ブラジルから来た侍・ラモス瑠偉!元DFだけど日本リーグで得点王!お茶漬けのCMも!
2017年2月10日 更新

ブラジルから来た侍・ラモス瑠偉!元DFだけど日本リーグで得点王!お茶漬けのCMも!

1977年に来日して以降、長らく日本サッカーを支えたラモス瑠偉。現役時代は柔らかなボールタッチから放たれるループシュートなど印象に強く残るプレーが多かった。日本サッカーリーグ時代からJリーグ開幕、ドーハの悲劇のラモス瑠偉を中心にまとめた。

7,906 view
いつまでも若々しく見えるラモス瑠偉だが、実は2017年2月9日に還暦を迎えている。
1957年2月9日にブラジルのリオデジャネイロから山側に70-80キロほど入るメンデスという小さな町で生まれた。

1977年に来日して以降、長らく日本サッカーを支えた侍。現役時代は柔らかなボールタッチから放たれるループシュートなど印象に強く残るプレーが多かった。
めでたく還暦を迎えたラモス瑠偉を特集する。
ヴェルディ川崎時代のラモス瑠偉

ヴェルディ川崎時代のラモス瑠偉

≪2月9日に何が起きたかサクッと分かる”年表的”一覧記事≫

1977年に来日し、日本サッカーリーグで得点王に輝いたラモス瑠偉

1977年1月、ラモス瑠偉(以下、ラモス)はサンパウロ州1部リーグのサアジFCに所属していた19歳の時に、当時読売サッカークラブ(以下、読売クラブ)でプレーしていたブラジル出身の日系二世の与那城ジョージにスカウトされ、日本に渡ることを決意した。
1977年4月に20歳で来日し、読売クラブに入団した。当時はラモスの細身の身体つきから「エンピツ」と呼ばれていた。
20歳!!

20歳!!

出典 ameblo.jp
来日した頃

来日した頃

与那城ジョージ(左)とラモス瑠偉(右)

与那城ジョージ(左)とラモス瑠偉(右)

ブラジル時代はDF(スイーパー)だったが、来日後はFWとしてプレイした。
このコンバートは的中し、1979年には2試合連続ハットトリックを含む14得点7アシストを記録し、得点王・アシスト王の二冠に輝いた。
1981年にバイク事故を起こしたため、足を大怪我し、1982年シーズンに復帰したものの1得点のみに終わる。しかし、1983年には復活し、10得点で得点王を獲得した。
颯爽とピッチを駆け抜ける!

颯爽とピッチを駆け抜ける!

1985年に名門サントスFCらを招き、キリンカップが行われた。日本代表と共にクラブチームである読売クラブが参加した。
サントスFCはキングカズこと三浦知良が所属したことでも有名(カズの在籍は1986年2月から)。当時の日本サッカーのレベルを考えれば雲の上の存在とも言えるチームだった。
他にはウルグアイ代表、マレーシア代表が参加した。

この大会で読売クラブは単独チームとして世界のプロ相手に善戦し、ラモス自身もテクニックが高いことを十分に証明した。
この大会で、日本代表は海外のチームに勝てないどころか、読売クラブ戦にすら惨敗した。当時日本代表レギュラーの約半分が読売クラブ出身であった。

司令塔(ゲスト・ラモス瑠偉、木村和司)<NANDA!?>

13:50~ ラモスの日本サッカーリーグ時代のプレーとポジション変更のエピソードが語られる。

来日時は度々問題を起こし、1年間の出場停止も!

読売サッカークラブへの加入動機は、「なんとしてでもサッカーで金を得る」ためであったが、来日からまもなくホームシックに陥り、ブラジルに帰りたいと涙するなど感情を素直に表すラモス。

感情の起伏の激しい性格で、それは試合中であろうとも変わらなかった。
1978年1月14日、当時人気低迷が続く日本サッカーリーグにおいて「黄金カード」とされた対日産自動車サッカー部戦。試合中ラモスがファウルをし、レッドカードを受けた。この際、相手選手はラモスのファウルを大げさにアピールし、痛がる演技。その後、ラモスがレッドカードで退場する際に、当の相手選手が笑っているのを見て激怒。その相手選手をグラウンドで追い掛け回したことで、異例ともいえる1年間の出場停止処分を受けている。
読売クラブ時代

読売クラブ時代

1993年Jリーグ開幕!ヴェルディ川崎の中心選手として活躍!!

1993年5月15日に開幕したJリーグ。それまで野球に比べ、マイナースポーツの感があったサッカーが一躍人気スポーツとなった。
ミサンガを腕に巻き、顔にペイントする若者でスタジアムは溢れかえった。そんな一大ブームの中、一番の人気チームが、読売クラブからチーム名を変えたヴェルディ川崎であった。

当時36歳で大ベテランであったラモスは、日本サッカーリーグ時代から変わらず中心選手として活躍した。カズや北澤、武田、柱谷と日本代表クラスを揃えたヴェルディ川崎において、中盤に君臨し、長短さまざまなパスを配給した。

また、自身の得点感覚も健在で、1994年のサントリーチャンピオンシップの対サンフレッチェ広島の第2戦では、後半35分にゴール前のこぼれ球を見事にコントロール。キーパーをあざ笑うかのように、いかにもラモスらしい柔らかなループシュートを決めて優勝を決定づけた。
ちなみに、この試合はともにクラブを支えた盟友加藤久の引退ゲームでもあった。
ヴェルディ川崎の”10番”といえばこの男しかいない!

ヴェルディ川崎の”10番”といえばこの男しかいない!

出典 ameblo.jp

Jリーグベストゴール6位 ラモス瑠偉

ループシュートのシーン。
47 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

19歳で日本代表に初選出された戸塚哲也!読売クラブでのプレイに支障が出るからと代表を辞退!

19歳で日本代表に初選出された戸塚哲也!読売クラブでのプレイに支障が出るからと代表を辞退!

読売クラブ、ヴェルディ川崎で活躍したMF戸塚哲也。読売クラブではラモスやジョージ与那城とブラジル流のサッカーを構築。繊細なボールタッチでゴールを量産した得点王でもあった戸塚哲也をまとめる。
ひで語録 | 5,415 view
【サッカー列伝】 読売サッカークラブ~ヴェルディ川崎のゴールマウスを守ったGK菊池新吉を特集します。

【サッカー列伝】 読売サッカークラブ~ヴェルディ川崎のゴールマウスを守ったGK菊池新吉を特集します。

80年代中盤の読売サッカークラブからJリーグ開幕時のヴェルディ川崎名GK・菊池新吉を特集します。ベストイレブンにも輝きました。
ひで語録 | 5,414 view
メガドライブミニ発売記念!?収録されるゲームのキャラを「編みぐるみ」にする人が出現!!

メガドライブミニ発売記念!?収録されるゲームのキャラを「編みぐるみ」にする人が出現!!

9月19日に発売が決定した「メガドライブミニ」。このたび、メガドライブミニに収録されるゲームに登場するするキャラを「編みぐるみ」にしている人がいると、SNSを中心に話題となっています。
隣人速報 | 682 view
90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

集英社が発行する日本を代表する少女漫画誌「りぼん」の展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が、東京・新宿高島屋及び京都高島屋などで開催されることが決定しました。
隣人速報 | 1,392 view
講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

1954年の創刊以来、女の子に愛されてきた漫画雑誌「なかよし」が、2020年1月号で65周年を迎えます。日本で現存するマンガ雑誌の中で最も長い歴史を持つ「なかよし」。その65周年を記念し、原画展の開催が決定しました。開催期間は10月4日から12月25日まで。
隣人速報 | 773 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト