黒夢の歴史とヒット曲をヴィジュアルとともに振り返ろう!
2021年3月27日 更新

黒夢の歴史とヒット曲をヴィジュアルとともに振り返ろう!

主に1990年代に活躍していたバンド、黒夢。インディーズ時代から解散までの歴史とヒット曲をたどっていきましょう。ヴィジュアルもかなり変化しています!

456 view

結成~インディーズ時代

Amazon.co.jp: 生きていた中絶児: 音楽 (2265155)

黒夢は2人組だと思っている人も多いと思いますが、結成当初は4人でした。

元々、GARNETというバンドに所属していた清春、人時、鋭葵の3人と、GERACEEというバンドに所属していた臣の4人で1991年結成されました。対バンで清春の声を聞いた臣が、一緒にバンドを組みたいと熱望し、結成に至りました。

「黒夢」というバンド名は結成前からあった楽曲からきています。「夢や神は存在しない」「あくまで現実」という意味が込められているそうです。バンド名も漢字ですが、メンバー名も漢字。この頃はアルファベットのバンド名、メンバー名が流行していましたが時代に逆境する漢字でかっこよかったですね。

ちなみに初期はバリバリのヴィジュアル系です。黒夢は名古屋出身バンド。名古屋はインディーズ文化が盛んでヴィジュアル系バンドも多く存在していました。中でも黒夢は人気があり、主に中京地方で活躍していましたが、デビュー前に渋谷公会堂でライブを行うほどだったんです。

1992年にドラムの鋭葵が脱退。翌年別のドラムが加わりますがすぐに脱退したため、ドラムはサポートメンバーを入れ、3人で活動していました。

インディーズ時代にデモテープ2本、ミニアルバム1枚、アルバム1枚を製作しています。

デビュー~臣の脱退まで

Amazon.co.jp: For Dear: 音楽 (2265164)

インディーズで人気が出た黒夢は1994年に東芝EMIから「for dear」でデビューします。清春は髪を短く切っていることもあり、ヴィジュアルは少し落ち着いてきましたね。その後、アルバム「迷える百合達」、シングル「ICE MY LIFE」、ミニアルバム「Cruel」をリリース。

そして、3枚目のアルバム「feminism」のレコーディングをしていたのですが、ギターの臣が突然失踪。そしてそのまま脱退しています。マリスミゼルのgacktもそうですが、失踪して脱退というのも珍しくなかったんですね。

臣はその年に「VINYL」というロックユニットを結成。黒夢が活動休止中の2003年に人時と一緒にSUPER DROP BABIESというバンドも結成しています。失踪しておいて元メンバーと別のバンドを組むとはびっくりですよね。現在は本名の鈴木新の名前でソロ活動をしています。

「優しい悲劇」で知名度がアップ

Amazon.co.jp: feminism: 音楽 (2265169)

臣が脱退後の1995年にシングル「優しい悲劇」、「Miss MOONLIGHT」。アルバム[feminism」をリリース。

今までよりもポップな曲調になり、ダークな言葉も少なくなってきたのでこのあたりからヴィジュアル系ファン以外のファンも増えていきます。まだまだ化粧はしていますが、いわゆるヴィジュアル系とはまた違う感じですね。

臣が在籍していた時は臣が6割、人時が4割で作曲を担当していましたが、脱退後は清春も作曲をするようになりました。作詞は元々清春が一人で担当していましたよ。

「BEAMS」以降はヴィジュアルがどんどん変わる!

Amazon.co.jp: バンドスコアピースBP3 BEAMS / 黒夢 (Band piece series): 本 (2265172)

5枚目のシングル「BEAMS」の頃はまた髪が伸びてパーマスタイルになっている清春。この辺りはリリースごとにイメージが変わっています。といってもヴィジュアルが変わっているのは清春だけで、人時はずっとワンレンロングを貫いていましたね。

「BEAMS」はmaxell「PO'z」というカセットテープのCMソングにも使用され、ヒットしました。
Amazon.co.jp: SEE YOU: 音楽 (2265174)

次のシングル「SEE YOU]ではまた短髪にもどった清春。しかも赤色です。この頃は髪の毛の色に個性を出す人が芸能人でも一般人でも多かったです。

衣装も全身チェックでかわいらしく、初期のころからは想像つかない感じになっていますね。

Amazon.co.jp: BEAMS (FAKE STAR VERSION): 黒夢: Digital Music (2265176)

「BEAMS]、「SEE YOU]を収録したアルバム、「FAKESTAR」ではさらに短髪になり、ロックな感じになっていました。初期というか前作のアルバム「feminism」と比べてもだいぶ違いますね。

当時のJ-POPシーンを皮肉った内容になっていて、アルバムやこの頃開催されていたライブはかなり攻撃的でしたね。

アルバム「Drug TReatment」あたりから現在のスタイルに

 (2265179)

しばらくヴィジュアルがコロコロ変わっていた清春ですが、その後は落ち着いてロックテイストになっています。現在もこのようなスタイルであまり変わらないですね。

いわゆる「ヴィジュアル系」ではなくなっていましたが、この頃から本当にヴィジュアルにこだわらなくなったのかもしれませんね。

ちなみに1998年にリリースされたシングル「MARIA」はオリコン2位で黒夢史上最高位でした。

ですが1999年に無期限の活動休止期間に突入。清春はSADSとして活動。2003年からはソロ活動をしています。

人時はプロジェクトを開始したり、サポートなどを行っていました。

解散~再結成~再解散

22 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

永遠のロックバンド『黒夢』彼らのパフォーマンスに目が離せない!!

永遠のロックバンド『黒夢』彼らのパフォーマンスに目が離せない!!

清春の特徴ある歌声やバンドの存在感が人気を呼んだグループ。メンバーが脱退し、2人で活動していましたが多くのファンを集めました。
星ゾラ | 9,293 view
ヴィジュアル系ムーブメント到来!黄金期の前半1990年~1994年を振り返る!

ヴィジュアル系ムーブメント到来!黄金期の前半1990年~1994年を振り返る!

ヴィジュアル系の王道と呼ばれるスタイルを作り上げた、ヴィジュアル系三大聖典が生み出されたムーブメント前半。 90年代ヴィジュアル系ムーブメントを知る上で外すことのできないこの前半にどんな作品が生み出されてきたのか、そして次々とメジャーの階段を上がってきたバンドの軌跡を振り返っていきます。
蛍火 | 3,527 view
黒夢の結成30周年記念!超豪華CD&DVD BOX『KUROYUME BOX+』が発売決定!!

黒夢の結成30周年記念!超豪華CD&DVD BOX『KUROYUME BOX+』が発売決定!!

ユニバーサルミュージックより、90年代に活躍したロックグループ「黒夢」の結成30周年を記念したCD&DVD BOX『KUROYUME BOX+』が発売されます。
隣人速報 | 349 view
黒夢の現在の活動は?懐かしいヒット曲も振り返ろう!

黒夢の現在の活動は?懐かしいヒット曲も振り返ろう!

1991年に結成されたロックバンド「黒夢」 独特な雰囲気と曲で90年代は男性、女性からもかなり人気がありましたね。 現在30代の方は知っている人も多いのではないでしょうか。 今回は黒夢のヒット曲と現在の活動についてご紹介します。
やすたけ | 5,012 view
清春、全66公演に及ぶプラグレス・シリーズ公演を完走! そして、色とりどりの闇の先に待ち受ける2018年とは?

清春、全66公演に及ぶプラグレス・シリーズ公演を完走! そして、色とりどりの闇の先に待ち受ける2018年とは?

清春が3月より東京・渋谷マウントレーニアホールにて開催してきた、トータル公演数66本ものマンスリー・プラグレス公演『エレジー』が、12月21日をもって幕を閉じた。最終日のライブのオフィシャルレポートをご紹介する。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト