氷室京介がBOØWY以前に所属したスピニッヂ・パワーとは?
2017年6月8日 更新

氷室京介がBOØWY以前に所属したスピニッヂ・パワーとは?

ソロシンガーとして、いまだ根強い人気を誇る氷室京介。元BOΦWYのボーカリストとしても有名な彼ですが、実は『スピニッヂ・パワー』という、ビーイング総帥・長戸大幸氏によって結成された歌謡ロックバンドの一員だった時代がありました。本稿では、その知られざる過去に迫っていきます。

14,435 view

ライブ活動を卒業した氷室京介

2016年5月23日に東京ドームで『LAST GIGS』を行い、ライブ活動を卒業した氷室京介。最期の雄姿を見届けようと、詰めかけた観衆は約5万5000人。超満員に膨れ上がったこのコンサート会場は、かつて、1988年4月5日にBOΦWY解散ライブをした場所でもありました。

氷室京介の歴史を語るうえで、BOΦWYは欠かすことができません。それは『LAST GIGS』で、ソロコンサートでありながら、「DREAMIN'」「B・BLUE」「ONLY YOU」といったBOΦWY時代の代表曲を歌ったことでも明らか。デビューからわずか6年ほどで解散した同バンドですが、その印象はあまりにも鮮烈。後続のバンドに多大なる影響を及ぼし、未だに再結成を望む声が後を絶たない現状を鑑みれば、まさしく“伝説のバンド”と呼ぶにふさわしいでしょう。
BOΦWYが解散した伝説の場所で、ライブ活動に終止符を...

BOΦWYが解散した伝説の場所で、ライブ活動に終止符を打った氷室京介。

出典 sp.wmg.jp

ビーイング総帥・長戸大幸氏が結成した『スピニッヂ・パワー』

そんな華々しいBOΦWY時代に比べて、あまり多く語られていないのが氷室の『スピニッヂ・パワー』時代です。

スピニッヂ・パワーとは、ビーイング総帥・長戸大幸氏の肝いりで結成され、1978年~1980年にかけて活動した歌謡ロックバンドのこと。ビーイングといえば、90年代前半にTUBE、B'z、ZARD、WANDS、大黒摩季らを輩出し、一大ムーブメントを起こした音楽制作会社として有名ですが、スピニッヂ結成は、同社が誕生するわずかばかり前に遡ります。

作曲家でもあった長戸氏は、1978年、当時流行りのディスコサウンドを取り入れた楽曲『ポパイ・ザ・セーラーマン』をプロデュースするにあたり、バンドメンバーを集めます。ポパイを動かす元気の源といえば…?そう、ほうれん草をおいて他にありません。ということで、バンド名を『スピニッヂ・パワー』(=ほうれん草の力)と命名したというわけです。
90年代前半に一大ブームを巻き起こしたビーイング。その...

90年代前半に一大ブームを巻き起こしたビーイング。その総帥・長戸大幸によって、『スピニッヂ・パワー』は産声を上げる。

『ポパイ・ザ・セーラーマン』のヒットが、『ビーイング』誕生のきっかけに

『ポパイ・ザ・セーラーマン』は、キングレコードの洋楽レーベル「セブン・シーズ」よりリリースされ、売上40万枚という、なかなかのヒットを記録します。ここで得た利益を開業資金として、長戸氏は同年に『ビーイング』を設立。同時に同社預かりとなったスピニッヂを人気グループにすべく、この若かりし日のビーイング代表は、西へ東へと奔走することとなり、その中で、当時高校生だったヒムロック少年を見つけ出すに至るのでした。
『ポパイ・ザ・セーラーマン』:スピニッヂ・パワー

『ポパイ・ザ・セーラーマン』:スピニッヂ・パワー

アマチュアバンド『デスペナルティ』として活動していた氷室京介

長戸氏が氷室を知るきっかけになったのは、ヤマハ主催の『EastWest‘79』でした。
このコンテストに氷室は、アマチュアバンド『デスペナルティ』のボーカル・寺西修一(本名)として参加。彼の活躍もあり、デスペナルティは見事入賞を果たします。声良し、顔良しの氷室に、無限の可能性を感じたのか。長戸氏は、ただちにこの少年ボーカリストを地元・群馬県高崎市から東京へと呼び寄せて、契約書にサインさせます。

その後、長戸氏の意向により『デスペナルティ』は解散。かくして氷室は、スピニッヂへと加入させられることとなったのです。

7枚目のシングル『HOT SUMMER RAIN』からメインボーカルを担当

スピニッヂ・パワー時代の氷室京介

スピニッヂ・パワー時代の氷室京介

晴れて、スピニッヂの一員となった氷室は、6枚目のシングル「BORO BORO BORO」にコーラスとして参加。これが実質的なレコードデビューとなります。さらには、長戸氏がパーティーで知り合ったという、当時中学3年生の三原順子(現:三原じゅん子)のファーストシングル『セクシー・ナイト』でもコーラスを担当。

メインボーカルを務めるようになるのは、スピニッヂ7枚目のシングル『HOT SUMMER RAIN』から。BOΦWY・ソロ時代とは一味違う、爽やかさの中に憂いを帯びた氷室のボーカルは、一聴の価値ありです。

スピニッヂ・パワー / MOVIE THEATER (1980)

忌野清志郎のシャウトが、氷室のロック魂を焚き付ける!

しかしながら、アイドル然としたスピニッヂでの活動が肌に合わなかったらしく、氷室は、わずか半年あまりでバンドを脱退してしまいます。

やることもなくプラプラと過ごし、地元・群馬へ戻ろうかと思っていた最中。たまたま当時付き合って彼女から、『RCサクセション』のコンサートチケットを渡され、東京での思い出作りにと会場へやってきたのをきっかけに、彼の人生は一変することに。
忌野清志郎がいなければ、BOOWYは存在しなかった?

忌野清志郎がいなければ、BOOWYは存在しなかった?

壇上には溢れんばかりのエネルギーで、観客を魅了する清志郎。眼前にいる本物のロックスターが放つ圧倒的カリスマに、氷室は心奪われます。自分もあんなふうに歌いたい…。情熱を取り戻した氷室は、地元で顔見知りだった布袋寅泰を呼び出し、バンド結成を打診。こうして、BOOWYは結成へと至ったのです。

以降のBOOWY及び氷室京介の活躍はご存知の通り。今ではすっかりその部分のみが語られていますが、しかし、その“前史”として、若き日のヒムロックが初々しく歌う、『スピニッヂ・パワー』という印象的な歌謡ロックバンドが存在したことも、記憶にとどめておくべきでしょう。


こじへい
20 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • 事情通 2017/11/13 14:45

    ビーイング設立は「ポパイ・ザ・セーラーマン」以前。ちにみに設立初年度、決算赤字。それと前後するように「ポパイ…」がヒット。企画もののレコードであったが、たまたま「バンド名」をつけていたことと、宴会やディスコなどからの「営業申し込み」や、TVの「話題コーナー」的な仕事も発生し、制作事務所として、さらなる事業展開を図るため、多くのメンバーによる集合離散を繰り返し、そのつどの演奏を行っていた。3枚目アルバム「In and OUT」の制作途中で、氷室等の参加により、バンド形態が固まり、大手プロとレコード会社も絡んで「ホット・サマー・レイン」のヒットを仕掛けたが、記録的冷夏もありヒットに至らなかった。その後、長門氏も交え、バンド存続についての審問等もあり、スピニッヂ・パワーの消滅が決まった。ちなみに「IN and OUT」までのレコード制作は長門氏を中心に、周辺に集まっていた人間やスタジオミュージシャン等によって行われ、同時期のスピニッヂパワーがバンド単体で制作したものではなく、アルバムとLIVE等は、いわば「別路線」としての活動実態であった。

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

高得点を目指せ!【BOØWY】イントロクイズ

高得点を目指せ!【BOØWY】イントロクイズ

1988年に惜しまれつつ解散した伝説のロックバンド「BOØWY(ボウイ)」。氷室京介・布袋寅泰・松井常松・高橋まことの4人が残した数々の名曲たちをアナタはどれだけ覚えていますか?
氷室京介の未公開映像が蔵出し!全国の映画館で1日限りのライブ映像上映会が開催される!!

氷室京介の未公開映像が蔵出し!全国の映画館で1日限りのライブ映像上映会が開催される!!

日本を代表するロックボーカリスト・氷室京介のライブ映像「KYOSUKE HIMURO 31st ANNIVERSARY REVOLVER ENCORE "BEAT REACTOR 2019"」が、日本全国の映画館で1日限りで上映されることが決定しました。
隣人速報 | 1,339 view
最後のリリースに!BOØWY解散ライブを初めて2日間完全収録した「LAST GIGS -THE ORIGINAL-」が発売決定!!

最後のリリースに!BOØWY解散ライブを初めて2日間完全収録した「LAST GIGS -THE ORIGINAL-」が発売決定!!

80年代を代表する伝説的ロックバンド・BOØWYの東京ドームでの解散ライブの完全版CDが「LAST GIGS -THE ORIGINAL-」として発売されることが決定しました。4枚組仕様で、発売予定日は6月12日。
隣人速報 | 4,663 view
氷室京介がBOØWYでのデビュー前に“ショーケン”をカバーした激レアLP「ダニーロングプロジェクト」とは?

氷室京介がBOØWYでのデビュー前に“ショーケン”をカバーした激レアLP「ダニーロングプロジェクト」とは?

ミドルエッジ世代であれば誰もが知っているであろうロック・ヴォーカリスト「氷室京介」。彼がBOØWYとしてレコードデビューする直前に「ダニーロングプロジェクト」というグループサウンズなどをカバーするバンドに参加していたのをご存知でしょうか?
解散から30年!日本ロック史に残るBOØWY伝説の「GIGS」がテレビで初放送されます!

解散から30年!日本ロック史に残るBOØWY伝説の「GIGS」がテレビで初放送されます!

BOØWYが解散宣言をした1987年12月24日の東京・渋谷公会堂公演の模様を収めた「BOØWY 1224 -THE ORIGINAL-」の発売を記念し、フジテレビTWOとJ:COMにて「BOØWY 35th Anniversary Dec.2017 -THE TV SPECIAL-」が放送されます。
隣人速報 | 17,511 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト