【霊能力者宜保愛子】80年代TV番組ひっぱりだこ!ベストセラー書籍多数!動画あり
2019年10月2日 更新

【霊能力者宜保愛子】80年代TV番組ひっぱりだこ!ベストセラー書籍多数!動画あり

霊能者なのに幽霊を怖がる宜保愛子さんに笑ったことも有りましたが、幽霊にも生きている人にも優しい口調で語りかけていた宜保さん。改めて動画を見ると人柄の良さと優しさに溢れた人だったんだなと今さらながら思いました。

26,128 view
http://pbs.twimg.com/media/Bg0JxI2CQAAMrtV.jpg (1218044)

私が小学生の頃、ギボ先生の心霊漫画があって毎月読んでてファンになってたよ。 内容はギボ先生が幼少期の心霊体験の実話だったんだけど、この人は本物だと思った。 お亡くなりになった時はショックを受けた。

1993年霊能力を疑問視する物理学者の大槻義彦や女性誌から批判を浴びる

大槻 義彦こと大槻教授

大槻 義彦こと大槻教授

「疑惑の霊能者 宜保愛子の謎 」(ホット・ノンフィクション)大槻 義彦 (著)1993年9に出版されている



韮澤さんと大槻教授のバトルがお馴染みですが…

物理学者の大槻義彦は、「昔、私が対決した霊能者の宜保愛子は、6人のスタッフ(家族でスタッフを固めた「オフィスワン」という個人事務所)で事前調査をしていました」と語っている。当時大槻は、宜保が霊能力と称しているものはどれも何らかのトリックで説明がつくものだから、自分が実験に立ち会ってチェックさせてほしいと宜保側に申し込み、テレビ番組での対決が具体化しかけたが、結果的には宜保側がキャンセルした

宜保愛子さんの人気により、当時、様々なパロディーがうまれた

宜保タカ子

宜保タカ子

【とんねるずのみなさんのおかげです】のキャラクター
「宜保タカ子ロケ」事件

「宜保タカ子ロケ」事件

各局や各新聞でニュース報道もされ話題になった。1993年12月、「宜保タカ子」のロケ現場は「富士の樹海」でロケが行われた。その際、ロケ現場である富士山麓の天然記念物生息地(氷穴)を爆薬などで荒らし、撮影セットのゴミを不法投棄したことが問題となり、番組が半年間収録が出来なくなった。また2011年に「とんねるずのみなさんのおかげです 心霊体験バスツアー2011」で宜保タカ子がスペシャル番組で復活した。
本家 宜保愛子

本家 宜保愛子

おちゃめな宜保さん
漫画「浦安鉄筋家族 」 ボギー愛子

漫画「浦安鉄筋家族 」 ボギー愛子

浜岡賢次の漫画作品「浦安鉄筋家族シリーズ」に登場する人物の一人。 第26話に初登場する。「浦安」の初期作品を代表する名物キャラクターの一人。

浦安鉄筋家族

浦安鉄筋家族

キャラクターのモデルが霊能力者の宜保愛子さんであることがハッキリわかる。この作品、パロディ化に際し全く遠慮がされていないのが特徴、当人そのままの容姿をしている。
【プロレス除霊】
ボギーの除霊法で「浦安」定番のプロレスネタと除霊がミックスした物。
……と云うか、取り憑かれた人間に技を仕掛け、力ずくで霊を追い出すと云う感じである。

ギロチン除霊
「ボギーボギーボギーボギー、ボギーボギーボギーボギー、ギボ!!」の呪文から繰り出される強烈なギロチンドロップ。
喉元を抉る一撃で悪霊は瞬時に退散するが、消滅する訳では無いのですぐ別の人間に取り憑く。


浦安鉄筋家族

浦安鉄筋家族

宜保愛子さんという存在はどのように捉えられていたのだろうか?

宜保愛子が死んだ時に速報テロップが出たのが 一番の恐怖だった
いつでも「素」だったんだと思う 。それが面白くない人が、いたんだろうね 。自分は零感だから、宜保さんの霊能力の是非はわからないけど 良い人だった、というのは、もちろんテレビを通してでしかないけど、そう感じられる。 あと、あの世代の人にしては、すごく背が高くて、スタイルが良かったw
冝保さん

冝保さん

宜保愛子って本物だったの?
現役のアナウンサーだった当時の逸見正孝を霊視したとき、
体調に気をつけなさいとか、しじみの味噌汁を飲みなさいとか真剣に勧めてたな。
この人が偉大だったのは、それまでの霊に対する概念を一変させたこと。
ギボさん登場以前は、霊障とか祟りばかりで、専門家による供養が必要だった。 霊能者や寺が、不幸な人を食い物にしていたと言っても良い。
51 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

80年代の少女漫画の「ふろく」を特集した「'80s少女漫画ふろくコレクション」が刊行!!

80年代の少女漫画の「ふろく」を特集した「'80s少女漫画ふろくコレクション」が刊行!!

グラフィック社より、80年代の「少女漫画ふろく文化」をビジュアルから一望出来る書籍「'80s少女漫画ふろくコレクション」の刊行が決定しました。発売予定日は2019年10月8日。
隣人速報 | 1,023 view
ミドルエッジ女子必見!講談社「なかよし」が創刊65周年!記念原画展が開催決定!!

ミドルエッジ女子必見!講談社「なかよし」が創刊65周年!記念原画展が開催決定!!

1954年の創刊以来、女の子に愛されてきた漫画雑誌「なかよし」が、2020年1月号で65周年を迎えます。それを記念し、原画展の開催が決定しました。今回二度目となる告知ですが、「なかよし」に連載されていた名作もご紹介します。
隣人速報 | 840 view
80年代~90年代のりぼん歴代連載作がスカイツリーに集結!「250万乙女のときめき回廊」1月9日から開催予定

80年代~90年代のりぼん歴代連載作がスカイツリーに集結!「250万乙女のときめき回廊」1月9日から開催予定

月刊少女漫画雑誌「りぼん」の創刊60周年を記念したイベント「250万乙女のときめき回廊 at TOKYO SKYTREE」が、2017年1月9日~3月31日までの期間限定で開催される。今回、80年代~90年代に連載された人気漫画が東京スカイツリーを彩る。
red | 2,313 view
ミスター都市伝説の最新刊で語られる近未来像は、藤子・F・不二雄「モジャ公」で40年以上前に予知されていた!?

ミスター都市伝説の最新刊で語られる近未来像は、藤子・F・不二雄「モジャ公」で40年以上前に予知されていた!?

8月に発行されたばかりのミスター都市伝説・関暁夫さんの本。そこで語られる近い将来の人類の姿は、40年以上前に発表された藤子・F・不二雄先生の「モジャ公」そして「21エモン」で描かれたものに類似していました。藤子F先生は未来を予知していたのでしょうか?検証します。
成瀬梨々 | 10,724 view
京都で「特別展 250万りぼんっ子」開始!デビュー作もりぼんだった生粋のりぼんっ子作家は誰?

京都で「特別展 250万りぼんっ子」開始!デビュー作もりぼんだった生粋のりぼんっ子作家は誰?

ミドルエッジ女子必見!集英社が発行する日本を代表する少女漫画誌「りぼん」の展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が、京都・高島屋で開催されます。開催日程は、10月30日から11月10日まで。
隣人速報 | 643 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト