【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!幕ノ内一歩VS真田一樹
2020年4月18日 更新

【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!幕ノ内一歩VS真田一樹

ミドルエッジ世代が胸を熱くして読んだボクシング漫画『はじめの一歩』。数々の名勝負がありますが、今回は日本タイトルを奪取した一歩が迎えた初防衛戦について振り返っていきたいと思います。一歩と挑戦者の真田の戦いの裏にある、名伯楽同士の知恵比べという要素も面白いです。

957 view

『はじめの一歩』とは?

はじめの一歩

はじめの一歩

作者 :森川ジョージ
出版社:講談社
連載誌:週刊少年マガジン
発表号:1989年43号~
『はじめの一歩』(はじめのいっぽ)は、ボクシングを題材とした森川ジョージによる日本の漫画作品。1989年から『週刊少年マガジン』(講談社)で連載中。
母子家庭のいじめられっ子であり、釣り船屋を親子で支えている主人公・幕之内一歩が、プロボクサー鷹村守との出会いをきっかけに鴨川ボクシングジムに入門。「強いとは何か?」という問いの答えを求め、プロボクサーとして、また人間としても成長していく過程を、周囲との交流やライバル達との戦いを通じて描いてゆく。

幕ノ内一歩VS真田一樹

圧倒的な強さを誇ったチャンピオン・千堂から日本タイトルを奪った一歩でしたが、その直後にチャンピオンカーニバルが開催され、チャンピオンは最強の挑戦者を迎え撃たねばなりません。
一歩は日本タイトルの初防衛戦として、一位にランキングされたばかりの真田との試合が決まるのでした。
そして、今回の試合では、一歩と真田の対決という要素の他にも、お互いのトレーナーである鴨川会長と浜団吉の愛弟子対決といった意味合いを持っていました。両者はボクサーとして現役で活躍していたころからのライバル同士で、愛弟子たちの試合を通じて、昔からの因縁に決着をつけたいと考えていました。

幕ノ内一歩

千堂を倒して念願の日本タイトルを手に入れた一歩でしたが、王座に着いたばかりのため、精神的にも成熟したチャンピオンとは言えません。実力で勝ち取った日本タイトルではありますが、チャンピオンとしての自覚は薄いです。

一歩の強さとは

得意なパンチは、リバーブロー・ガゼルパンチ・デンプシーロール。そして、これまでの数々の激戦で見せてきた『勇気』こそ、幕ノ内一歩の最強の武器といえるでしょう。
敗戦も経験して、ボクシングが好きというだけではなく、「負けたくない」という勝負へのこだわりも持つようになりました。

試合にかける意気込み

試合前日までは日本チャンピオンとしてリングに上がることに対してプレッシャーを感じていませんでした。しかし、釣り船『幕ノ内』の常連客の応援を受け、ファンや周囲からの期待に応えなければならないという気持ちが強くなり、試合当日には一気に重圧を感じて、初防衛を白星で飾ることを強く意識するようになりました。

真田一樹

現役プロボクサーながら、医学生としての顔も持つ特異な存在です。過去にはジュニアフェザー級の日本チャンピオンになったほどの逸材。自分の強さを試したくて、更なる強敵を求め、日本タイトルを返上してまでも上の階級に挑戦することを決めました。

飛燕

真田のトレーナーである浜団吉に授けられたテクニックで、通常はパンチを放つと、拳を元の位置に戻してから次のパンチを打つ動作に映りますが、飛燕は元の位置まで拳を戻さずに手首のスナップを利かせて打つパンチとなります。左の連打を前提としたテクニックで、ジャブやストレートからフック・アッパーにつなげるといったように多彩なバリエーションをもつことも特徴といえるでしょう。

2羽目の燕

正式名称は燕返し。飛燕は牽制しながらダメージを与える特性があるのに比べ、こちらのパンチは対戦相手の意識を絶つブローとなります。一見するとダブルの右アッパーですが、二発目のアッパーは拳の向きを変えてブロックにねじ込むように打ちます。
ボクシングのグローブは横は約17cm・縦は約10cmとなっており、拳の向きを変えることで、対戦相手のブロックをすり抜けてしまうパンチです。

日本タイトル・初防衛戦

試合直前、鴨川会長はガチガチに入れ込んでいた一歩に、試合のリズムを掴むため、真田の一発目のパンチをかわすように指示を出します。そして、試合開始のゴングが鳴ると、一歩は鴨川会長の指示通りに真田のパンチをかわすことを意識して、さらに固くなってしまいます。
真田は初っ端からジャブで牽制することはせず、右ストレートを打ちました。意表をつかれた一歩はパンチをかわせず貰ってしまいます。真田は一歩が初防衛戦で固くなっていたことを見抜いていて、思い切り大砲を打ち込んできたのです。その後も真田は連打を叩き込んできますが、一歩の動きを医学的見地から察して、反撃してくることを見切って深追いするようなせず、軽々と一歩のアッパーをかわしてみせるのでした。
31 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!宮田一郎VSアーニー・グレゴリー

【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!宮田一郎VSアーニー・グレゴリー

現在も連載中でミドルエッジ世代から圧倒的な人気を誇るボクシング漫画『はじめの一歩』。 今回の記事では、主人公・一歩のライバルであり、憧れの存在である宮田一郎が東洋太平洋タイトルに挑戦する試合について振り返っていきます。対戦相手でありながら紳士的な戦いぶりをみせるアーニーにも好感がもてる対戦です。
tsukumo2403 | 38 view
【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!鴨川源二VSラルフ・アンダーソン

【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!鴨川源二VSラルフ・アンダーソン

ミドルエッジ世代の青春といえるボクシング漫画『はじめの一歩』。今回は主人公・一歩の師匠といえる鴨川会長の若き日のエピソードを振り返っていきます。現代のボクシングでは絶対にありえないマッチメイクですが、だからこそ熱くなってしまい、惹き付けられる魅力があるように思えます。
tsukumo2403 | 877 view
【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!幕ノ内一歩VS沢村竜平

【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!幕ノ内一歩VS沢村竜平

現在でも根強い人気を誇るコミック『はじめの一歩』。これまで数々の激戦が描かれてきましたが、主人公・一歩が最も苦戦した試合といえば、沢村竜平との対決を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。今回の記事では、幕ノ内一歩VS沢村竜平のデンプシーロール破り破り…について振り返っていきましょう。
tsukumo2403 | 906 view
【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!幕ノ内一歩VS島袋岩男

【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!幕ノ内一歩VS島袋岩男

ミドルエッジ世代の青春の1ページと言っても過言ではない『はじめの一歩』。今回の記事では同キャラ対決といえる対決、幕ノ内一歩と島袋岩男の試合を振り返っていきたいと思います。海で育ってきたという境遇や、選手としてもクロスレンジでの打ち合いを得意とするファイタースタイルなど、似ている要素が多い両者の戦いぶりを見ていきましょう。
tsukumo2403 | 740 view
【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!青木勝VS今江克孝

【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!青木勝VS今江克孝

多くのミドルエッジ世代が胸を熱くしたであろう「はじめの一歩」。今回は、作中の数々の名試合の中でも、凡人同士の激戦を描いた青木VS今江戦に注目していきます。見逃せない展開や試合内容を振り返って、面白いポイントや感動をぜひ共有しましょう。
tsukumo2403 | 734 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト