『ガンプラり歩き旅』その44 ~こういう時、慌てた方が負けなのよね! ガンキャノン!~
2018年1月10日 更新

『ガンプラり歩き旅』その44 ~こういう時、慌てた方が負けなのよね! ガンキャノン!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第44回は、ホワイトベースV作戦トリオの一角、ガンキャノンです!

3,532 view
両肩のキャノン砲が炸裂する! これぞガンキャノン!

両肩のキャノン砲が炸裂する! これぞガンキャノン!

私、市川大河が、書評サイトシミルボンで連載している、 『機動戦士ガンダムを読む!』での、再現画像で使用しているガンプラを、 古い物から最新の物まで片っ端から紹介していこうというテーマのこの記事。

今回紹介するのは、『機動戦士ガンダム』(1979年)主役メカトリオの2番手で、ファン人気も高いカイ・シデンの愛機でもあった、RX-77 ガンキャノンのHGUC REVIVE版の紹介です!

ガンキャノン 1/144 HGUC 190 2015年6月 1200円

HGUC 190 ガンキャノンのボックスアート。迫力あ...

HGUC 190 ガンキャノンのボックスアート。迫力あるポーズだが、よく見ると肘関節等は、今回のキットでのアレンジのディテールで描かれている

ガンキャノン WowWow ガンキャノン WowWow
ガンキャノン WowWow ガンキャノン WowWow
キャノン キャノン ガンキャノン
死ぬか 生きるか ガンキャノン
戦の地獄 ガンキャノン
巨大な敵は 砕けて散った
轟然 一発! キャノン砲!
完成したREVIVE版ガンキャノン。小顔だが、全身のた...

完成したREVIVE版ガンキャノン。小顔だが、全身のたくましさのメリハリは強調されている。

……いや、失礼しました。
笑いを取りに行ったわけではなく、なぜだか大河さん、ここ数十年間、ガンキャノンという名前を聞くと、必ずこの、『大鉄人17』(1977年)エンディング『ワンセブン賛歌』の替え歌というか空耳が、頭の中で鳴り響く病に侵されています。
たぶんこれは、脳外科か心療内科へ行った方がいいんだと思いますが、冷静に考えると、ガンキャノンとワンセブンって、韻を踏んでいるように思えるけど、字面的には二つの「ン」しか合ってませんね、気を付けましょう。
というわけで、ガンキャノンだ!
『機動戦士ガンダム』(1979年)主役ロボットトリオの1機、ガンキャノン!
子どもが好きな、真っ赤な機体、ガンキャノン!
でも、赤いからって、悪い敵の仮面男の専用ロボットじゃないぞ! 正義の味方だガンキャノン!
今にして思えば、白兵戦用のサーベルどころか、シールドすら装備されていないのに、その左手はなにゆえ指まであるのか、無駄すぎるぞガンキャノン!
再現画像より。REVIVE版ガンキャノンは、細身に見え...

再現画像より。REVIVE版ガンキャノンは、細身に見えるが、肩のキャノン砲の幅は旧HGUC版よりも広くバランスをとられている

というわけで、HGUC ガンキャノンだが、実はHGUC ガンキャノンは、一度シリーズトップバッターである、HGUC商品化第1号のプラモデルとして、1999年にガンプラ史にその名を刻んでいる。
しかし、ガンプラの、技術や設計能力の壁は日進月歩。『機動戦士ガンダム』(1979年)が35周年を越える頃合いには、既に1999年に最新技術を導入して開発生産されたHGUC 001 ガンキャノンは、古い遺物と化してしまっていた。
ジャブロー内部で、襲い来るジオン軍を迎撃するガンキャノ...

ジャブロー内部で、襲い来るジオン軍を迎撃するガンキャノンのビーム・ライフル

そもそも、なにゆえガンキャノンがHGUC第1号に選ばれたのか。詳しい理由や実際のところなんぞは分からんが、まぁ「一番最初にガンダムを出しちゃうのは、芸がなさすぎる上に、ユーザーの興味がその後引っ張れない上に、結果的に投入技術が一番古くて拙いモデルになってしまう可能性が大きい」といった辺りが思いつく限り。

だからといって、栄えある新生ガンプラシリーズ第1号と2号が、ギャンと旧ザクでは、盛り上がるべきスタートが盛り上がる気配も見れなくなる。
“その合間”を取って「主人公側主役レギュラーの右大臣格」でありつつ、肝心のガンダムではない、という絶妙の塩梅さから、HGUC第1号に、ガンキャノンが選ばれたって辺りが順当ではないだろうか?
地上から、対空砲火で、ガンダムのドッキングを支援するガ...

地上から、対空砲火で、ガンダムのドッキングを支援するガンキャノン!

確かに、ガンダム35周年を迎えて、主役のガンダムは何度も1/144 HGではリメイクがされてきた。っていうか、このタイミングでまたリメイクしたいらしい。
それと比べると、アニメでの「V作戦トリオ」のうち、ガンタンクはまぁ、HGUC立ち上げ初期の2000年版で、あれ以上どうしようもないっていう、良い意味でも悪い意味でも(笑)
むしろ、ガンタンクはあの時点で、1/144で出来る範囲のブラッシュアップを完璧にやり終えてしまった感がある。
そうなると、そのガンタンクや、その後のガンダム 021やHG Ver.G30thなどへの進化と比較すると、HGUC 001 ガンキャノンは、一軸90度の肘関節や、ホイルシールのカメラアイ、各関節の可動範囲や細かいパーツの色分けなど、並べてしまうと見劣りしてしまうのは確かだろう。
劇場版『めぐりあい宇宙編』冒頭。キャメル艦隊に向かう、...

劇場版『めぐりあい宇宙編』冒頭。キャメル艦隊に向かう、カイとハヤトのガンキャノン、108と109

しかし、ガンダム以外で、HGUC枠内で、一度商品化されたモビルスーツが、バリエーション以外でリメイクされた例は、ガンキャノン発売前まではまだなかった。
“そういう意味”では、ガンキャノンと同期のHGUC最初期の商品である、ギャンもキュベレイも百式も、今の目で見ればリメイクすべき箇所は多いし、特に百式やキュベレイは、ファンの人気も高い機体である。
テキサス・コロニー。アムロを探すカイとハヤトのガンキャノン

テキサス・コロニー。アムロを探すカイとハヤトのガンキャノン

加えて、ここまで、バンダイは、ことHGUCブランドに関しては、『機動戦士ガンダム』(1979年)DVD発売(劇場版特別版2000年発売 TV版2007年発売)や、『機動戦士Zガンダム』(1985年)映画化(2005年)と連動するようにして、間にOVA版やMSV版のモビルスーツを軸に商品化を展開してきたが、さすがに元原作作品登場モビルスーツネタ切れや、バリエーション展開の先細りに、先行きの不安を抱かざるを得ない状況にあった。
『めぐりあい宇宙編』のこのシーンでは、3機目のガンキャ...

『めぐりあい宇宙編』のこのシーンでは、3機目のガンキャノン203が確認できることでも有名

そこで。
そこで状況を打開するための新機軸案が、この時期二方向から展開された。
一つは「歴代主役ガンダムを、統一フォーマットでリメイクする」をキャッチフレーズに始まった、“オールガンダムプロジェクト”。
そしてもう一つの企画が、「過去に一度、HGUC化されたモビルスーツを、最新のHGUC技術とフォーマットで、再生する」という目的の“REVIVE”であった。
36 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『ガンプラり歩き旅』その45 ~HGUC最新版、10機目のガンダムと、ビーム・ジャベリン!~

『ガンプラり歩き旅』その45 ~HGUC最新版、10機目のガンダムと、ビーム・ジャベリン!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第45回は、この連載での紹介は10機目となる(発売順では9機目)のガンダムと、レアな武器・ビーム・ジャベリンです!
市川大河 | 4,252 view
『ガンプラり歩き旅』その40 ~ある意味究極の機動兵器、ボールただいま参上!~

『ガンプラり歩き旅』その40 ~ある意味究極の機動兵器、ボールただいま参上!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第40回は、地球連邦軍の大量生産棺桶……じゃなかった、機動兵器・ボールです!
市川大河 | 3,098 view
『ガンプラり歩き旅』その38 ~1/144 ガンダムは、何度だって蘇ってくる!(6度目)~

『ガンプラり歩き旅』その38 ~1/144 ガンダムは、何度だって蘇ってくる!(6度目)~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第38回は、6度目の商品化となる、1/144 ガンダムの紹介です!
市川大河 | 3,020 view
『ガンプラり歩き旅』その26 ~2001年、1/144 ガンダム3度目への旅~

『ガンプラり歩き旅』その26 ~2001年、1/144 ガンダム3度目への旅~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第26回は、『機動戦士ガンダム』(1979年)主役メカ・ガンダムの2001年バージョンです!
市川大河 | 7,420 view
『ガンプラり歩き旅』その25 ~弱きジムよ! これが本当の量産型だ!~

『ガンプラり歩き旅』その25 ~弱きジムよ! これが本当の量産型だ!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第25回は、『機動戦士ガンダム』(1979年)後半から登場した地球連邦の量産型モビル・スーツ、ジム!
市川大河 | 8,161 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト