'98仏W杯・日本代表「呂比須ワグナー」釜本の得点記録を超えたストライカーでした!
2016年11月25日 更新

'98仏W杯・日本代表「呂比須ワグナー」釜本の得点記録を超えたストライカーでした!

「呂比須ワグナー」。日本代表がフランスW杯の出場へ赤信号がともっていた時に、救世主のように代表へ現れたFWでした。次々とゴールを決める姿が頼もしかったです!

8,288 view

日本代表 「呂比須ワグナー」

元サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはフォワード。
1969年1月29日生まれ。ブラジル・サンパウロ州出身。身長182cm、体重75kg。右利き。
ブラジル名は「ワグネル・アウグスト・ロペス(Wagner Augusto LOPES)」。

1997年に日本に帰化し、名前を呂比須ワグナーに改名。
同年、サッカー日本代表に選出され、FIFAワールドカップ・アジア最終予選では3得点をあげる活躍で日本のW杯初出場に貢献した。

1998年FIFAワールドカップ本大会ではグループステージ3試合全てに途中出場し、ジャマイカ戦では中山雅史のゴールをアシストした。

2002年に現役引退。
 (1627837)

呂比須(ロペス) ワグナー

ブラジル→来日→引退までの道のり

ブラジルでは才能は開花しなかった

サンパウロ州フランカ市で8人兄弟の末っ子として生まれる。11歳の頃から学業の傍ら兄が経営する靴工場で働き、週末には地元のサッカークラブ、インテルナシオナルFCで練習する。

1984年、15歳で親元を離れ(フランカとサンパウロは同州内であるが約400km離れている)サンパウロFCの下部組織に加入。

主にMFとして起用され同年のU-15サンパウロ州選手権で決勝点を挙げ優勝に貢献。
ジュベニール(16歳~17歳)のブラジル代表にも選出された。

サンパウロFCの大先輩であるオスカー(元京都パープルサンガ監督)の誘いがあり、日本でプレーすることを決意。
18歳で日産自動車サッカー部(現横浜 F・マリノス)に所属し、加茂監督のアドバイスを受け、日本でのプレースタイルを確立。日本でのプレースタイルを確立。日産で3年間プレーした
 (1627879)

ベルマーレ平塚時代
若い頃から日本サッカーにフィットした!

柏レイソルでの活躍!

移籍後の日立・柏レイソルでは、1992年にジャパンフットボールリーグ(旧JFL)の得点王となり、ベストイレブンに選ばれる。
同年長男が誕生。当時ロペスは日本もブラジル同様に出生地主義を採用していると誤解しており、この頃から「家族全員で日本人になりたい」と考えるようになった。

翌1993年もベストイレブンと得点ランク2位となる。1993年に世界的スーパースターのカレカと、同じく元ブラジル代表のネルシーニョが加入。
ロペスはカレカとの強力2トップでゴールを量産したが、95年から元ブラジル代表FWのミューレルが加入することが決まり、外国人枠から押し出される形で1994年シーズン限りで柏を解雇される。

1995年、Jリーグ準会員ではない本田技研工業に拾われる。1996年にはクラブは初の旧JFL優勝を果たしロペス自身も得点王となるが、本田技研はJ リーグに準加盟していなかったため、Jリーグへの昇格はされなかった。

しかし本田技研での活躍と帰化の噂が広まった事で1997年、Jリーグのベルマーレ平塚へ移籍。同年9月に日本国籍を取得すると、名前をそれまでの登録名であったワグネル・ロペスから呂比須ワグナーに改め、直後に日本代表に選出される。平塚では在籍時の2年間とも、チーム得点王になる。
 (1627861)

ベルマーレ平塚では、中田英寿らとプレーしていた!

釜本を超えたFWとして引退

1999年に名古屋グランパスエイトに移籍し、同年と2000年の2年連続でチーム得点王。しかしフロント不信から退団を余儀なくされた。

2001年、FC東京に移籍。開幕戦の東京ダービーではVゴールを含む2得点を挙げる好デビューとなったが、呂比須加入に伴って行われた戦術転換が奏功せず、さらに布陣がFWアマラオの1トップへと変更されたことでポジションを失い、シーズン途中でアビスパ福岡へ移籍。

しかしチームは振るわず、J2降格を喫する。
2002年はJ2でプレーし、同年限りで現役引退。

2002年10月19日、博多の森球技場でのヴァンフォーレ甲府戦のゴールで、日本リーグ・JFL・Jリーグの合計得点が釜本邦茂の202ゴールを超えて203ゴールとなった。
後日、福岡のローカルTV番組から203ゴール目を決めた記念ボールを贈られた。12月8日に博多の森球技場で行われた天皇杯2回戦(栃木SC戦)が最後の公式戦出場となった。
 (1627877)

FC東京在籍時のユニフォーム
背番号「9」

ヘディングに秀でたストライカー

FWとしての特徴

典型的なボックスストライカーでした。とりわけヘディングが強くかなりのゴールをヘディングで決めています。強いシュートも打てましたので、ミドルシュートでのゴールも多いです。

呂比須ワグナー ゴール集 - YouTube

(呂比須 ワグナー)Jクロニクルベスト:1998ベストゴール - YouTube

体格も良く、DFの選手に囲まれても、グイグイと前へ進める推進力を持ったストライカーでした。
上記の動画でヘディングの強さや巧みさがよく分かると思います。

呂比須ワグナーは、ここぞという場面で決めてくれるエースでもありました。
フランスW杯の予選終盤でも、3試合連続ゴールでチームに活力を与えました。
予選通過に赤信号がともっていた日本代表にとって、救世主のような働きぶりでした。

また、日韓W杯に向けたトルシエジャパンにも招集され、コパ・アメリカ1999でも2得点を挙げる活躍でした。
29 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

’98仏W杯・日本代表「平野孝」 ズドンと左足から繰り出される弾丸FKが魅力でしたね!

’98仏W杯・日本代表「平野孝」 ズドンと左足から繰り出される弾丸FKが魅力でしたね!

「平野孝」。アーセン・ベンゲルが監督を務めていた名古屋グランパスエイトでJリーグデビュー。その活躍もあって日本代表にも選出されました。数々のチームを渡り歩いた選手でもありました。
ひで語録 | 4,006 view
名古屋グランパス・「福田健二」壮絶な幼少期を経てデビュー戦で大活躍!シドニー五輪予選は主力でした!

名古屋グランパス・「福田健二」壮絶な幼少期を経てデビュー戦で大活躍!シドニー五輪予選は主力でした!

福田健二。ユース世代の代表でエリートコースを歩んでいました。紆余曲折を経て、世界で活躍したその背中を追いかけます!
ひで語録 | 4,305 view
レフティーモンスター・小倉隆史 94年キリンカップでフランスから得点を奪う活躍!同時に怪我に苦しんだ選手でもありました!

レフティーモンスター・小倉隆史 94年キリンカップでフランスから得点を奪う活躍!同時に怪我に苦しんだ選手でもありました!

小倉隆史。元日本代表FW。名古屋グランパスでプロ選手となり、オランダ二部リーグでも活躍。その後、怪我との戦いが始まりますが、懸命にサッカーに打ち込み、ヴァンフォーレ甲府ではチームに貢献しました。そんな彼のサッカー人生を振り返ります。
ひで語録 | 5,546 view
【サッカー列伝】選手時代のジーコの偉大さと鹿島での功績を振り返ってみます!

【サッカー列伝】選手時代のジーコの偉大さと鹿島での功績を振り返ってみます!

ジーコは白いペレや神様とまで呼ばれた偉大な選手でした。監督の印象も強くなりましたが、選手時代はピカイチの存在でした!鹿島アントラーズでの功績も含め、振り返ってみます。
ひで語録 | 21,264 view
【サッカー列伝】ドーハの悲劇やフランスW杯直前での代表落選も経験した北澤豪。どんな選手でしたか?

【サッカー列伝】ドーハの悲劇やフランスW杯直前での代表落選も経験した北澤豪。どんな選手でしたか?

ドーハの悲劇とフランスW杯とゆうサッカー日本代表を語る上で非常に重要な出来事。その二つの出来事に深く関わっていた北澤豪。選手としての彼を記事にしてみました。
ひで語録 | 5,180 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト