70年代後半から80年代前半にかけて、イギリスの5人のイケメン達が奏でた、誰にも真似のできない“ジャパン”という音楽
2017年5月23日 更新

70年代後半から80年代前半にかけて、イギリスの5人のイケメン達が奏でた、誰にも真似のできない“ジャパン”という音楽

アイドルバンドとしてキャリアをスタートさせたJapan。当初本国イギリスでは全く無視されていたのですが、日本においてはそのルックスの良さから瞬く間にスターに!それに応えるかのようにJapanは成長し、イギリスで注目されるようになった頃には誰にも真似のできないスタイルを確立し、既に解散が決まっていたという運命のバンドなのです。

1,324 view

Japan(初期)

イギリスのロック・バンド、JAPANがファーストアルバム「果てしなき反抗」をリリースしたのは1978年です。ホワイト・ファンクとグラム・ロックを掛け合わせたサウンドといえば聞こえはいいのですが、粗削りなロックといった感じです。何よりアイドル・バンドとして売り出されたということで、派手ないで立ちが目を引くばかりで、楽曲のオリジナリティ、クオリティに関しては特筆すべきものはなく、よくあるその他大勢のバントの中のひとつといっていいかと思います。
では、このアルバムが良くないのかといえば、そんなことはありません。カッコいいんです!
果てしなき反抗

果てしなき反抗

1. 魅惑への招待
2. 奇しい絆
3. 黒人ならば
4. 美しき愛欲
5. 表通りの愛人達
6. パレードに雨を降らせないで
7. 愛の回転木馬
8. 果てしなき反抗
9. コミュニスト・チャイナ
10. 誘惑スクリーン
本国イギリスでは無視されることになった初期のJAPANですが、日本においてはデビューからいきなりの大ブレイクとなりました。
キッチュな楽曲ということもありますが、原因はやはりルックスでしょうね。
ジャパン(初期)

ジャパン(初期)

左からリチャード・バルビエリ(キーボード)、スティーヴ・ジャンセン(ドラム)、デヴィッド・シルヴィアン(ボーカル)、ロブ・ディーン(ギター)、ミック・カーン(ベース)
ビジュアル系などという言葉がなかった時代にズラリと揃った5人のイケメンメンバー。今も昔も日本のティーンエージャーのツボですね。

Japan - Adolescent Sex

Member

Japanのオリジナル・メンバーは、デヴィッド・シルヴィアン(ボーカル)、ミック・カーン(ベース)、スティーヴ・ジャンセン(ドラム)、リチャード・バルビエリ(キーボード)、ロブ・ディーン(ギター)の5人です。
主要人物はやはりメインソングライターでもあるデヴィッド・シルヴィアンということになりますかね。
デヴィッド・シルヴィアン

デヴィッド・シルヴィアン

出生名:David Alan Batt
生年月日:1958年2月23日
出身地:イングランド ケント ベッケナム
活動期間:1974年~
出典 4knn.tv
そして、Japanサウンドの要であるミック・カーンですね。イケメン代表として語られることも多いデヴィッド・シルヴィアンですが、好みの問題ではあるものの、いやぁ、ミック・カーン男前ですよね。甲乙つけ難いとはまさにこのことでしょうか?!
ミック・カーン

ミック・カーン

出生名:Anthony Michaelides
生誕:1958年7月24日
出身地:キプロス ニコシア
死没:2011年1月4日(満52歳没)
担当楽器:ベース、キーボード、サックス、オーボエ
活動期間:1977年~2011年
ミック・カーンは、顔がどうこうと言うよりも、その余りにも個性的なベース・プレイにつきます。誰も真似ることの出来ない奇妙なフレットレスベースは、後期Japanの肝です!

Turning point

初来日公演を武道館で行うなど、日本では成功していたものの、相変わらずイギリスでは無理され続けていたJapan。もとよりアイドルというポジションに甘んじるつもりもなかったのでしょうし、ずっと模索していたのでしょうが、転機が1979年に訪れます。

シンセポップの第一人者であるジョルジオ・モロダーとのコラボレーションによるシングル「ライフ・イン・トウキョウ」がそれです。
もともとデヴィッド・シルヴィアンの声質もあり翳りのあるサウンドではあったのですが、この曲を転機として次第に前人未踏の耽美的な世界に入っていくことになります。

Japan- Life in Tokyo( Original 12'' Version, 1979)

「ライフ・イン・トウキョウ」に続いて同年にはサード・アルバム「クワイエット・ライフ」がリリースされます。完成度となるとこの後にリリースされるアルバムには及びませんが、ベースやシンセサイザーを主にした本作でJapan独特の、他に類を見ない個性を確立したと言えるかと思います。

しかし、ベースやシンセサイザーが前面に出てくるようになると、逆にギターは目立たなくなり、このことがロブ・ディーンの脱退を招くことになりました。
クワイエット・ライフ

クワイエット・ライフ

1. クワイエット・ライフ
2. フォール・イン・ラヴ・ウィズ・ミー
3. 絶望
4. イン・ヴォーグ
5. ハローウィーン
6. オール・トゥモロウズ・パーティズ
7. 異国人
8. ジ・アザー・サイド・オブ・ライフ

Japan(後期)

ジャパン(後期)

ジャパン(後期)

左からミック・カーン(ベース)、スティーヴ・ジャンセン(ドラム)、デヴィッド・シルヴィアン(ボーカル)、土屋昌巳(ギター)、リチャード・バルビエリ(キーボード)
29 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【JAPAN】日本から火が付いた英国のバンド、ジャパンを振り返ろう。【シルヴィアン】

【JAPAN】日本から火が付いた英国のバンド、ジャパンを振り返ろう。【シルヴィアン】

世界一美しい男と呼ばれたデヴィッド・シルヴィアン率いるバンドJAPAN。日本で熱狂的な人気を誇った後、世界的に知られるようになった途端に解散してしまった彼らの歴史を、曲と共に振り返ろう。
tomakay | 26,276 view
やっぱりメガドラ・・・癖が強いアクションゲーム『DJボーイ』

やっぱりメガドラ・・・癖が強いアクションゲーム『DJボーイ』

2000年代…こんな現代においても、海外から見た日本のイメージは、我々日本人から見ると「ちょっとズレてる」と思う事が沢山あります・・・その逆はどうでしょうか? 1990年代の日本から見たアメリカはこんなイメージかもしれない!?…『DJボーイ』の世界観はまさにソレ!ぶっ飛でるけど面白いゲーム。PS.音ゲーじゃあないよ!
米ミュージアム「ロックの殿堂」が金沢にオープン! ミュージアムの一部無料開放中!!

米ミュージアム「ロックの殿堂」が金沢にオープン! ミュージアムの一部無料開放中!!

アメリカ・オハイオ州クリーブランドにある本家「ロックの殿堂」が2016年8月に日本でオープンする。それに先駆け、6月9日から金沢にあるロックの殿堂ジャパンミュージアムでは、一部無料公開されている。
red | 1,128 view
志摩あつこ「8ビートギャグ」 ミュージシャン本人も似てる!と絶賛の人気キャラから最近の作品までまとめ

志摩あつこ「8ビートギャグ」 ミュージシャン本人も似てる!と絶賛の人気キャラから最近の作品までまとめ

「音楽専科」で「8ビート・ギャグ」、「VIVA ROCK」で「4ビート・ギャグ」を連載していた志摩あつこ。ジャンルを超えたミュージシャン達が顔も性格もそっくりそのままで登場し、ハチャメチャな展開に毎号爆笑。作者の近況や新作も合わせて、懐かしい作品を見てみよう。
tomakay | 26,920 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト