数多くの賞を受賞!ジャミロクワイの床が動くPV!動いてるのは床じゃない!
2017年2月15日 更新

数多くの賞を受賞!ジャミロクワイの床が動くPV!動いてるのは床じゃない!

90年代アシッド・ジャズを代表するグループ「ジャミロクワイ(Jamiroquai)」。1996年のアルバムからシングルカットされた「Virtual Insanity」のPVがユニークだった。床や人が自在に動くPVの秘密に迫る。

36,687 view

90年代に人気だったジャミロクワイ

90年代に流行したアシッド・ジャズを代表するグループ「ジャミロクワイ(Jamiroquai)」。
彼らは・・・ちなみにジャミロクワイは白人男性ひとりではない。
え?ひとりじゃないの!?

え?ひとりじゃないの!?

「ジャミロクワイ」のアルバム「ジャミロクワイ」のジャケットイラスト。
ボーカルである白人男性のジェイ・ケイ(JK, Jay Kay, Jason Kay)によるソロと勘違いされ易いが、実際には多くのメンバーで構成されている。
ただし、1stアルバムから現在まで在籍しているのはジェイ・ケイだけである。

メディアに登場する回数からしてもジェイ・ケイの印象が強く、「ジャミロクワイの話題=ジェイ・ケイの話題」の図式は致し方ないものとされている。
ジャミロクワイのボーカル・ジェイ・ケイ

ジャミロクワイのボーカル・ジェイ・ケイ

ジェイ・ケイといえばデビューの頃から「ハット」のイメージ!

ジェイ・ケイといえばデビューの頃から「ハット」のイメージ!

90年代の日本では、ジャミロクワイの楽曲がフジテレビ系子供番組ウゴウゴルーガのEDに採用され、1997年頃にはソニーのMDイメージキャラクターにも起用され人気を博した。

ダウンタウンが司会を務めた音楽番組HEYHEYHEYにも登場し、松ちゃんにジャミロクワイのゴッツイ大きなボディガードをいじられたり、ジェイ・ケイがギョーザが好きだという話をしていた。非常に気さくなジェイ・ケイは、バラエティでも人気だった。

この出演時点で5回目の来日だったという。ジェイ・ケイは日本好きでも知られていて、ロンドン市内にある高級カラオケ店及び寿司屋の常連でもあるそうだ。
ルックスもイケてたジェイ・ケイ!!

ルックスもイケてたジェイ・ケイ!!

出典 tower.jp

つい惹き込まれたシングル「Virtual Insanity」の動く床のPV!!

インディーズでデビューシングルを発売したばかりのジャミロクワイに対し、大手レコード会社のソニー・ミュージックが新人としては異例の大型契約を結ぶなど、実力と人気を着実に向上させてきた90年代前半の彼ら。

そして、さらに彼らを”世界的規模”で有名にしたのは、1996年発表の世界中で700万枚以上を売り上げた3rdアルバム「Travelling Without Moving」からシングルカットされた「Virtual Insanity」とそのPVである。
「Virtual Insanity」のPV内でのジェイ・ケイ

「Virtual Insanity」のPV内でのジェイ・ケイ

無機質な部屋に現れるジェイ・ケイ。
片足を上げ、制止するジェイ・ケイ。
しかし、しばらくするとスッとそのままの体勢で、前へ進み始め、と同時にピアノの心地良い音が流れ始める。

歩いてないのに進んでる!?床が動いてる!!??
「どーなってるワケッ」と石橋貴明よろしくこの不可思議なPVの世界に惹き込まれた方も多いのではないだろうか。
動く床に、片足を上げながら両手でバランスを取って進むジ...

動く床に、片足を上げながら両手でバランスを取って進むジェイ・ケイ!!

出典 i1.wp.com
この”動く床”によってソファーが動き回り、それに合わせてジェイ・ケイも踊りながら部屋を自由に動いて回った。
時に後ろ方向へ、時に迫りくるソファから逃れるようにひょうひょうと。

この独特な床だが、実際には「床が動く」のではなく「壁を動かしている」のであった。これは現場の撮影スタッフ30人がかりで部屋の壁を人力で押しているのだ。

意外にアナログな作り方で、てっきり当時最先端のCG技術を駆使して制作されたものだと思っていた筆者は、この事実を知った時、驚くと同時にこの”種明かし”もジャミロクワイの軽やかでユニークなイメージに合うなと思った。

ただ、地球人では作れないとあれだけ言われたミステリーサークルが、超単純な仕掛けで作られていたのを知った時のガッカリ感にちょっと似た感情も沸き起こったが(笑)

そういえばミステリーサークルもジャミロクワイと同じイギリス発だった気が・・・関係ないかっ
本作のPVはジョナサン・グレーザーが手掛けており、その後も活躍を続けているジャミロクワイの中でも最も有名な一本だ。
楽曲の内容は仮想現実(ヴァーチャル・リアリティ)といった実体のない技術などの進化を皮肉った作品であり、壁を手で動かすという”アナログ”な制作手法は、内容を踏まえると理にかなっている。

1997年9月に行われたMTV MUSIC VIDEO AWARD 1997において10部門にノミネートされ「Video of the Year」を受賞した他、SPACE SHOWER Music Video Awardsにて「BEST INTERNATIONAL VIDEO」を受賞するなど数々の賞を獲っている。

Jamiroquai - Virtual Insanity (Official Video)

公式PV。
本作内ではカラスが飛んだり、ゴキブリ(のような虫)がカサカサ動いたり、何やらよく分からない白い服の男たちが現れたりする。その意図はよく分からない(笑)

皮肉が込められ、時に自虐的なブリティッシュジョークの一つなのかは、謎である。

日清食品「カップヌードル」×Virtual Insanity

2010年に日本の食品メーカーの日清食品が「カップヌードル」のCMで、「Virtual Insanity」のパロディを放送し、懐かしさと共に話題となった。
ジェイ・ケイが曲のサビ部分で「歌ってたら、腹減った、腹減った、腹減った、オー、カップヌードル5つ食べられるくらい」「他のじゃ いや~よ、他のじゃ いや~よ、カップヌードルがいいよ」と日本語で歌っている。
放送当時、この歌声が本人だ、いや本人ではないと、ネットで情報が錯綜したが、「ミトカツユキさん」という方が歌っているらしいという結論で落ち着いている。

ちなみに同シリーズ第1弾CMでは、こちらも懐かしの一曲MISIAの「Everything」が使用されていた。
31 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

アシッドジャズの雄・ジャミロクワイが7年ぶりの新作を3月にリリース!MVも公開!!

アシッドジャズの雄・ジャミロクワイが7年ぶりの新作を3月にリリース!MVも公開!!

90年代始めのアシッドジャズを代表するジャミロクワイ。今回、2010年の『Rock Dust Light Star』以来のスタジオフルアルバムとなる新作『AUTOMATON』の日本盤が、3月31日にリリースされることが分かった。
安室奈美恵が引退!アムラーを生み出したカリスマ歌姫の伝説をまとめてみました!

安室奈美恵が引退!アムラーを生み出したカリスマ歌姫の伝説をまとめてみました!

あの安室奈美恵が、公式HPにて2018年9月16日をもって引退することを電撃発表しました。今年デビュー25周年を迎え、地元・沖縄で凱旋公演を行ったばかりでの今回の発表。日本中が衝撃に包まれています。
隣人速報 | 10,884 view
写真家デニス・モリスによる写真展!オアシス「リアム・ギャラガー」の94年東京公演のライブ写真が公開!!

写真家デニス・モリスによる写真展!オアシス「リアム・ギャラガー」の94年東京公演のライブ写真が公開!!

ニューヨーク発ファッションブランド「マーク ジェイコブス」が手掛けるブックストアBOOKMARC(ブックマーク)にて、写真家デニス・モリスによる、初公開となるオアシス「リアム・ギャラガー」のライブ写真展が開催されます。期間は4月21日(土)から4月30日(月・祝)まで。
隣人速報 | 216 view
要望に応えて歌と動画を制作する『オリソン』がサービス開始!社歌がヒップホップに仕上がった!

要望に応えて歌と動画を制作する『オリソン』がサービス開始!社歌がヒップホップに仕上がった!

株式会社ハイウェルがオリジナルの楽曲と動画制作がパッケージになったサービス『Ori-Son(オリソン)』をリリース。公開された同社の社歌はヒップホップサウンドに仕上がり、PVにはお笑い芸人の玉袋筋太郎(浅草キッド)らが出演している。
ジャミロクワイ「オートマトン」発売記念で田島貴男ら著名人が、90年代を振り返るコメントを公開!

ジャミロクワイ「オートマトン」発売記念で田島貴男ら著名人が、90年代を振り返るコメントを公開!

ジャミロクワイの約7年ぶりとなる通算8枚目のスタジオアルバム「オートマトン」の発売を記念して、90年代から活躍している著名人から、当時の思い出や新作の感想コメントが公開されている。
red | 634 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト