【MR.BIG】本国アメリカより日本で大人気になった!MR.BIGの名曲を集めてみた
2015年9月16日 更新

【MR.BIG】本国アメリカより日本で大人気になった!MR.BIGの名曲を集めてみた

「カモンベイビ~!カモンノーヴァ!レッツみだワントゥ~醤油~」カラオケでもよく歌われる洋楽曲MR.BIGの「To be with you」などを思い出してみました。

25,802 view

MR.BIG とは

Mr.Big(ミスター・ビッグ)は、アメリカのハードロックバンド。1989年にデビュー。2002年に一度解散したが、2009年にオリジナル・メンバーの4人で再結成した。
職人集団バンド

職人集団バンド

ロック界ではボン・ジョヴィやガンズ・アンドローゼスなど相次いで人気を博していた80年代後半に、ロック界のカリスマベーシストの一人であるビリー・シーンがエリック・マーティンにバンド結成の話を持ちかけたことにより…MR.BIGがスタートする。

エリック・マーティン(右)
ビリー・シーン(中央後ろ)
ポール・ギルバート(左)
パット・トーピー(中央前)
1989年にデビュー曲「Addicted to That Rush」リリース
1stアルバム『MR.BIG』収録

このデビュー曲でハートぶち抜かれた人多し、超絶インプロ対決 ベーシストのビリー・シーンとメタル出身のポール・ギルバートによる演奏がカッコイイ

Mr. Big - Addicted To That Rush (HD Live Budokan) - YouTube

1989年のデビュー以来、テクニカルなバンド・サウンドとキャッチーな楽曲でハード・ロック・ファンを魅了してきたMR.BIGは、これまでに10回を重ねる来日ツアーを行ってきた。なかでもオリジナル・メンバーによる再結成が実現した2009年には、いち早く来日公演を行なってくれたほど日本のファンとは深い絆で結ばれたバンドでもある。
デビュー25周年 武道館ライヴ 2014年 

デビュー25周年 武道館ライヴ 2014年 

アルバム『…ザ・ストーリーズ・ウィ・クッド・テル』を引っ提げてツアーコンサートを行った。
2014年7月23日、パットが2年前よりパーキンソン病を患っている事を公式に告白。新作「...The Stories We Could Tell」のツアーも通常の演奏が出来ず、一部サポートメンバーを迎えて行う事を明らかにした
2014来日の際、TV番組スッキリに出演

2014来日の際、TV番組スッキリに出演

http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-6b-70/erky_perky_fly/folder/487071/23/13511623/img_0_m?1415700813 (1163773)

ドラムスのパットがパーキンソン病の発病によりサポーターに元キッスのエース・フレイリーのバンドでも活動していたマット・スターがドラムを叩く。マットが着ているTシャツのカタカナの文字が粋です。
メンバー各自のスキルの高さや強力なバンド・サウンドは文句なく堪能できた。深刻な病状だと言われていたパットが予想外に元気な姿を見せてくれたことも嬉しい誤算だった。過去にはメンバー間の不和もあった彼らだが、パットの病気という困難をバネにMR.BIGは今、最高の状態に登りつめている。

MR.BIG 2作目のアルバムで絶頂期を迎えた

Lean Into It

Lean Into It

1991年 2作目のアルバム
先端にギターピックを取り付けた電動ドリルによるトリックプレイで話題を呼んだ「Daddy, Brother, Lover, Little Boy」や、その後のライブにおける定番曲となる「Alive And Kickin'」といったパワフルなハードロック、「Just Take My Heart」のようなバラード、キャッチーなメロディを持つ「Green-Tinted Sixties Mind (60'S マインド)」、そして全米No.1シングルとなる「To Be With You」などが収録

Mr Big Green-tinted sixties mind, live in tokyo 1991 - YouTube

日本ではこの曲が一番好きという方が多いように思います。

MR.BIGといえば『ドリル演奏法』

電動ドリルッ!と言えば? MR.BIG!
てな感じで音楽好きには工具より有名ですね。
数少ないドリルで演奏者が二人もいるMR.BIG

数少ないドリルで演奏者が二人もいるMR.BIG

超絶技巧ベーシスト ビリー・シーン
3フィンガー奏法から繰り出される超絶速弾き・ライトハンド奏法で世界最高峰のベースを演出、B’z 松本孝弘のライヴやレコーディングにも参加している

光速ギタリスト ポール・ギルバート
世界最高峰の技術を誇るギタリストとして有名。かつ丁寧でわかりやすいギター講師としても有名のポール。早弾きだけでなく幅広い表現方法を合わせ持つ天才とも言われている。

Mr. Big:Daddy, Brother, Lover, Little Boy - Live at Tokyo 91 - YouTube

2分45秒からドリル演奏
『ドモ・アリガト、チョット・マッテ・クダサイ~テーブルにスシ、目にワサビ。どんなに探し続けてもボクを見つけられるところはただ一つ…そうさ、マキタ・ドリルの唸る場所!』
49 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「ネイティブ・サン」日本のフュージョンバンド

「ネイティブ・サン」日本のフュージョンバンド

1970年代から80年代の日本のフュージョンブームに活躍したバンド「ネイティブ・サン」。懐かしいマクセルカセットのCMや与論島ライブ動画。「ネイティブ・サン」のメンバーやバンド名の意味。そして、フュージョンバンドゆえの迷走、解散にいたるまで。
【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。そして楽曲を聴いて、カラオケで挑戦しては玉砕した私たち。あれもこれも原曲キーで歌えたらどんなに気持ちいいか、なんて思いましたね。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 155,078 view
【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。可聴領域の限界に近いんじゃないか?なんて感覚にすらさせられたハイトーンボイスの数々、カラオケで歌える女性には驚嘆したものです。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 147,519 view
今井美樹の30周年記念ベスト盤[New Edition]が発売!布袋寅泰とのライブ映像を公開!!

今井美樹の30周年記念ベスト盤[New Edition]が発売!布袋寅泰とのライブ映像を公開!!

今年5月20日にデビュー満30周年を迎える今井美樹の30周年記念ベストアルバム[New Edition]が発売された。
red | 768 view
観月ありさ、『伝説の少女』から歌手デビュー25周年!!『感謝の気持ちを届けていきたい』

観月ありさ、『伝説の少女』から歌手デビュー25周年!!『感謝の気持ちを届けていきたい』

『伝説の少女』で第33回日本レコード大賞新人賞を受賞するなど華やかなデビューを飾った観月ありさが、歌手活動がついに25周年を迎えた。
red | 1,792 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト