『BAISER(ベーゼ)』デビューしてすぐ解散したが、90年代のヴィジュアル系を代表するバンドだった!!
2016年10月11日 更新

『BAISER(ベーゼ)』デビューしてすぐ解散したが、90年代のヴィジュアル系を代表するバンドだった!!

BAISERは、90年代にインディーズで活躍したヴィジュアル系ロックバンドでした。デビューを果たしましたが、1年という短い期間で解散しました。綺麗なルックスでメロディアスな楽曲が特徴です。

13,099 view

BAISER(ベーゼ)

BAISER(ベーゼ)

BAISER(ベーゼ)

活動期間:1991年結成し、 2000年に解散。
ヴィジュアル系ロックバンド。
典型的な「90年代のヴィジュアル系バンド」であるが、91年の頃は「ヴィジュアル系」という言葉はまだあまり定着してなかった。っていうか無かったかも。しかし彼らのルックス、音楽性、全てが「ヴィジュアル系」
メインコンポーザーでもある紫の創る歌謡曲じみたメロディーのせいか、線の細いバンドに思われがちではあるが、各楽器隊の演奏は安定していて且つ自己主張も激しく、ロックバンドとしてもかなりアグレッシブな存在だった。アルバムではPOPな曲、HARDな曲、マニアックな曲、煽り倒す曲がバランス良く共存している。

メンバー

紫-YUKARI-(ボーカル)

紫-YUKARI-(ボーカル)

バンド経歴: BAISER → Endorphine → [個人/状況不明]
出典 ameblo.jp
V系らしい美しい世界観を表現した歌詞を多く描き、自身の甘い歌声でそれを活かしている。 バラード系を歌うと女型という事もありとにかく甘く優しい。積極的に作曲を行ないメロディアスな楽曲を作る事を得意とした。 必要に応じてボーカルエフェクトを積極的に用い通常時との対比を行なったいる(毒、Flora等)。ライブでは安定感のある歌声を披露していた。
水月-MIZUKI-(ギター)

水月-MIZUKI-(ギター)

バンド経歴: Iris! →BAISER → Endorphine → [個人/状況不明]
ギターソロにおいては高揚感のあるチョーキングやフレージングを得意とし(プリズム・、エンジェル等)楽曲を多いに盛り上げている。 エフェクティブなサウンドも好んでいるようで様々なエフェクターを飛び道具的に使用する(毒、赤い破片等)。 音色はボトムのしっかりとしたオーバードライブサウンドを用いる事が多い。
零-REI-(ギター)

零-REI-(ギター)

バンド経歴:Iris! → BAISER(Gt.零-REI-) → Swallowtail(Vo.sin) → [個人/状況不明]
シンセギターも使用するリズムギター。君のいない世界ではそのギターシンセサウンドの面白みを大いに楽しむ事ができる。 リズムギターとしての零さんはディストーション系のハイが強い音色を好んでいる。これはリズムギターにしては非常に特徴的であり、 この零さんの音色がBAISER独特の世界観に大きな影響を与えている。
泰祐(ベース)

泰祐(ベース)

バンド経歴: Blanche(Ba.) → PENICILLIN(Gt.) → Deshabillz(Ba.SHAISUKE) → BAISER(泰祐-SHAISUKE-) → Swallowtail(taisuke) → [死去]
BAUSERの演奏陣の中ではもっともアグレシブであり、存在感も大きい。手数が大きく、 躍動感のあるフレーズでBAISERの楽曲を盛り上げている。繊細なサウンドにおいてもベースをおとなしくさせるような手法はあまりとらず、 流れるようなベースラインで数多くの場面でバンドサウンドを引っ張っているといえる。
桂(ドラム)

桂(ドラム)

バンド経歴:SHAZNA → BAISER(桂) → Swallowtail(katsura) → Vinett(katsura) → Cannival Method(Katsura)→ [個人/状況不明]
 V系だけでなく多くのロック音楽は、ダウンビートというスネア(小太鼓)を2・4泊目にもってくるアプローチを好むものなのだが桂さんはそれをあまり用いない。 サビメロでは4ビートでスネアを使用する事も多く、個性的なドラミングである。印象としてはスピード感があり、よりポップな聴こえ方をする。
旧メンバーは、秀楼-HIDEROW-(ギター)、茜-AKANE-(ギター)、灰二-HAIJI-(ベース)、俊美-TOSHIMI-(ドラム)、アキヒロ-AKIHIRO-(ドラム)。
メンバーチェンジ以前は、初期LUNA SEA、初期黒夢に影響されたダーク&ハード系の王道なサウンドをしていた。

バンド経歴

1991年5月、紫を中心にバンドが結成。
91年に東京都内のライヴ・ハウスで活動を開始し、94年にインディ・デビュー。初期からシンセ・ギターとギターを擁する5人編成で分厚くハードなサウンドを志向しており、激しくも妖艶なライヴでアンダーグラウンドでの評価を高めた。
64 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

SMAP25周年のベスト収録50曲が決定!ファンによるリクエスト投票の結果も発表!

SMAP25周年のベスト収録50曲が決定!ファンによるリクエスト投票の結果も発表!

SMAPは25周年を記念して、ファン投票による最後のベストアルバム「SMAP 25 YEARS」を12月21日に発売する。今回、リクエスト投票結果による収録50曲が発表された。
red | 463 view
抜群の美声を持つボーカルにデジタルサウンドが爽快に響くヴィジュアル系ロックバンド『MASCHERA(マスケラ)』

抜群の美声を持つボーカルにデジタルサウンドが爽快に響くヴィジュアル系ロックバンド『MASCHERA(マスケラ)』

兵庫県姫路市を拠点に活動を行ない、インディーズでの活動を経て1997年にシングル「ゆらり」でメジャー・デビューを果たしました。
星ゾラ | 8,950 view
メロディアスなビートロック曲を展開し、ポストGLAYと呼ばれていたヴィジュアル系バンド『D-SHADE』

メロディアスなビートロック曲を展開し、ポストGLAYと呼ばれていたヴィジュアル系バンド『D-SHADE』

D-SHADEは、インディーズシーンで名を上げてデビューしました。数々の音楽番組にも出演を果たし、色々な番組で音楽が起用されました。ヴィジュアル系で多くのファンを持つ。彼らの復活を望んでる人も多い様ですが再結成はなさそうです。
星ゾラ | 16,790 view
メジャーデビューから30周年を迎えた「筋肉少女帯」の名盤の数々を振り返る!

メジャーデビューから30周年を迎えた「筋肉少女帯」の名盤の数々を振り返る!

1982年の結成以来、日本を代表するロックバンドとして君臨し続けている「筋肉少女帯」。1988年のメジャーデビューから今年で30周年を迎えました。この記事では、彼らが世に送り出した名盤の数々をご紹介したいと思います。
バービーボーイズの名曲だらけのアルバムを全て振り返る

バービーボーイズの名曲だらけのアルバムを全て振り返る

バンド「バービーボーイズ」が生み出したアルバムを、ベストも含めて全て振り返ります!名曲が詰まった傑作ばかりです。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト