村上春樹「風の歌を聴け」 の映画版!真行寺君枝も出演!原作には引っかけがありました!
2017年1月30日 更新

村上春樹「風の歌を聴け」 の映画版!真行寺君枝も出演!原作には引っかけがありました!

村上春樹のデビュー作「風の歌を聴け」。映画化するにあたり、起用された大森一樹の脚本も秀逸でした。独自の描写も加えられた本作。原作ファンとしても楽しめました!原作についても触れます。

5,960 view

村上春樹の小説を映画化!「風の歌を聴け」

村上春樹のデビュー小説。1979年、第22回群像新人賞を受賞し、同年刊行。応募時のタイトルは「Happy Birthday and White Christmas」。
「僕」と友人の「鼠」を主な登場人物とする、いわゆる初期三部作の第1作。
※他の2作は「1973年のピンボール」と「羊をめぐる冒険」
 (1620628)

映画のポスター
夏休みに、生まれ故郷の海辺の街に帰省した主人公の大学生と、馴染みのバーでの旧友との再会や、女の子との出会いを描く。
七十九年度『群像』新人文学賞を受賞した村上春樹の同名の小説の映画化で脚本・監督は「ヒポクラテスたち」の大森一樹、撮影は渡辺健治がそれぞれ担当。

あらすじ

冒頭、ハートフィールドの小説「火星の井戸」が字幕で紹介されます。

「僕」は、神戸行ドリーム号のチケットを買おうとしますが、すでにドリーム号はないと断られます。ある意味、後の「ノルウェイの森」と同じ切り口が使われています。そして、「僕」は、9年前の「僕」を追体験します・・・・。

当時大学生であった「僕」は東京から帰省のため、ドリーム号に乗り込みます。ぼくが先ず行ったのが、中国人のジェイ(坂田明さん)が経営する「ジェイズ・バー」でした。「鼠」と再会します。彼は、短篇映画を撮っていました。
ビールを飲んで再会を祝う二人。僕と鼠の出会いは、二人が鼠の運転する車に乗っていて横転したときだ。怪我一ツなかったツキを大切にしようと二人はコンビを組んだ。鼠の家は大金持ちで、彼は今、大学を退学している。
 (1620696)

ジェイズバーでの三人
左から僕(小林薫)とジェイ(坂田明)と鼠(巻上公一)
僕は数日後にジェイズ・バーを訪れ、飲んだくれの女に出会う。
彼女を家まで送って行き、朝を迎える。

「意識を無くした女の子と寝るような奴、最低よ」と女に言われ、「でも何もしてないよ」と僕は言い返す。しかし、信じてくれない。

仕事があるという女を車で送っていく僕。
車を降り、雑踏に消えていく女。
 (1620484)


女の子(真行寺君枝)
僕に放送局から電話が入った。DJが言うには“ビーチ・ボーイズ”の「カリフォルニア・ガールズ」を僕にプレゼントのリクエストした女の子がいると言う。

高校時代、クラスメイトにそのレコードを借りて返していないことを思い出した僕はレコード店に入った。その店にあの女がいた。女と僕は次第に打ちとけていく。

僕はかつて三人の女と寝たことがあり、その場面を思い出した。女には小指がなく、それが双子の姉と唯一の区別になっていると言う。

父を憎み、金持ちを嫌う鼠は、8ミリ映画を作っている。
 (1620736)

レコード店での様子
夏休み終盤。
ジェイが言う。
「皆帰る所があるけど鼠には、そんな場所がないんだ」

青春の終わりと夏の終わりが重なる僕。
秋になり、8mmフィルムが送られてきた。鼠からだった。
土を堀り続ける主人公の映画。

10年後のシーン。
ジェイズバーを訪れるが、そこは廃墟となっていた。

映画の世界観が分かる予告

Hear the Wind Sing 「風の歌を聴け」 (1981) Trailer 予告編 - YouTube

原作との違い

大森は「自分の映画の一要素として原作を扱った」と語っており、原作のストーリーをなぞりつつも、「小指のない女の子」の双子の姉妹や鼠の女を明示的に登場させたり、10年後の荒廃した「ジェイズ・バー」など独自のエピソードを加えている。

また原作で鼠は小説を書いていたが、映画では8ミリ映画製作に替わっている。なお、原作に忠実なシーンとしては鼠と「僕」の出会いのシーンなどが挙げられる。
ほか、『1973年のピンボール』のストーリーを意識したと思われる場面も登場する。

また、原作の時代設定は1970年の8月8日から8月26日であるが、同年にはまだ存在していない神戸行き高速バスが登場するなど、原作より数年後に時代が置換されていると考えられている。

ヒロインは真行寺君枝でした!

(しんぎょうじ きみえ、1959年9月24日 - )は、日本の女優。本名同じ。
生島企画室所属。東京都大田区出身。血液型AB型。東京都立大崎高等学校卒業。

ミュージシャンの大口広司は元夫。長男、大口弦人も同じくミュージシャン。

1976年に資生堂秋のキャンペーン「ゆれる、まなざし」で本格デビュー。
 (1620764)

キャッチコピーも印象的
39 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「ホイチョイ・プロダクションズ」の馬場康夫が送る!『この1本!超人気映画シリーズ、ひとつだけ見るならコレ』が好評発売中!

「ホイチョイ・プロダクションズ」の馬場康夫が送る!『この1本!超人気映画シリーズ、ひとつだけ見るならコレ』が好評発売中!

小学館より、時間がない現代人に贈る新感覚シネマガイド『この1本!超人気映画シリーズ、ひとつだけ見るならコレ』が現在好評発売中です。
隣人速報 | 410 view
女優・水野真紀(51)が幼少期の貴重な写真を蔵出し!ミドル世代必携の“あの英単語帳”の写真も!!

女優・水野真紀(51)が幼少期の貴重な写真を蔵出し!ミドル世代必携の“あの英単語帳”の写真も!!

女優・水野真紀(51)がこのたび、自身のインスタグラムにて幼少期の貴重な写真を投稿し、ファンを中心に大きな話題となっています。
隣人速報 | 2,144 view
君島一郎の次男との結婚で話題となった!美容家・君島十和子(55)、すっぴん&夫婦2ショットを披露!!

君島一郎の次男との結婚で話題となった!美容家・君島十和子(55)、すっぴん&夫婦2ショットを披露!!

元女優・モデルで、現在は美容家として活躍する君島十和子(55)がこのたび、自身のインスタグラムにてノーメイクの“すっぴん”を公開し、ファンを中心に大きな話題となっています。
隣人速報 | 9,300 view
「団地妻 昼下りの情事」など多数の名作を輩出した『日活ロマンポルノ』がついに50周年!新作3本の製作がまさかの決定!!

「団地妻 昼下りの情事」など多数の名作を輩出した『日活ロマンポルノ』がついに50周年!新作3本の製作がまさかの決定!!

「日活ロマンポルノ」が2021年で50周年を迎えたのを記念し、記念プロジェクトの一環として新作が3本製作されることが明らかとなりました。
隣人速報 | 6,329 view
「氷の微笑」以来のセクシーショット!?シャロン・ストーン(63)が若々しいビキニ姿を披露!!

「氷の微笑」以来のセクシーショット!?シャロン・ストーン(63)が若々しいビキニ姿を披露!!

映画「氷の微笑」などのヒットで知られる女優のシャロン・ストーン(63)が、自身のインスタグラムにて黄色いビキニを着用した写真を投稿、その若々しさ溢れる姿が大きな話題となっています。
隣人速報 | 20,472 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト