社会的な自立を意味する「一本立ち」の由来と線香時計の関係、ご存知ですか?
2018年2月5日 更新

社会的な自立を意味する「一本立ち」の由来と線香時計の関係、ご存知ですか?

1月8日に開催された成人式で、振袖販売やレンタルを手掛ける業者「はれのひ」(横浜市)が当日に連絡が付かなくなるという前代未聞の事態が起こりました。改めて強く意識された「成人」について、法律的な話ではなく「自立する」という目線で民俗コネタをご紹介できたらと思います。社会的に自立することを「一本立ち」と言いまして、現代でも時々使われる言い回しです。

475 view
2月に入りましたが先月のお話から。

1月8日に開催された成人式で、振袖販売やレンタルを手掛ける業者「はれのひ」(横浜市)が当日に連絡が付かなくなるという前代未聞の事態が起こりました。その後同月26日に同社の篠崎洋一郎社長(55)が記者会見をし、同社の破産手続きが始まりましたが、どんな事情であれ成人を祝う節目を台無しにしたのは事実。

責任ある行動を求めたい気持ちです。

「成人」

 (1973107)

今回はその「成人」について。
法律的な話ではなく、「自立する」という目線で民俗コネタをご紹介できたらと思います。社会的に自立することを「一本立ち」と言いまして、現代でも時々使われる言い回しです。

一本立ちの意味について、『デジタル大辞泉』(小学館)には「他人から援助を受けず、独立して物事をすること」、『大辞林』(三省堂)には「他人の助けを受けず,独力でやってゆくこと。独立。ひとりだち」と解説されております。

そんな「一本立ち」の由来について。実はコレ、時間の計り方の歴史にも関わるモノなのです。

それは・・・「線香時計」。

線香時計とは

時計の歴史といえば「セイコーミュージアム(旧セイコー時計資料館)」(東京都墨田区東向島3-9-7)。こちらのサイトに線香時計について解説があります。同館には江戸時代に作られた線香時計が実際に展示されておりまして、そこには「寺子屋での授業時間、芸者の仕事時間を、線香の燃える本数で管理したタイマー。線香が1本燃える時間にばらつきが少なかったことから、何本分働いたかで、給与計算を行った」とあります。
 (1973114)

そう、1本が燃える時間を1単位として計算する風習があったのです。

とはいえ、これだけだと、なぜ自立独立が「一本立ち」と言われるようになったか伝わらないと思います。この1本約30分という時間については、芸者の文化がキモになります。芸者の世界では線香代(現在の相場で1本約2万円)はチップの意味となりました。そして線香1本が燃焼する時間(約30分間)を基本料金とし、この1本燃え尽きる約30分間一人座敷が務まれば一人前と認められました。
 (1973119)

この風習から一人前になることというか自分1人で仕事が出来るようになることを「一本立ちする」というようになった、と言われております。

現在の線香で同じ体験をしてみようカナ♪とお思いの場合、短寸(長さ13~14センチ)の一般的なお線香をオススメします。これが大体30分で燃えきりますので。

芸の世界から生まれた「一本立ち」を是非★

最後に補足的にコレだけ。
非常に大雑把な説明ではありますが、地域によって芸で生きる女性の名称が異なります。例えば関東ですと半人前の女性を「半玉」、一人前になると「芸者」、一方の関西というか京都ですと半玉にあたる女性を「舞妓」、一人前になると「芸妓(芸子)」です。呼び名が違うだけで皆様いずれもが舞や唄、三味線などの「芸」でお客を楽しませてくださる「おもてなしのプロ」です。
10 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

修学旅行のメッカ、京都は八坂神社「祇園祭」の由来は祟り(タタリ)にあった?

修学旅行のメッカ、京都は八坂神社「祇園祭」の由来は祟り(タタリ)にあった?

中学・高校の修学旅行で京都に行かれた方も多いのではないでしょうか。京都の祭といえば「祇園祭」@八坂神社が一番有名かと思いますが、この祭りの「祇園」という単語は、御霊信仰(祟り=タタリ)に由来しているのです。
山崎敬子 | 823 view
その昔日本には「経験した男性の数だけ鍋を被る祭」があったんです。

その昔日本には「経験した男性の数だけ鍋を被る祭」があったんです。

関係した男性の人数だけ鍋を頭に被る?今はもう行えない内容の祭りがかつて存在しました。5月の「鍋冠祭(なべかぶりまつり)」。滋賀件米原市の筑摩神社に伝わる祭です
山崎敬子 | 3,444 view
日本版七夕伝説は「聞き間違いで年に1回デートになった」???

日本版七夕伝説は「聞き間違いで年に1回デートになった」???

7月間近なこの頃。何となく世間が「七夕」を打ち出し中です。七夕と言えば短冊に願い事を書く、7月7日の行事です。学校や世間で聞く七夕の由来と言うと、織姫(おりひめ)と彦星(ひこぼし)のラブストーリーではないでしょうか?
山崎敬子 | 742 view
「地獄絵には女性が嫉妬しすぎると落ちる地獄があるんだよ」というコネタ。

「地獄絵には女性が嫉妬しすぎると落ちる地獄があるんだよ」というコネタ。

最近、タレントさんなどの不倫報道が多い気がします。個人的には他人の不倫はどうでもいいのですが、不倫に関わる地獄が日本にはあったなあ・・・と思い出したので、今回は不倫の地獄ネタ。
山崎敬子 | 3,457 view
手足も髭もボーボー眉毛も!全国のダルマあれこれをご紹介。

手足も髭もボーボー眉毛も!全国のダルマあれこれをご紹介。

先日、高崎に行きました。高崎名物といえば駅弁「だるま弁当」♪…ではなく、いや、合ってるけども、どちらかというと達磨(ダルマ)本体が名物かと思います。多くは赤色の張子(はりこ)で製作され、目の部分は書き入れずに空白のままに残すイメージが強いかと思います。そして高崎以外のダルマに目を向けてみますと、目玉があるダルマさんは勿論、手足があるダルマさんも居たりして、奥が深いです。
山崎敬子 | 115 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト