工藤静香と中島みゆきの関係が素敵過ぎる件
2017年9月15日 更新

工藤静香と中島みゆきの関係が素敵過ぎる件

工藤静香のソロワークスを語るうえで欠かすことのできない存在が、シンガーソングライター・中島みゆきです。1988年リリースの『FU-JI-TSU』から楽曲を提供し続けてきた中島と、それを歌い続けた工藤。長きに渡って紡がれた2人の関係性について紹介していきます。

2,375 view

23曲も工藤静香に曲を提供している中島みゆき

今年でソロデビュー30周年を迎えた工藤静香。これまで発表された楽曲を振り返ってみると、1994年リリースのオリジナルアルバム『Expose』収録曲『夢』はASKA、1998年リリースのシングル『きらら』は河村隆一、2012年リリースのシングル『キミがくれたもの』は絢香など、その時代を彩るさまざまなアーティストから楽曲提供を受けていることが分かります。
中でも、特に多くの楽曲を工藤へ提供しているのが、中島みゆきです。提供曲・詞は、実に23曲。おニャン子時代からの縁で結ばれた後藤次利以外では、圧倒的な提供曲数となります。なぜこれほどまでに、工藤静香は中島みゆき曲を歌っているのでしょうか?
それは、工藤が中島みゆきのファンだからに他なりません。いつからファンなのかは定かではありませんが、「愛絵理」名義で作詞家としての顔も持ち、二科展へ絵画を提供し続けているなど、表現者意識の強い工藤が、シンガーソングライターとして自由闊達に幅広い音楽活動を展開している中島に憧れるというのは、至極自然なこと。それに2人は、同じレコード会社であるポニーキャニオンの所属。中島を担当していた渡辺有三ディレクターが工藤も兼任していたために縁が紡がれ、コラボレーションが実現したといいます。
中島みゆき

中島みゆき

初めて提供した曲は、1988年の『FU-JI-TSU』

中島みゆきが工藤静香へ最初に提供した曲は、『FU-JI-TSU』(1988年)。大手電機メーカーのFUJITSUと混同されないようにハイフンが付けられたというこの曲は、デビュー曲の「禁断のテレパシー」以来、3作ぶりにオリコンヒットチャート1位を獲得。工藤静香の代表曲の一つとして知られています。
FU-JI-TSU(工藤静香)

FU-JI-TSU(工藤静香)

作詞:中島みゆき 作曲・編曲:後藤次利

FU-JI-TSU(工藤静香)

作詞:中島みゆき 作曲・編曲:後藤次利

カネボウのプロモーションソング『MUGO・ん…色っぽい』も中島の作詞

『FU-JI-TSU』の次にリリースされた工藤静香5枚目のシングル『MUGO・ん…色っぽい』も、中島みゆきが作詞を担当。カネボウ1988年・秋のプロモーション・イメージソングとなった本作は、プロモーション広告用のコピー「ん、色っぽい」を意識した表題となっています。

ちなみに、工藤が出演した1988年12月放送の『さよなら1988/ザ・ベストテン豪華版』(TBS系)では、突然中島が電話出演。「私が工藤だ、っていう個性が凄い」とのコメントを残し、スタジオの工藤を驚かせました。
MUGO・ん…色っぽい(工藤静香)

MUGO・ん…色っぽい(工藤静香)

作詞:中島みゆき  作曲・編曲:後藤次利

MUGO・ん…色っぽい(工藤静香)

作詞:中島みゆき  作曲・編曲:後藤次利

中島が電話出演したザ・ベストテン

18枚目のシングル『慟哭』は、工藤自身最大のヒット曲に

8枚目のシングル『黄砂に吹かれて』(1989年)、11枚目のシングル『私について』(1990年)も、中島作詞×後藤作曲のゴールデンコンビによるもの。どちらもオリコン週間ランキング1位を獲得しています。

この『私について』から約2年半後の1993年2月3日にリリースされた、同じく中島×後藤による『慟哭』は、フジテレビ系月9ドラマ『あの日に帰りたい』の主題歌としてもお馴染み。友達以上恋人未満な男と女の微妙な感情を書いた中島の詞を、後藤のポップなメロディに乗せて歌った同曲は、工藤自身最大のヒット曲となりました。
慟哭(工藤静香)

慟哭(工藤静香)

作詞:中島みゆき、作曲・編曲:後藤次利

慟哭(工藤静香)

作詞:中島みゆき、作曲・編曲:後藤次利

工藤直々に中島へ手紙を渡して実現した『激情』

『慟哭』以降しばらくは、愛絵理名義で自分の歌う楽曲の作詞を頻繁にしてきた工藤でしたが、フジテレビ系ドラマ『ゆずれない夜』における主題歌を歌うとなったときには、脚本を読んで「これは中島みゆきさんに曲を作ってもらいたい」と思い、直々に手紙を書いて楽曲制作を依頼。その結果でき上がった『激情』(1996年)は、はじめて詞・曲共に中島が担当した楽曲になっています。
24 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

中島みゆき、松井五郎が手掛けた名曲満載!工藤静香ヒットソングの歌詞傾向を分析!

中島みゆき、松井五郎が手掛けた名曲満載!工藤静香ヒットソングの歌詞傾向を分析!

1980年代後半から1990年代後半までスマッシュヒット曲を出し続けた歌姫、工藤静香。 今でも第一線で活躍している彼女の楽曲を、作詞を手掛けた2名の作家別に歌詞傾向を分析してみました!
PetitLyrics | 744 view
中島みゆき『慕情』が8月にCD化!倉本聰がシニア世代に贈るドラマ「やすらぎの郷」の主題歌!

中島みゆき『慕情』が8月にCD化!倉本聰がシニア世代に贈るドラマ「やすらぎの郷」の主題歌!

中島みゆきの通算45枚目となるシングル『慕情』が、8月23日に発売される。同曲は、「北の国から」等の名作ドラマを手掛けた倉本聰氏が、シニア世代に贈る渾身の帯ドラマ劇場「やすらぎの郷」の主題歌に起用されている。
【70年代歌手】ニューミュージックシンガー・渡辺真知子の抜群な歌唱力を振り返る!

【70年代歌手】ニューミュージックシンガー・渡辺真知子の抜群な歌唱力を振り返る!

70年代、音楽業界の様が変わろうとしたときに次世代のニューミュージックシンガーとしてデビューし、群を抜いた歌唱力で次々をヒット曲を世に送り出した渡辺真知子の歌、そのバイタリティーに注目してみる!
はんまのまま | 2,877 view
元おニャン子でアイドル四天王の1人「工藤静香」

元おニャン子でアイドル四天王の1人「工藤静香」

おニャン子クラブで一躍有名になりトップスターへと登りつめたアイドル四天王「工藤静香」。誰しもが真似をしたあのヘアスタイルや歌ったことのあるあの名曲を画像・映像で思いっきり振り返ってみましょう!
はんまのまま | 8,218 view
フォークシンガーと呼ばれていた70年代の「泉谷しげる」は、とてもロックの香りがするんです。

フォークシンガーと呼ばれていた70年代の「泉谷しげる」は、とてもロックの香りがするんです。

1971年にギターの弾き語りというスタイルでデビューした泉谷しげる。スタイルこそフォークですが、何故かロックを感じさせます。俳優としても活躍している泉谷しげる ですが、やっぱり歌っているときが最高にカッコいいのです。
obladioblada | 1,331 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト