【竹内まりや】第二弾!女性アイドルの曲がたくさん!楽曲提供で人気になった曲6選
2023年2月8日 更新

【竹内まりや】第二弾!女性アイドルの曲がたくさん!楽曲提供で人気になった曲6選

竹内まりやは、自身の楽曲はもちろんのこと、他のアーティストやアイドルへの楽曲提供でも有名です。多くの場合、作詞・作曲の両方を手がけており、女性アイドルが中心ですが、一部に男性アイドルへの楽曲もあります。今回はその中から、男女混在、シングル・アルバム混在で、人気になった楽曲6選をご紹介します。

499 view

Invitation / 河合奈保子

リリース日:1982年12月1日

作詞:竹内まりや
作曲:竹内まりや
編曲:大村雅朗


『Invitation』は、河合奈保子の11枚目のシングルで、前作『けんかをやめて』に続く竹内まりやの提供曲です。歌詞は、前作の "ちょっと身勝手な女の子の態度" から一変し、"純情で健気な女の子の複雑な心情" が描かれています。本曲もまた、オリコンシングルチャート8位のヒットとなりました。

竹内まりやからの楽曲提供は、シングルでは『けんかをやめて』と『Invitation』の2曲のみです。

Invitation / 河合奈保子

元気を出して / 薬師丸ひろ子

リリース日:1984年2月14日

作詞:竹内まりや
作曲:竹内まりや
編曲:椎名和夫


『元気を出して』は、薬師丸ひろ子の初のソロ・アルバム『古今集』の収録曲で、A面のオープニングを飾る楽曲です。これまで一度もシングル化されていませんが、1988年に竹内まりや自身がセルフカバーし、17枚目のシングルとしてリリースしました。元々は薬師丸ひろ子に向けて書いた楽曲ですが、現在では、竹内まりやのシングルで最も人気のある曲の一つとなっています。

アメリカのシンガーソングライター、カーリー・サイモンが離婚した際に憔悴した様子を見て「彼女を元気づけたい思いで書いた」という特別な曲です。

元気を出して / 薬師丸ひろ子

ファースト・デイト / 岡田有希子

リリース日:1984年4月21日

作詞:竹内まりや
作曲:竹内まりや
編曲:萩田光雄


『ファースト・デイト』は、岡田有希子のアイドル歌手としてのデビュー曲で、本人が出演したグリコ「カフェゼリー」のCMソングです。以後は "学園三部作" と称して、3作連続で竹内まりやが作詞・作曲を手がけました。本曲は、オリコンシングルチャートで20位ながら、2枚目のシングル『リトル・プリンセス』は14位、3枚目の『-Dreaming Girl- 恋、はじめまして』は7位と、着実に人気を獲得していきました。その年の暮れの賞レースでは、各大賞の「最優秀新人賞」を総なめにしています。

岡田有希子への楽曲提供は特に多く、その後も、6枚目のシングル『哀しい予感』やアルバム収録曲など、竹内まりやの作品は10曲以上に登ります。

ファースト・デイト / 岡田有希子

駅 / 中森明菜

リリース日:1986年12月24日

作詞:竹内まりや
作曲:竹内まりや
編曲:椎名和夫


『駅』は、竹内まりやの代表曲としてあまりにも有名ですが、元々は、中森明菜の10作目のアルバム『CRIMSON』の収録曲として書いた楽曲です。アルバム全10曲のうち、半分を竹内まりやが、残り半分を小林明子が手がけました。本曲は2曲目に収録されています。

翌1987年に、竹内まりやが16枚目のシングルとしてセルフカバー。1991年には、映画『グッバイ・ママ』の主題歌に起用され、有名になりました。

駅 / 中森明菜

友だちへ〜Say What You Will〜 / SMAP

リリース日:2005年1月19日

作詞:エリック・クラプトン、サイモン・クライミー
作曲:エリック・クラプトン、サイモン・クライミー
編曲:小林武史
日本語詞:竹内まりや


『友だちへ〜Say What You Will〜』は、エリック・クラプトンの楽曲『Say What You Will』カバーで、SMAPの36枚目のシングルです。原曲は、2005年「愛・地球博」の公式アルバム『Love The Earth』用に書かれた曲で、エリック・クラプトン自身のソロ・アルバム『バック・ホーム』にも収録されています。編曲を小林武史、そして日本語詞を竹内まりやが手がけました。

SMAPにとっては、大ヒット曲『世界に一つだけの花』以来、約2年ぶりの楽曲でしたが、オリコンシングルチャートで見事ナンバーワンを獲得しています。

友だちへ〜Say What You Will〜 / SMAP

みんなひとり / 松たか子

リリース日:2006年11月29日

作詞:竹内まりや
作曲:竹内まりや
編曲:村山晋一郎


『みんなひとり』は、松たか子の20枚目のシングルで、自身が主演したフジテレビ系ドラマ『役者魂!』の主題歌です。『時の舟』以来2年ぶりに、オリコンシングルチャートのトップ10入りを果たしました。本マキシシングルには4曲が収録されており、本曲を除く残り3曲はすべて、松たか子が作詞・作曲を手がけた作品です。

翌2007年、竹内まりやがアルバム『Denim』で本曲をセルフカバーし、松たか子がバックコーラスで参加しました。

みんなひとり / 松たか子

おわりに

二回にわたってご紹介した竹内まりやの楽曲提供、いかがでしたでしょうか。女性アイドルの魅力を存分に発揮しつつ、本人のセルフカバーも違った魅力のある名曲ばかりです。機会があれば、竹内まりやのセルフカバー曲を特集でご紹介したいと思います。
20 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【竹内まりや】アイドルとどっちが好き?竹内まりやのスゴさがわかるセルフカバー7選

【竹内まりや】アイドルとどっちが好き?竹内まりやのスゴさがわかるセルフカバー7選

女性アイドルへの楽曲提供と言って、筆頭に上がるソングライターといえば竹内まりやでしょう。これまで多くのヒット曲、名曲を生み出し、大衆に親しまれてきました。そして、シンガーも本業である彼女はそれらをセルフカバーし、アイドルとは全く違った彼女の世界観を作り出しています。今回は、そんなセルフカバー7選をご紹介します。
izaiza347 | 753 view
【来生えつこ&来生たかお】姉弟コンビの作詞作曲でヒットした歌謡曲6選

【来生えつこ&来生たかお】姉弟コンビの作詞作曲でヒットした歌謡曲6選

来生えつこ・来生たかおの実姉弟は各々作詞家、作曲家として活動していますが、特に、姉弟の共作からは多くの名曲が誕生しています。また、来生たかおは歌手でもあり、姉との共作を彼自身が歌うこともあります。今回は、姉弟コンビの作品の中から、特に話題になった楽曲6選をご紹介します。
izaiza347 | 1,585 view
音楽配信サイト"AWA"でミドルエッジがお届けする「昭和J-popに酔いしれる!!」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"でミドルエッジがお届けする「昭和J-popに酔いしれる!!」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"で公式プレイリスターとして情報提供しているミドルエッジがお届けする「‘70 ‘80 ‘90 Best」シリーズ!今回はその集大成と言える「昭和J-popに酔いしれる!!」に収録した84曲の一部をライナーノーツ的に紹介します。曲のチョイスは「何故この曲?」なんて堅いことは言いっこなし(笑、有線さながらのバックミュージックに使えて、そして懐かしむミドルエッジの王道を是非ご堪能ください。
楽曲提供も多い!中島みゆきさんの名曲たち

楽曲提供も多い!中島みゆきさんの名曲たち

シンガーソングライターとして第一線で活躍し続けている中島みゆきさん。他のアーティストへの楽曲提供も多いですよね。ご本人がセルフカバーしているケースも多いです。中島さんが楽曲提供した曲をまとめました。
saiko | 264 view
【阿久悠&三木たかし】史上最強の作詞作曲コンビ!全458作品の中から名曲7選

【阿久悠&三木たかし】史上最強の作詞作曲コンビ!全458作品の中から名曲7選

昭和歌謡を代表する作詞家・阿久悠と作曲家・三木たかし。二人がコンビを組み、生み出した作品は全458曲に上ります。2007年に阿久悠が、2009年に三木たかしが相次いで亡くなりましたが、今も二人の曲は歌い継がれ、日本人の心に生き続けています。数多ある作品の中から、今回は昭和にヒットした7曲をご紹介します。
izaiza347 | 481 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト