音ゲーはビートマニアから始まった!
2017年1月24日 更新

音ゲーはビートマニアから始まった!

今や「太鼓の達人」や「ポップンミュージック」など、音ゲーと呼ばれるジャンルは「ビートマニア」によって確立された! その歴史をひもとくと・・・。

13,329 view

Konami コナミ

グラディウスを筆頭にシューティングゲームの名門ゲームメーカーと認知されてきたコナミ!
ビートマニアの発表で、音ゲーと呼ばれるゲームジャンルを確立した。

beatmania ビートマニア

音ゲーブームのきっかけを作ったビートマニア1作目。

画面上から降りてくる譜面に合わせて鍵盤をたたくだけ、というシンプルさは万人に受け入れられた。

上級プレイヤーのプレイにはギャラリー(見物人)からの歓声が上がることも!
2002年7月稼動の第13弾「beatmania THE FINAL」がシリーズ最終作となる。
http://kentorot.img.jugem.jp/20130123_363193.jpg (574652)

Beatmania The FINAL - YouTube

1人で1Pと2Pを同時に操作する(Double Play)など、ギャラリーに対して魅せる要素を取り入れたプレイヤーが現れる。これは後にメーカー側もプレイオプションとして取り入れることとなる。

[beatmania THE FINAL] Joshua. - EXPERT+ MODE DOUBLE CLEAR (1080p, FULL COURSE) - YouTube

私はシングルプレイでもクリアーできません・・・

beatmaniaの歴代バージョン

beatmania(1997年12月10日稼動開始)
beatmania 2ndMIX(1998年3月18日稼動開始)
beatmania 3rdMIX(1998年9月28日稼動開始)
beatmania complete MIX(1999年1月19日稼動開始)
beatmania 4thMIX -the beat goes on-(1999年4月26日稼動開始)
beatmania 5thMIX -Time to get down-(1999年9月22日稼動開始)
beatmania complete MIX 2(2000年1月27日稼動開始)
beatmania ClubMIX(2000年3月28日稼動開始)
beatmania featuring DREAMS COME TRUE(2000年5月31日稼動開始)
beatmania CORE REMIX(2000年11月28日稼動開始)
beatmania 6thMIX -THE UK UNDERGROUND MUSIC-(2001年7月11日稼動開始)
beatmania 7thMIX -keepin' evolution-(2002年1月31日稼動開始)
beatmania THE FINAL(2002年7月26日稼動開始)
※本シリーズの最終作。全189曲の収録を実現。
 現在でも全国各地で現役稼動している。

beatmania IIDX ビートマニアⅡDX

beatmania IIDX(1999年2月26日稼働開始)
より高度なテクニックが必要となったが、多くのゲームマニアに支持された。
近年は年1回のバージョンアップで現在も全国で稼働中。
最新は2014年9月より稼動中の beatmania IIDX 22 PENDUAL
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/ja/thumb/5/52/Iidx15.jpg/250px-Iidx15.jpg (574660)

ビートマニアの5鍵+ターンテーブルからⅡDXでは7鍵+...

ビートマニアの5鍵+ターンテーブルからⅡDXでは7鍵+ターンテーブルに。

1P側のターンテーブルが逆配置に!
※ダブルプレイを配慮してだったが、シングルプレイでは好みが(私は2P側でのプレイがやり易かった)

冥 (a) / player:DOLCE. - YouTube

指先の動き・・・ついていけません・・・

【beatmania IIDX 22 PENDUAL】LEGGENDARIA譜面7つ FULLCOMBO - YouTube

このプレイ、すごいですね・・・

beatmania IIDXの歴代バージョン

beatmania IIDX(1999年2月26日稼働開始)
 キャッチフレーズは「時代を震わす鼓動を刻め!!」
 本作品に限り、「1st style」と呼ばれる場合がある。
beatmania IIDX substream(1999年7月27日稼働開始)
 キャッチフレーズは「The next respect」
beatmania IIDX 2nd style(1999年9月30日稼働開始)
 キャッチフレーズは「譜面(ビート)の向こうへ駆け抜けろ。」
beatmania IIDX 3rd style(2000年2月25日稼働開始)
 キャッチフレーズは「WELCOME TO THE CYBER-beat-NATION」
beatmania IIDX 4th style(2000年9月28日稼働開始)
 キャッチフレーズは「TRIP THE DEEP」
beatmania IIDX 5th style(2001年3月27日稼働開始)
 キャッチフレーズは「IIDX FOR THE NEW CENTURY」[14]
beatmania IIDX 6th style(2001年9月28日稼働開始)
 キャッチフレーズは「艶~THE PRIMARY VIVID IIDX」
beatmania IIDX 7th style(2002年3月27日稼働開始)
 キャッチフレーズは「JEWEL SHOWER」
beatmania IIDX 8th style(2002年9月27日稼働開始)
 キャッチフレーズは「Break the Future!」
beatmania IIDX 9th style(2003年6月25日稼働開始)
 本作からe-AMUSEMENTに対応。
beatmania IIDX 10th style(2004年2月18日稼働開始)
 キャッチフレーズは「「十」代重ねるビートの血脈。「重」く響き渡る脈動。「充」たされるBLOOD。」
beatmania IIDX 11 IIDX RED(2004年10月28日稼働開始)
 キャッチフレーズは「赫(あか)に、染まりな。」
beatmania IIDX 12 HAPPY SKY(2005年7月13日稼働開始)
 キャッチフレーズは「Just Got Splash Beats!」
beatmania IIDX 13 DistorteD(2006年3月15日稼働開始)
 キャッチフレーズは「轟響」
beatmania IIDX 14 GOLD(2007年2月21日稼働開始)
 キャッチフレーズは「Are You Ready Come on! It's Party Time!」
beatmania IIDX 15 DJ TROOPERS(2007年12月19日稼動開始)
 キャッチフレーズは「「撃鉄(トリガー)」は引かない。「戦律(せんりつ)」を打て。」
beatmania IIDX 16 EMPRESS(2008年11月19日稼働開始)
 キャッチフレーズは「超(ちょう)、頂(ちょう)、蝶(ちょう)、煌(きらめ)く―。」
beatmania IIDX 17 SIRIUS(2009年10月21日稼働開始)
 キャッチフレーズは「音条の響、光条の輝。」
beatmania IIDX 18 Resort Anthem(2010年9月15日稼動開始)
 キャッチフレーズは「Blaze through the resort party!」
beatmania IIDX 19 Lincle(2011年9月15日稼動開始)
 キャッチフレーズは「可憐(ラブリー)×響音(ドライブ)=新連鎖(ニューリンクル)。」
beatmania IIDX 20 tricoro(2012年9月19日稼働開始)
 キャッチフレーズは「輪音転奏(Next Link Various Tunes Change The World [TRI] For The Future !!!)。」
beatmania IIDX 21 SPADA(2013年11月13日稼動開始)
 キャッチフレーズは「鍵士とは、叩っ斬ることと みつけたり。」
beatmania IIDX 22 PENDUAL(2014年9月17日稼働開始)
 キャッチフレーズは「時、行き交わう。弐つの振音」

beatmania III

2000年登場のDJスタイルのビートマニア直系、第3弾にあたるが稼動店舗は少なかった。※先行出荷の販売分で製造打ち切りとなった。
シリーズ最終作は2002年8月のbeatmania III THE FINAL
85 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

MSX後期、ゲームメーカーとして気を吐いたマイクロキャビン!提供するゲームには心躍る秀麗なBGM(FM音源+PSG)が用意されました。

MSX後期、ゲームメーカーとして気を吐いたマイクロキャビン!提供するゲームには心躍る秀麗なBGM(FM音源+PSG)が用意されました。

MSXユーザーには隆盛を誇ったMSX→MSX2時代のユーザーと、先細って行ったMSX2+→MSXturboR時代のユーザーがいますが、後者の時代にMSXユーザー向けにゲームソフトを提供し続けてくれた会社といえば、コナミとともにマイクロキャビンの名があげられます。なかでもMSXのFM音源を最大限に活かした秀麗なBGMを作り続けたマイクロキャビンを忘れる訳にはいきません。
青春の握り拳 | 5,439 view
【ハイパーオリンピック】連打!連打!そしてタイミング!指の爪でボタンをこすりつけたり必死でした!!

【ハイパーオリンピック】連打!連打!そしてタイミング!指の爪でボタンをこすりつけたり必死でした!!

みなさんコナミの「ハイパーオリンピック」遊びましたか?アーケード、ファミコン、MSXなどで販売されましたが、どれで遊んでも「連打連打!」「タイミング!」で、とにかく慌ただしいゲームでしたよね。まさに体育会系のゲーム、それが「ハイパーオリンピック」でした。
青春の握り拳 | 14,154 view
母親ブタはオオカミより強かった!!シューティングファミコンゲーム『プーヤン』

母親ブタはオオカミより強かった!!シューティングファミコンゲーム『プーヤン』

プーヤンは1982年10月にコナミから発売されたアーケードゲームをハドソンがファミコンソフトで発売しました。ゲームのキャラクターが可愛らしく人気がありました。
星ゾラ | 5,753 view
コナミがMSX向けに開発したSCC音源はFM音源にも負けない!PSG音源に甘んじていたMSXユーザーに希望を与えてくれました。

コナミがMSX向けに開発したSCC音源はFM音源にも負けない!PSG音源に甘んじていたMSXユーザーに希望を与えてくれました。

MSXに力を注ぎ、専用のゲーム音源「SCC音源」を開発してくれたのがコナミ。当時のMSXユーザーはファミコンをはじめとするゲーム専用機とPC-88などの本格派パソコンの狭間で不遇の思いをすることが多く、他のパソコンゲームからの移植版ゲームで、オリジナルとのクオリティの差に溜息をつくことがよくありました。MSXユーザーはコナミの尽力をいつまでも忘れません。
青春の握り拳 | 25,437 view
あのレトロフリークから「アーケードスティック」と「SFC用コントローラーアダプターセット」が新登場!!

あのレトロフリークから「アーケードスティック」と「SFC用コントローラーアダプターセット」が新登場!!

株式会社サイバーガジェットより、レトロゲーム互換機『レトロフリーク』シリーズに対応した『レトロフリーク用アーケードスティック』および数量限定の特別カラー版『レトロフリーク(SFC用コントローラーアダプターセット)』の発売が決定しました。発売予定日は2018年10月31日。
隣人速報 | 1,387 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト