異常なまでの人気を博した清純派アイドル、ナンノこと南野陽子のシングル売上TOP10♪
2015年9月17日 更新

異常なまでの人気を博した清純派アイドル、ナンノこと南野陽子のシングル売上TOP10♪

「話しかけたかった」「楽園のDoor」等次々とヒットを飛ばし、TV・映画・ラジオ・CM等多方面で大活躍☆80年代異常なまでの人気を獲得した「南野陽子」のシングル売上TOP10をまとめました♪<動画・ジャケット画像あり>

16,659 view

南野 陽子(みなみの ようこ、1967年6月23日 - )

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/16/0000446516/32/imgbbd62ba3zikezj.jpeg (616197)

女優、タレント、歌手。兵庫県出身。既婚(2011年結婚)

1984年9月、ドラマ『名門私立女子高校』に出演し、芸能界デビュー。
1985年6月「恥ずかしすぎて」で歌手デビュー。同年11月からフジテレビ系ドラマ『スケバン刑事』シリーズ第2作『スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説』で主役を演じ、一躍ブレイクしトップアイドルの座を獲得。1986年3月に発売された同ドラマの主題歌「悲しみモニュメント」が、初のオリコンチャートトップ10入りとなる。
1986年10月2日からニッポン放送のラジオ番組『南野陽子 ナンノこれしきっ!』が始まり、1990年6月24日の終了までパーソナリティを務めた。
1987年2月公開の映画『スケバン刑事』に主演。主題歌の「楽園のDoor」で初のオリコンチャート第1位を獲得する。その後も「話しかけたかった」「はいからさんが通る」「吐息でネット」「あなたを愛したい」「秋からも、そばにいて」などヒット曲を連発。
80年代後半に最も活躍したアイドルで女性アイドル四天王(工藤静香、中山美穂、南野陽子、浅香唯)と呼ばれた。

南野陽子 - さよならのめまい(1985~1986's) - YouTube

ランキング外ですが…
この歌でアイドルとしてトップ集団に名乗りを挙げることになる「さよならのめまい」。
スケバン刑事の挿入歌です。

【10位】「トラブル・メーカー/瞳のなかの未来」 18.3万枚 (1989年6月21日発売)

南野陽子の15枚目のシングル「トラブル・メーカー/瞳の...

南野陽子の15枚目のシングル「トラブル・メーカー/瞳のなかの未来」(両A面シングル)

「トラブル・メーカー」はJR西日本のリゾート列車のCMソング、またカップリングの「瞳のなかの未来」はNHK総合アニメーション「青いブリンク」オープニングテーマとなり、自身初の両A面シングルとして発売された。
「トラブル・メーカー」は南野自身がシングル曲で初めて作詞を手がけた楽曲である。

(出典:wikipedia)

トラブル・メーカー - YouTube

瞳の中の未来2 - YouTube

【9位】「秋のIndicatin」 18.9万枚 (1987年9月23日発売)

南野陽子の9枚目のシングル「秋のIndicatin」

南野陽子の9枚目のシングル「秋のIndicatin」

江崎グリコ「セシルチョコレート」のコマーシャルソングに起用され、南野本人も出演した。
「楽園のDoor」から続くオリコン1位を4曲連続で獲得。

南野自身がウィルマ・ゴイクのIn un fiore(花のささやき)を気に入っており、それをイメージとして作られている。

(出典:wikipedia)

♪「秋のIndication」南野陽子 - YouTube

セシルチョコレート 南野陽子 グリコ ♪秋のIndication - YouTube

【8位】「パンドラの恋人」 19.9万枚 (1987年4月1日発売)

南野陽子の8枚目のシングル「パンドラの恋人」

南野陽子の8枚目のシングル「パンドラの恋人」

「楽園のDoor」から続くオリコン1位を3曲連続で獲得。

(出典:wikipedia)

パンドラの恋人 - YouTube

【7位】「涙はどこへいったの」 20.5万枚 (1989年2月15日発売)

南野陽子の14枚目のシングル「涙はどこへいったの」

南野陽子の14枚目のシングル「涙はどこへいったの」

JR西日本の旅行商品「WENS(ウエンズ)」のCMソングに使われた。

『ザ・ベストテン』及び『歌のトップテン』のランクイン中、24時間テレビ 「愛は地球を救う」(日本テレビ)のメインパーソナリティとしてカンボジアへ取材を行った時期があり、その際にはカンボジアから衛星生中継で同曲を披露していた。

(出典:wikipedia)

【涙はどこへいったの】南野陽子 - YouTube

【6位】「話しかけたかった」 23.4万枚 (1987年4月1日発売)

南野陽子の7枚目のシングル「話しかけたかった」

南野陽子の7枚目のシングル「話しかけたかった」

シングル表題曲では初めてとなる全編メジャー調の楽曲。
前作「楽園のDoor」に続き、2作連続でオリコン1位を獲得。
TBS系『ザ・ベストテン』で、自身初の1位を獲得(2週連続)。
南野と仲良しである友達が祝福に駆け付け、また南野の両親から突然の手紙に、南野が思わず感極まって涙ぐむシーンがあった。

(出典:wikipedia)

南野陽子 「話しかけたかった」(Live) - YouTube

この動画はYoutubeへ飛んでからご覧ください。
40 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「浅香唯」と言えば、アイドル四天王の1人!そんな浅香唯のシングル売上BEST10を発表♪

「浅香唯」と言えば、アイドル四天王の1人!そんな浅香唯のシングル売上BEST10を発表♪

85年にデビューし、人気ドラマ『スケバン刑事III』で3代目に抜擢された80年代後半を代表するトップ・アイドルの浅香唯。数々のヒット曲を出した浅香唯のシングル売上BEST10を当時の懐かしい動画とジャケット画像で振り返ります。
Mr.Lonely | 57,263 view
今も昔も可愛い!浅香唯の昔の画像を振り返ってみよう♪

今も昔も可愛い!浅香唯の昔の画像を振り返ってみよう♪

昔は「アイドル四天王」と呼ばれていた浅香唯さん。 現在もタレント、女優として活躍中ですが昔と変わらず今も可愛いですよね! 今回は浅香唯さんのこれまでの映像と現在についてご紹介します。
やすたけ | 6,068 view
【第1回】セーラームーンキャラクター人気投票トップ10

【第1回】セーラームーンキャラクター人気投票トップ10

講談社なかよしでセーラームーンキャラクター人気投票が行われ、1993年3月号に結果が掲載されました。38位までが発表された中からトップ10のキャラクターを振り返ります。1位はやっぱりあの人かな…
ローズリー | 46,001 view
【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。そして楽曲を聴いて、カラオケで挑戦しては玉砕した私たち。あれもこれも原曲キーで歌えたらどんなに気持ちいいか、なんて思いましたね。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 159,511 view
【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。可聴領域の限界に近いんじゃないか?なんて感覚にすらさせられたハイトーンボイスの数々、カラオケで歌える女性には驚嘆したものです。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 158,751 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト