースイッチの現存数は少ないのです。ベラボーですね。

総評とまとめ

『超絶倫人ベラボーマン』攻略本

『超絶倫人ベラボーマン』攻略本

表紙にも書いてありますが、まさに愉快なキャラのオンパレード!
ボタンの強弱で攻撃の強弱を判定するという仕様もすでに先行作品が存在し(仕組みは違いますが)、2D横スクロールアクションゲームとしても極めてオーソドックスな作りであるため、ゲーム性自体にはさほど目新しい点は見あたりません。
ゲーム性だけを見れば平凡な出来でありアーケードゲームとしてはプレイ時間が長くて冗長という欠点もありますが、それを補って余りある個性豊か過ぎるユニークなキャラクターや、明るく大らかな雰囲気に満ちた特撮コメディならではの世界観、そしてベラボースイッチによってもたらされる「ベラボーマン」との一体感と「触れて楽しい」という感覚を存分に味わえる点が、本作最大の魅力と言えるでしょう。
独自仕様のコンポジットパネルの宿命上、コンパネも含めた家庭用への完全忠実移植が限りなく不可能なことがなんとも惜しまれる作品でした。

余談

「精力絶倫」という四字熟語のせいか、 「超絶倫人」という冠がプレイヤーの間で度々ネタにされる本作ですが、本来「絶倫」とは「技量や力量が飛び抜けて優れている」と言う意味でしかありません。あくまでも「精力+絶倫」となってはじめて「精力が飛び抜けている」という意味になるのであって、「絶倫」だけで「性的にお盛んなこと」を指すわけではないのです。そもそもの話、「精力」それ自体もそういう意味の言葉ではなく、「心身両面における活力」といった意味合いの言葉です。

一方、スタッフインタビューでは「超・絶倫人」ではなく「超絶・倫人(=べらぼうに倫理的な人)」である、と説明されていたそうな。
本稿で記載しております情報は、ゲームカタログ@wikiから引用させていただきました。

出典元はコチラです。
30 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

美少女アイドルがパンチラを披露しながら戦う『ワンダーモモ』はナムコご乱心ゲームの先駆的一品!?

美少女アイドルがパンチラを披露しながら戦う『ワンダーモモ』はナムコご乱心ゲームの先駆的一品!?

『ワンダーモモ』は、1987年にナムコから発売されたアーケードゲームであり、アクション系ギャルゲーの金字塔です。本作は、「舞台劇『ワンダーモモ』上演中」という設定で進行される横スクロールアクションゲームで、正義の変身ヒロイン「ワンダーモモ」を操作し、悪の怪人軍団をミニスカハイキックで倒していきます(笑)。ヒロインのお色気、待ち構えるカメラ小僧など独特な世界観とノリが話題を呼び、ギャルゲーの先駆けと評されました。
岸辺ミル | 10,908 view
衝撃の鬱展開!子供がやるのは明らかに危険なナムコの異色作『スプラッターハウス』の救いのない絶望を見たか。

衝撃の鬱展開!子供がやるのは明らかに危険なナムコの異色作『スプラッターハウス』の救いのない絶望を見たか。

これまで『パックマン』や『ゼビウス』『ドルアーガの塔』など主に明るいイメージがあったナムコが、ホラー映画ブームの真っ只中であった80年代に世に放ったホラーアクションゲームの紹介です。今となっては版権的にやばそうなジェイソン似のマスクを被った主人公が、パンチやキックで館に蔓延る異形の怪物をなぎ倒しながら突き進みます。本作はアクションゲームとして名作であると同時に、世代によっては「欝ゲーの代名詞」とも言える作品でもあります。
岸辺ミル | 21,617 view
トランポリンやドアを駆使するナムコの「マッピー」は『相手に倒される=死』ではないところもよかった♪

トランポリンやドアを駆使するナムコの「マッピー」は『相手に倒される=死』ではないところもよかった♪

軽快な音楽と爽快なアクションで人気だったナムコの「マッピー」。私はファミコン版で楽しんだものです。マッピーは難易度はしっかりと高くなっていくのですが「キャラクターが倒される=死」ではなかったり、トランポリンやドアを駆使する世界観がコミカルで、ついついハマってしまうゲームでした。
青春の握り拳 | 10,104 view
傷だらけのランナーの孤独な戦い、ゴールを目指してひたすら走る「メトロクロス」

傷だらけのランナーの孤独な戦い、ゴールを目指してひたすら走る「メトロクロス」

元々アーケードゲームで人気だったメトロクロスがファミコンへ。操作はとってもシンプルで、ジャンプか、走るだけ。それなのにこんなに熱中するゲームがあったんです。とにかく時間内にゴールを目指せ!
baton07 | 3,665 view
「ブキミが気持ちいい!」。マニア向けだったシューティングゲーム『バラデューク』!

「ブキミが気持ちいい!」。マニア向けだったシューティングゲーム『バラデューク』!

『バラデューク』は、1985年7月にナムコ(現バンダイナムコエンターテインメント)から発売されたアーケードゲームです。そのブキミなグラフィックスは、当時のゲームセンターで異彩を放っていました。難易度も高く、ハードな内容はマニア向けだったと言えるでしょう。そんな特異なシューティングゲームをご紹介します。
こういち | 3,612 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト