批評するだけのことはある?セルジオ越後の現役時代を調べてみた
2017年10月15日 更新

批評するだけのことはある?セルジオ越後の現役時代を調べてみた

辛口サッカー評論家として知られるセルジオ越後。かつては、18歳でブラジルの名門・コリンチャンスとプロ契約を交わし、世界的に有名なドリブルフェイント「エラシコ」を考案するスピードとテクニックを兼ね備えたドリブラーとして活躍したといいます。そんな選手時代のセルジオの軌跡をまとめてみました。

4,774 view

6大会連続でワールドカップ出場を決めた日本。しかし…

2017年8月31日。埼玉スタジアム2002で行われた、FIFAワールドカップアジア最終予選第9戦・オーストラリア戦において勝利し、見事、6大会連続で本大会出場を決めたサッカー日本代表。最終予選初戦のUAE戦をホームで落とすなど、一時はどうなることかと行く末が危ぶまれたものでしたが、終わってみれば、貫禄の1位通過。終わりよければすべてよし…そんな弛緩したムードが、ライトなサッカーファン及び日本全体に漂っているのはご存じの通りです。

相変わらず、怒っているセルジオ越後

しかし、いつものことながら、怒れる男がいます。そう、セルジオ越後です。本戦出場決定には素直に喜びを示したものの「今のままではW杯で一勝もできない」と、毎度のことながら危機感をあらわにしたのです。
日本が負けたら烈火のごとく批判するし、勝ったら勝ったで「強豪相手では通じない」「世界レベルでは相手にならない」と痛罵する…彼のサッカー評論家としてのスタンスは、今も昔も変わりません。一種の様式美さえ感じるというものです。

それにしても、なぜ、この70過ぎの小太りのおじいちゃんが、これほどまで強気に有名選手や代表監督を痛烈に批判できるのか、気になったことはないでしょうか?それは野球における張本勲や金田正一と同じで、確かな実績を残しているからに他なりません。今回は、あまり語られることのないサッカー選手だった頃のセルジオ越後について掘り下げていきたいと思います。
セルジオ越後

17歳でサンパウロの名門・コリンチャンスに入団

1945年7月、ブラジル・サンパウロ州サンパウロで、日本人移民の両親のもと、日系ブラジル人二世として生を受けたセルジオ越後。彼が10代の少年期を過ごした半世紀前ほど前のブラジルといえば、1958年・1962年のワールドカップに2大会連続優勝を果たし、国内のサッカー熱が最高潮に高まっていた時期。セレソンの活躍に触発され、多くの子供たちがボール蹴りに夢中になっていた当時において、セルジオもまた、そんなサッカーに魅せられた少年の一人だったのでした。
優勝を果たしジウマールの肩にもたれかかり涙を流すペレ(中央)

優勝を果たしジウマールの肩にもたれかかり涙を流すペレ(中央)

小柄ながらも技術に長けていた彼は、プロエンサ高校在学中の17歳の時に地元のクラブチーム、コリンチャンス・ユースのテストを受けて合格。コリンチャンスは、現在までに国内リーグ優勝6回、サンパウロ州選手権優勝27回を数える、ブラジル国内屈指の名門。かつては、ソクラテス、ドゥンガ、リバウド、ロナウドといったブラジル代表のクラックも多数在籍していました。
コリンチャンス

コリンチャンス

伝説的名手・リベリーノに、妙技「エラシコ」を伝授

この強豪チームにおいて、セルジオは18歳の時にプロ契約を結びます。そこで知り合ったのが、後にブラジル代表のレジェンドとなるリベリーノです(1946年生まれでセルジオの1歳下)。
リベリーノ

リベリーノ

2人は早くから親交を深め、その交流によって1つのドリブルスキルが誕生します。それは、ボールをアウトサイドで素早く外へ蹴りだすフリをして、インサイドで内に蹴り込んで進む「エラシコ(ゴムひもの意)」というフェイント。
かつては、ロナウジーニョがその名手として名を馳せ、現在でも、イブラヒモビッチやクリスティアーノ・ロナウド、ネイマールといった1流プレイヤーも度々使用する、オーソドックスなスキルとして知られています。この妙技を、ペレやガリンシャのドリブルからヒントを得て考案したのがセルジオであり、それをリベリーノが面白がって真似たために、一躍有名になったのだとか。セルジオはリベリーノに「僕が発明し、君が完璧なものにした」と語ったといいます。

ロナウジーニョのエラシコ

1972年に、日本サッカーリーグの藤和不動産サッカー部に入部

セルジオはコリンチャンスで、卓越した個人技と俊足を活かし、主に右ウィングの選手として11試合に出場。しかし、選手層の厚さに苦しみ、わずか1年で退団してしまいます。
その後、建築系会社で営業をしたり、ブラジル2部のチームでプレーしたりした後、1972年、日本サッカーリーグ(JSL)1部の藤和不動産サッカー部(現:湘南ベルマーレ)からのオファーを受けて来日。当時、ヤンマーのネルソン吉村、ジョージ小林といった日系ブラジル人が成功を収めていたこともあり、チーム強化の起爆剤として、同じ日系二世で元プロのセルジオに白羽の矢が立ったというわけです。

セルジオはその期待に応え、圧倒的なテクニックと抜群の戦術眼を兼ね備えたプレイメーカーとして活躍。そのトリッキーなボールさばきから“魔術師”の異名を取り、ファンから愛されたといいます。

セルジオのプレー(0:17~)

1974年に藤和不動産サッカー部退部に伴い現役を引退。1975年に新興チームの永大産業サッカー部でコーチを務めた後、1978年からは、コカ・コーラがスポンサーの「さわやかサッカー教室」を日本全国で開き、少年たちの指導に当たりました。

指導した人数はのべ50万人。なお、20年近く前に撮影された指導風景の映像が残っているのですが、当時で既に50歳は超えているはずにも関わらず、かなりうまいです。
24 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • 受け売り臭いです。 2018/7/12 03:47

    この記事は『調べて』書いた文章ですか?
    ブラジル時代のエピソードはかなり胡散臭いものが受け売りっぽく紹介されています。

    日本でのプロ時代の◯試合出場や◯得点などプロ選手として本来評価される具体的な数字は何も記載なし。華麗なテクニックでファンに愛されたらしいというのは何が元になってるのかな?
    セルジオ越後氏が活躍していたというのは怪しいという別のネット紹介があります。
    そちらは『セルジオ越後氏の経歴に疑問』とした記載が、具体的に数字にて紹介されていました。

    『日本のレジェンド』と凄い評価をされて記載されてますが相応の根拠となる戦績数字くらいは欲しいですね。

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ブラジルから来た侍・ラモス瑠偉!元DFだけど日本リーグで得点王!お茶漬けのCMも!

ブラジルから来た侍・ラモス瑠偉!元DFだけど日本リーグで得点王!お茶漬けのCMも!

1977年に来日して以降、長らく日本サッカーを支えたラモス瑠偉。現役時代は柔らかなボールタッチから放たれるループシュートなど印象に強く残るプレーが多かった。日本サッカーリーグ時代からJリーグ開幕、ドーハの悲劇のラモス瑠偉を中心にまとめた。
ひで語録 | 7,336 view
アトランタオリンピック最大の衝撃!日本サッカーマイアミの奇跡を振り返る

アトランタオリンピック最大の衝撃!日本サッカーマイアミの奇跡を振り返る

1996年アトランタオリンピック。陸上、競泳、体操、柔道、テニス…と数々のスポーツ競技があるなかで、最大の衝撃!最大の番狂わせ!と言われているのが、男子サッカー日本vsブラジル戦です。いわゆる「マイアミの奇跡」と言われている一戦は、優勝候補と言われていたブラジルの猛攻を守備陣が防ぎ、奇跡の勝利を収めました。その日本サッカー衝撃の一戦を振り返っていきましょう。
yt-united | 1,635 view
'98仏W杯・日本代表「呂比須ワグナー」釜本の得点記録を超えたストライカーでした!

'98仏W杯・日本代表「呂比須ワグナー」釜本の得点記録を超えたストライカーでした!

「呂比須ワグナー」。日本代表がフランスW杯の出場へ赤信号がともっていた時に、救世主のように代表へ現れたFWでした。次々とゴールを決める姿が頼もしかったです!
ひで語録 | 7,713 view
【サッカー日本代表】ブラジル撃破!「マイアミの奇跡」を徹底解説!!

【サッカー日本代表】ブラジル撃破!「マイアミの奇跡」を徹底解説!!

1996年、日本サッカー「マイアミの奇跡」。震えましたね、あの試合は。ブラジルのシュートが28本、日本は4本という一方的な試合。にも関わらずワンチャンスをモノにしたあの試合は、いまでも忘れられません。いつの日かワールドカップでブラジル撃破を!!
青春の握り拳 | 28,759 view
怪物ロナウドが日韓W杯で突如「大五郎カット」にした理由とは?

怪物ロナウドが日韓W杯で突如「大五郎カット」にした理由とは?

サッカー界で怪物(フェノーメノ)と呼ばれたロナウド。選手生命をも脅かす大怪我を経て、臨んだ2002年の日韓W杯。そこで披露した「大五郎カット」が話題となりましたが、その理由を後年語っています。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト