【高倉 健】デビュー作から遺作まで・・・可能な限りご紹介します。
2017年2月9日 更新

【高倉 健】デビュー作から遺作まで・・・可能な限りご紹介します。

ご存知、日本の映画シーンの中で外すことのできない名優。独特のキャラクターの立つもう二度と現れることのないであろう俳優であることは異論のない所でしょう。読者の皆さんも何度となく御覧になっておられるでしょうが、初期の作品はおそらくご存じない方も多いのではないでしょうか。この度はデビュー作から遺作まで年代順に代表作をご紹介させていただこうと思います。

6,073 view

本人紹介

高倉 健

高倉 健

本名 小田 剛一(おだ たけいち)
生年月日 1931年2月16日
没年月日 2014年11月10日(満83歳没)
出生地  日本 福岡県中間市
死没地 日本 東京都
身長 180 cm
血液型 B型
職業 俳優・歌手
ジャンル 映画・テレビドラマ・CM
活動期間 1955年 - 2014年
配偶者 江利チエミ(1959年 - 1971年)

高倉健さんの作品で最も思い出に残っている映画は?

1975年の作品「日本任侠道 激突篇 」ころまでは、任侠映画には
なくてはならない存在であった[健さん]。

確かにあの頃、この手の映画を見た後の映画館から出てくるお客さんたちは、
皆、「健さん」に成りきって出てきていましたね。

デビュー作 「電光空手打ち」

電光空手打ち(DVDジャケット)

電光空手打ち(DVDジャケット)

監督
マキノ雅弘
脚本
野上龍雄
笠原和夫
村尾昭
企画
俊藤浩滋
高倉健藤川宗次
村田英雄和田島義雄
内田朝雄半田仙造
里見浩太朗半田邦夫
長門裕之寅松
全てのスタッフ・キャストを見る
作品データ
製作年
1965年
製作国
日本
配給
東映
同時期に発表された続編の「流星空手打ち」と共に収録されていますが、「電光空手打ち」がデビュー作です。

上映時間 59分
製作国 日本
初公開年月 1956/01/29


]1955年に大学時代の知人のつてで、芸能プロのマネージャーになるため喫茶店で面接を受けたが、居合わせた東映東京撮影所の所長で映画プロデューサー・マキノ光雄にスカウトされ、東映ニューフェイス第2期生として東映へ入社。落ちこぼれ扱いされてたと思ったけど採用1っか月半で主役デビューが決まったそうです。

元々、この作品は、牧野吉晴原作、波島進主演で人気を博した「飛燕空手打ち」「力闘空手打ち」に続くシリーズで何故、[健さん]が主役として起用されたかまでの経緯は不明です。

日本侠客伝シリーズ

日本侠客伝シリーズ」は「博徒シリーズ」と共に二大シリーズとして、
出発したばかりに任侠路線を支えることになった。

また高倉の台頭により看板スターは時代劇黄金期から一新され、
鶴田浩二・高倉健を頂点に、その脇役から藤純子、若山富三郎、菅原文太らが
次々と一本立ちし、再び磐石のスター・ローテーションが形成されることになった.

「健さん」の人気を決定的なものにした東映任侠映画長期シリーズ

1964年から1971年にかけて11本が製作されました。
日本侠客伝

日本侠客伝

監督:マキノ雅弘
出演:
萬屋錦之介
高倉健
大木実
松方弘樹
田村高廣
長門裕之富司純子
南田洋子
三田佳子
ミヤコ蝶々
津川雅彦
月形哲之介
大前均
内田朝雄
キーワード:
邦画
日本映画
東映アクション
ヤクザ
シリーズ第1作 日本侠客伝(1964)

シリーズ第2作 日本侠客伝 浪花篇(1965)

シリーズ第3作 日本侠客伝 関東篇(1965)

シリーズ第4作 日本侠客伝 血斗神田祭り(1966)

シリーズ第5作 日本侠客伝 雷門の決斗(1966)

シリーズ第6作 日本侠客伝 白刃の盃(1967)

シリーズ第7作 日本侠客伝 斬り込み(1967)

シリーズ第8作 日本侠客伝 絶縁状(1968)

シリーズ第9作 日本侠客伝 花と龍(1969)

シリーズ第10作 日本侠客伝 昇り龍(1970)

シリーズ第11作 日本侠客伝 刃(ドス)(1971)

網走番外地シリーズ

大雪原の脱走、トロッコによる追跡劇、列車による手錠切断から大団円まで主演の高倉健が演じきり、スターダムに駆け上がった。

この頃の石井・高倉コンビの映画は世の中から浮き上がってしまったチンピラや殺し屋が体当たりで敵にぶつかって命を散らしていく内容が多く、
『東京ギャング対香港ギャング』『ならず者』『いれずみ突撃隊』で
高倉の骨太なヒーロー像は確立していった。

石井は高倉のよさを生かしながら泥臭くならない二枚目半の魅力を引き出している。

主題歌も大ヒット。但し一時は放送禁止歌になった。

網走番外地 [DVD]

網走番外地 [DVD]

監督:
石井輝男
企画:
大賀義文
出演:
高倉健
南原宏治
丹波哲郎
安部徹
嵐寛寿郎
田中邦衛
杉義一
佐藤晟也
関山耕司
菅沼正
北山達也
上映時間
92分
製作国
日本
初公開年月
1965/04/18

石井監督作品

シリーズ第1作 網走番外地

シリーズ第2作 続 網走番外地 (1965年度興行収入ベスト10 : 6位)

シリーズ第3作 網走番外地 北海篇 (1965年度興行収入ベスト10 : 2位)

シリーズ第4作 網走番外地 荒野の対決 (1966年度興行収入ベスト10 : 9位)

シリーズ第5作 網走番外地 南国の対決 (1966年度興行収入ベスト10 : 3位)

シリーズ第6作 網走番外地 大雪原の対決 (1966年度興行収入ベスト10 : 1位)

シリーズ第7作 網走番外地 決斗零下30度 (1967)

シリーズ第8作 網走番外地 悪への挑戦 (1967)

シリーズ第9作 網走番外地 吹雪の斗争 (1967)

他監督作品

106 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

竿の先に黄色いハンカチ、それは夫婦の愛の約束!映画「幸福の黄色いハンカチ」

竿の先に黄色いハンカチ、それは夫婦の愛の約束!映画「幸福の黄色いハンカチ」

山田洋次監督。高倉健、倍賞千恵子、武田鉄矢に桃井かおり。錚々たるメンバーで描かれた人情映画「幸福の黄色いハンカチ」。ナンパな男を演じる欽也(武田鉄矢)と欽也に声をかけられた朱美(桃井かおり)。若い二人と道中を共にする勇作(高倉健)。不器用な勇作の妻・光枝(倍賞千恵子)が示した一途な純愛、それはそう「幸福の黄色いハンカチ」。
チロルチョコ | 1,893 view
日本の最北端にあるB系監獄『網走刑務所』!!

日本の最北端にあるB系監獄『網走刑務所』!!

日本の最北端に位置する網走刑務所は、なんか物凄く怖いイメージがありますが、実は網走経験者によると、他の刑務所よりも緩く、又入るなら網走刑務所がイイと言われるほど人気な施設なのです。
ギャング | 5,583 view
高倉健を一躍大スターにした映画「網走番外地」。実はその前に小高雄二、浅丘ルリ子主演で同名の映画がありました。

高倉健を一躍大スターにした映画「網走番外地」。実はその前に小高雄二、浅丘ルリ子主演で同名の映画がありました。

高倉健といえば「網走番外地」は代名詞のようなもの。大ヒットにつぐ大ヒットで続編が実に17本も制作された程です。映画は実録小説「網走番外地」を原作としていますが、高倉健バージョンよりも先に同名の映画が制作されていたんです。ご存じでしたか?
obladioblada | 754 view
【1960年代】私達は「仁義なき戦い」よりも「昭和残侠伝・非牡丹博徒」が記憶に強く残っている世代だ!!

【1960年代】私達は「仁義なき戦い」よりも「昭和残侠伝・非牡丹博徒」が記憶に強く残っている世代だ!!

不謹慎な話になるかもしれませんが、1950年代前半に生を受けた私達にとって、やくざ映画と言えば「仁義なき戦い」よりも「網走番外地・昭和残侠伝」が記憶に強く残っている世代であろう。特に映画の最終部において悪者一味に啖呵を切って”バッタバッタ”とドスでやりあう場面など、”観客”にとってまさにストレス解消の極みだった感があった。どこか、テレビの「水戸黄門」や「桃太郎侍」にも相通ずるものがあった。
【北の国から】黒板五郎役以外にも幅広いジャンルで活躍した『田中邦衛』を主演作と共に振り返る【仁義なき戦い】

【北の国から】黒板五郎役以外にも幅広いジャンルで活躍した『田中邦衛』を主演作と共に振り返る【仁義なき戦い】

「純ーー。蛍ーーー。」のモノマネは誰もが一度はしたことがあるはず。コミカルで憎めないキャラクターを多く演じてきた「田中邦衛」。「若大将シリーズ」の青大将でブレイク!「網走番外地シリーズ」では、高倉健と共演しています。「北の国から」だけじゃない田中邦衛を出演作と共に振り返ってみます!

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト