大衆車からの脱却を図ったトラッド・サニー
2017年6月13日 更新

大衆車からの脱却を図ったトラッド・サニー

ラティオの販売終了で、空席となった日産の小型セダン。その座と言えば、かつてはサニーが君臨していました。特に1985年に登場した6代目は、品質やデザインにおいて、その後の方向性に大きな影響を残しました。

11,703 view

「大衆車だから」を排除した高品質設計

日産サニーは1966年に発売された小型セダンで、日本の販売台数の首位を巡って、長年トヨタ・カローラと競い合ってきました。そのため、このカテゴリーは「大衆車」と呼ばれてきました。

サニーのなかでエポックとなったのが、1985年9月発売の6代目、B12型です。このモデルは「トラッド・サニー」の愛称が付けられました。特筆すべきはボディ品質です。それまではボディ剛性などの品質面で、「大衆車ならこんなもの」という暗黙の了解が設計側にもユーザー側にもありましたが、6代目では高張力鋼板、亜鉛ニッケル合金メッキを用いた防錆鋼板を採用し、ボディ剛性が大幅に高まりました。サニーの大幅な品質向上は、1987年にフルモデルチェンジをした6代目カローラにも大きな影響を与えたと言われています。

エンジンはいずれも直列4気筒で、1500cc、1300ccのガソリンエンジンのほか、1700ccディーゼルを用意。駆動方式は先代に続いてFF方式となりました。その後、1600ccツインカムエンジンやフルオートフルタイム4WDが加わり、バリエーションが充実していきました。

デザイン面では、角張ったデザインの3BOXセダンが特徴で、フロントグリルにはSUNNYの「S」をモチーフにしたシンボルマークが入れられました。ボディ剛性の大幅な向上やボクシーなデザインには、1984年から日産でライセンス生産をしていたフォルクスワーゲン・サンタナの影響が大きかったと言われています。
1985年に発売された6代目。

1985年に発売された6代目。

四角いボクシーなデザインは、「トラッド・サニー」のキャッチコピーによく似合っていた。
前期型のリアデザイン。

前期型のリアデザイン。

クルマのしっかり感がデザインからも伝わり、従来の大衆車のイメージを覆す上質なものとなった。
B15型ターボモデルの内装。

B15型ターボモデルの内装。

上級グレードには、全席パワーウインドーも装備され、バブル経済の入り口とともに、大衆車も大きな転換期となった。

Nissan Trad Sunny 01 30sCM

大衆車にありがちなファミリー層向けの作りから、ビートルズをBGMに大人感ある演出がされたB12型前期のCM。

大規模なMC(モデルチェンジ)でサニー顔が誕生

6代目サニーは、1987年9月にマイナーチェンジを受けました。前期型は、月間販売ランキングで首位に立つほど売れていましたが、このマイナーチェンジで大規模なデザイン変更を受けました。フロントでは、バンパーに付いていたウインカーがバンパー上に移されました。リアデザインでは、ナンバープレートがバンパー上から下に移され、コンビネーションランプの形状も大きく変わりました。これが、いわゆる「サニー顔」の始まりとなります。

メカニズム面では、E15型から新開発のGA15型(1500ccエンジンの場合)となり、主力エンジンの馬力は73PSから85PSに大幅に引き上げられました。サニーが元気だった時代の、意欲的なマイナーチェンジでした。

なお、6代目では4ドアセダンのほか、3ドアハッチバック、ステーションワゴンのカリフォルニア、3ドアクーペのRZ-1の4タイプのバリエーションがありました。
マイナーチェンジでいわゆる「サニー顔」となった後期型。

マイナーチェンジでいわゆる「サニー顔」となった後期型。

写真はツインカム1600ccエンジン搭載車。
マイナーチェンジで、リアデザインも大きく変更された。

マイナーチェンジで、リアデザインも大きく変更された。

NISSAN TRAD SUNNY SPLEND 新登場 図書館編 1989

大きくデザインが変わった後期型でも、センスのよいCMコンセプトは継承された。BGMは終始ビートルズだったが、大ヒット曲よりも通好みの選曲がされていた。

キープコンセプトをした7代目

1990年1月、サニーはフルモデルチェンジをして7代目・B13型となります。デザインは角に丸味があるものの完全なキープコンセプトでしたが、品質はいっそう高まりました。これにより「サニー顔」は2世代目へと突入しました。

バリエーションはセダンのみとなり、3ドアはNXクーペとして独立しました。また、ステーションワゴンのカリフォルニアは、サニーではなくADバンをベースとして生まれ変わりましたが、フロントデザインはサニー顔でした。

メカニズム面では、エンジンは引き続きGA型ですが、ツインカム化されました。当初のラインナップは1800cc、1600cc、1500cc、1300cc、1700ccディーゼルと多様でした。

1992年にマイナーチェンジを受け、フロントグリルのSマークは、日産のCIマークに変更されました。B13型は1994年1月にフルモデルチェンジを受けますが、メキシコでは「ツル」の車名でつい先日、2017年5月まで製造されていました。
1990年にフルモデルチェンジした7代目

1990年にフルモデルチェンジした7代目

完全なキープコンセプトだった。
1800ccに設定されたGT-Sは、エアロバンパーやシ...

1800ccに設定されたGT-Sは、エアロバンパーやシルスポイラーを採用。

1500cc・1600ccのスーパーサルーンでも「GT-Sルック」としてオプションで選択でき、人気を集めた。
ステーションワゴンのカリフォルニア

ステーションワゴンのカリフォルニア

ステーションワゴンのカリフォルニアは、ADバンがベースとなったが、フロントデザインはセダンに合わせられた。
アメリカのサニーはB11型以降、セントラの名で発売。2...

アメリカのサニーはB11型以降、セントラの名で発売。2ドアセダンのスポーティモデルもあった。

メキシコでついこの間まで製造されていた「ツル」。

メキシコでついこの間まで製造されていた「ツル」。

CM Nissan Sunny 4doors 1990 JP

デザインはキープコンセプトだが、宣伝には陣内孝則をキャラクターに起用して、CMの方向性は大きく変わった。

8代目の失敗で9代目は先祖帰り

28 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

セドリックよりも高級だったミドルセダン、C33型ローレル

セドリックよりも高級だったミドルセダン、C33型ローレル

最近はすっかりドリフト車のイメージが付いてしまった日産ローレル。しかし、我々ミドルエッジ世代にとって、ローレルは高級車でした。特にバブル時代に発売されたC33型は、セドリックよりも上質なクルマとして記憶に残ります。
篠田恵三 | 11,067 view
【自動車クイズ】車種当てクイズ!テールランプ・フロント編!オジさんならすぐ分かる!?

【自動車クイズ】車種当てクイズ!テールランプ・フロント編!オジさんならすぐ分かる!?

自動車の写真を見て車種当てクイズに答えよう!今回は、テールランプやフロントライト等にフォーカスして写真をピックアップしました。
【自動車クイズ】懐かしい車の写真から車種名を当てよう!

【自動車クイズ】懐かしい車の写真から車種名を当てよう!

写真で振り返る懐かしい自動車クイズ!車の写真を見て車種名を3つの選択肢から選んでください。すべて正解できれば凄い!
「私をスキーに連れてって」時代の人気RV、サーフ&テラノ

「私をスキーに連れてって」時代の人気RV、サーフ&テラノ

昨今のバブル時代ブームもあって、この冬のスキー関連のCMは、1990年前後を感じさせるものが多いですが、自動車における「スキー」「バブル」といえば、クロカン4WDを忘れることはできません。今回は、時代の主役・三菱パジェロを追いかけた二大メーカーのトヨタ・ハイラックスサーフと、日産テラノを取り上げます。
篠田恵三 | 6,184 view
バブル時代の生き残り、Y31セドリック

バブル時代の生き残り、Y31セドリック

日産セドリックといえば、かつてはトヨタのクラウンと並ぶ、日本を代表する高級車の双璧でした。しかし、2004年に兄弟車のグロリアと統合してフーガにバトンタッチ。セドリックが消滅して10年以上経っても印象が強く残っているのは、タクシー用が2014年まで製造されていたからでしょう。
篠田恵三 | 7,106 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト