80,90年代の卒業式定番ソング
2016年4月1日 更新

80,90年代の卒業式定番ソング

春は出会いと別れの季節ですね。誰もが、何度か経験している卒業式。泣きじゃくった人、大いに盛り上がった人、それとなく終わった人、それぞれ卒業式の思い出はあると思います。そこで、ここではミドルエッジ世代が卒業式で歌った定番ソングを紹介します。アナタの思い出に残っている曲はありますか?

34,807 view
大地を賛辞している曲が、何故卒業ソングにという疑問は残りますが、やはり合唱しやすい、壮大な感じがするから定番卒業式になったのかもしれません。
そして、今も歌われ続けています。
「大地讃頌」(だいちさんしょう)は、1962年に大木惇夫の作詞で佐藤眞が作曲した「混声合唱とオーケストラのためのカンタータ『土の歌』」の終曲である。この曲のみ独立して歌われる機会が多く、現在では中学校の合唱コンクールや卒業式などでも歌われている。

思い出がいっぱい

想い出がいっぱい - YouTube

出典 youtu.be
アニメ「みゆき」のエンディングテーマ曲。
タイトルどおり、アルバムをめくりながら学生時代の思い出を振り返れる歌詞に涙を誘われました。
高校生くらいになると、卒業式前後のカラオケで仲間内で歌った人も多いのではないでしょうか?
「想い出がいっぱい」(おもいでがいっぱい)は、H2Oの5枚目のシングル。1983年3月25日発売。

2000年代に入ってからは、中学校の音楽の教科書にも掲載されている。

時代

時代 -ライヴ2010~11- (東京国際フォーラムAより) - YouTube

出典 youtu.be
中島みゆきの名曲中の名曲。
合唱で歌うことはもちろん、卒業生入場や退場の際のBGMで使われる事が多かった。
切なく感動的な雰囲気になりますよね。
「時代」(じだい)は、中島みゆきが作詞・作曲した歌。1975年に中島自身によって発表され、同年に中島の2作目のシングルとしてキャニオン・レコードからリリースされた。その後も別バージョンがたびたび作られ、アルバムやシングルに収録されている。また、他の多くの歌手によってもカバーされている。

なごり雪

なごり雪 イルカさん - YouTube

出典 youtu.be
主に東北地方や北陸地方など雪国を中心に、まだ外を見ると、若干雪が残っている地域だと、まさにぴったりな曲。BGMとしてよく使われていました。
「なごり雪」(なごりゆき)は、伊勢正三が作詞・作曲したかぐや姫の楽曲。

じゃあね

おニャン子クラブ - じゃあね (ファイナルコンサート) - YouTube

出典 youtu.be
当時人気絶頂だった「おニャン子クラブ」の代表的卒業ソング。一見、卒業式?という印象は受けますが、今の時代AKBを歌う学校もあるらしいですから、若い先生とかが卒業ソング決めていた学校で歌っていたのでしょうね。
「じゃあね」とは、おニャン子クラブの楽曲で、3枚目のシングルである。1986年2月21日に発売(発売元はキャニオン・レコード)。同グループ初のオリコンシングルチャート1位獲得となり、グループ最大のヒット曲である。

春なのに

柏原芳恵 春なのに - YouTube

出典 youtu.be
52 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

卒業式のテーマソングと言えば?必ず歌った卒業式での歌と言えば?

卒業式のテーマソングと言えば?必ず歌った卒業式での歌と言えば?

卒業式をテーマにした歌はいっぱいあります。カラオケで歌った、懐かしい卒業式をテーマにした歌と言えば?
卒業式シーズンには「はなむけ」の言葉ですね、そう「鼻向け」の言葉…

卒業式シーズンには「はなむけ」の言葉ですね、そう「鼻向け」の言葉…

2月といえば、バレンタインもあるけれども、学生さんには受験の時期。そしてその先にある「卒業式」。社会人さんも職場での異動や転職などで転機の時期かもしれません。今回は、そういう人生の節目や転機のときに、旅立ちをする相手に対して行う行為についての民俗コネタです。
山崎敬子 | 1,184 view
卒業ソングの定番、海援隊『贈る言葉』は失恋ソングだった!?

卒業ソングの定番、海援隊『贈る言葉』は失恋ソングだった!?

人気ドラマの主題歌として有名な海援隊の「贈る言葉」。 卒業シーズンにもよく歌われる名曲ですが、実は作詞をした武田鉄矢の自身による失恋が題材となって書かれた曲だったのです。知られざる失恋エピソードとは?
モンステラ | 2,284 view
H2O『想い出がいっぱい』大人の階段昇る 君はまだシンデレラさ~

H2O『想い出がいっぱい』大人の階段昇る 君はまだシンデレラさ~

1983年にフジテレビ系アニメ『みゆき』エンディング曲に起用されて大ヒット。多くの歌手やグループがカバーし、卒業ソングの定番ともなっているこの名曲を改めて振り返る。
小さいおっさん | 10,905 view
どの【卒業】が好き?

どの【卒業】が好き?

同時期にリリースされた今も人気の3曲の卒業ソング。 10代の葛藤を代弁した尾崎豊。 甘酸っぱい青春の1ページを歌った菊池桃子。 卒業式の情景が蘇ってくる斉藤由貴。 あなたはどの”卒業”が好きですか?
かけつけ3杯 | 2,698 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト