ビール片手に酔っぱらいながら聴くと最高も最高なパブロック。今更ですがビート・クレージー必聴ですな!
2017年9月4日 更新

ビール片手に酔っぱらいながら聴くと最高も最高なパブロック。今更ですがビート・クレージー必聴ですな!

ビート・クレージーであれば、何を今更のパブロックではありますが、このカッコよさはもっと広く知られてしかるべきです。一括りにはできない意外に幅広い音楽性を持ち、個性豊かなミュージシャンたちが奏でるロックンロールは最高も最高!是非ほろ酔い気分で聴いてもらいたいパブロックをご紹介します。

2,847 view

パブロック

パブ

パブ

イギリスでグラムロック後、パンクロック前夜に巻き起こったムーブメント“パブロック”。
荒々しくストレートなロックンロールは、今聴いても十分魅力的なものです。

そもそもパブとはバブリック・バーのことで、日本語に訳すと公共酒場といったところでしょうか。
貴族を相手にしている店をクラブ、ミドル・クラス以上だとサルーンと呼ばれるのに対し、大衆が集う飲み屋がパブです。
そのパブで演奏をすること自体は古くから行われていましたが、70年代にブームが起きます。

因みに、パブといっても様々で、全ての店でライブが出来るわけではありません。パブロッカー達が演奏するのは、日本で言うとライブハウスといったところですね。

ブリンズレー・シュウォーツ

パブロックと一言で言ってもブルース、フォーク、ガレージと音楽性は多様で、バンド・アーティストごとに基本的なスタイルは大きく異なります。

そんな中、パブロックの中心バンドといえば日本ではあまり馴染みはありませんが、ブリンズレー・シュウォーツでしょう。
1969年に結成され1975年に解散していますが、ニック・ロウが在籍していたことでも知られイギリスでは今なお根強い人気を誇っています。
New Favourites of Brinsley ...

New Favourites of Brinsley Schwarz by Brinsley Schwarz

1974年リリース

1. ピース、ラヴ・アンド・アンダースタンディング
2. エヴァー・シンス・ユーアー・ゴーン
3. ジ・アグリー・シングス
4. アイ・ガット・ザ・リアル・シング
5. ザ・ルック・ザッツ・イン・ユア・アイ・トゥナイト
6. ナウズ・ザ・タイム
7. スモール・タウン、ビッグ・シティ
8. トライング・トゥ・リヴ・マイ・ライフ・ウィズアウト・ユー
9. アイ・ライク・ユー、アイ・ドント・ラヴ・ユー
10. ダウン・イン・ザ・ダイヴ
代表曲は1974年6月のシングル「ピース、ラヴ・アンド・アンダースタンディング」で、この曲は通算6作目のアルバム「ニュー・フェイヴァリッツ・オブ・ブリンズリー・シュウォーツ」に収録されています。
アルバムを出せば業界関係者からは好意的に受け入れられながらもセールス的には低迷
する状況を打開しようと、デイブ・エドモンズにプロデュースを依頼.。
入念なプリプロダクションを行い、デイブも出資していたロックフィールド・スタジオにて制作された
’74年7月リリース 通算6作目で彼らの代表作。

Brinsley Schwarz - "What's So Funny 'Bout Peace, Love, and Understanding"

1974年
エルビス・コステロ、ブルース・スプリングスティーンからザ・ストライプスまで多くのミュージシャンがカバーしていることでも知られる名曲「ピース、ラヴ・アンド・アンダースタンディング」。作者はベースを担当していたニック・ロウです。

イアン・デューリー&ザ・ブロックヘッズ

イアン・デューリーは、1974年に1st.アルバム「Wotabunch」、1975年に2nd.アルバム「Handsome」をリリースしたものの上手くいかず、その後ギターのチャズ・ジャンケル等とイアン・デューリー&ザ・ブロックヘッズを結成します。
すると1977年にスティッフ・レーベルから発表したシングル「Sex & Drugs & Rock & Roll」が全英チャートで2位という大ヒットとなり一躍注目を集めました。

Ian Dury And The Blockheads - Sex & Drugs & Rock & Roll (TOPPOP) (1977)

イアン・デューリー&ザ・ブロックヘッズとしての1st.アルバムとなる「ニュー・ブーツ・アンド・パンティーズ」も全英チャート5位となる大ヒットを記録しています。
New Boots and Panties!!

New Boots and Panties!!

1977年リリース

1. ウェイク・アップ・アンド・メイク・ラヴ・ウィズ・ミー
2. スウィート・ジーン・ヴィンセント
3. アブラカダブラ
4. マイ・オールド・マン
5. ビラリキー・ディッキー
6. クレヴァー・トレヴァー
7. イフ・アイ・ウォズ・ウィズ・ア・ウーマン
8. ブロック・ヘッズ
9. プラーストウ・パトリシア
10. ブラックメール・マン
チャキチャキしたリズムと間の抜けたボーカルで世界の全てを唾棄するイアン、そこには労働階級の、不具者の、醜男の社会に対する魂の怒りと共に、一介の教師上がりが世界に対して勝負をかけようとする気概の充満が感じられる。

ザ・パイレーツ

前身は1959年にデビューしたジョニー・キッド&ザ・パイレーツで、1966年にボーカルのジョニー・キッドが亡くなりいったん解散。1976年にザ・パイレーツとして復活しています。

聴きどころは、ミック・グリーンの激しいコードカッティングでしょうか。全てのビート・クレージーの心を捉えて離しません!

The Pirates_ "Lonesome Train" (1977)

意外な感じがしますが、1988年にリリースされたポール・マッカートニーのアルバム「バック・イン・ザ・USSR」にミック・グリーンは参加しています。
違和感を感じないでもありませんが、これがまたカッコいいんですよね。
35 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

広岡 瞬は、現在は、どうしているのか?ロンドンの日本食レストランや結婚

広岡 瞬は、現在は、どうしているのか?ロンドンの日本食レストランや結婚

1979年にTBSドラマ『沿線地図』でデビューした広岡 瞬の若い頃の画像を集めてみました。結婚や引退、ゲイ疑惑事件について。渡英した後のロンドンの日本食レストランの口コミ。80年代のアイドル的存在、イケメン俳優だった広岡瞬の現在までをまとめてみました。
12月にローリング・ストーンズが11年振りとなるスタジオアルバムをリリース!エリック・クラプトンも参加!

12月にローリング・ストーンズが11年振りとなるスタジオアルバムをリリース!エリック・クラプトンも参加!

ロックバンドのザ・ローリング・ストーンズが、スタジオアルバム『ブルー&ロンサム』を12月2日に全世界で発売する。日本盤も同時発売される。偶然にも隣のスタジオでアルバムをレコーディングしていた旧友のエリック・クラプトンも参加している。
【Robbie Williams】Take Thatの一員からスーパーソロアーティストに!ロビー・ウィリアムズの成功への軌跡

【Robbie Williams】Take Thatの一員からスーパーソロアーティストに!ロビー・ウィリアムズの成功への軌跡

90年代のUKミュージックシーンで人気を博した、イギリスの国民的グループTake That(テイク・ザット)のメンバーとして、エンタメ界でのキャリアをスタートさせたRobbie Williams(ロビー・ウィリアムズ)。 1995年にグループを脱退、ソロ活動を開始。97年にリリースされた「エンジェルス」の大ヒットを機に、ソロアーティスト、ロビー・ウィリアムズの黄金時代が幕を開けました。大成功を成し遂げたロビーの軌跡をご紹介します。
Hamanasunohana | 127 view
【Take That】ボーイバンドの走り! イギリス国民に愛されるスーパーバンドの軌跡

【Take That】ボーイバンドの走り! イギリス国民に愛されるスーパーバンドの軌跡

90年代を代表するボーイバンドTake That(テイク・ザット)は 2019年に結成30周年を迎えました。90’sのミュージックシーンをを席巻したスーパーグループの当時の活躍の様子とメンバーの現在をご紹介します!
Hamanasunohana | 312 view
Mr.マリックのテーマでお馴染み!80年代以降の音楽に革命を起こした「Art of Noise」

Mr.マリックのテーマでお馴染み!80年代以降の音楽に革命を起こした「Art of Noise」

イギリスのエレクトロニック・ミュージックグループ「Art of Noise」。同グループのサンプリングを多用した音楽性はその後の音楽シーンに影響を与えました。
かずくん | 930 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト