【インタビュー】和嶋慎治が振り返る『人間椅子』29年間のミュージックビデオ
2018年5月24日 更新

【インタビュー】和嶋慎治が振り返る『人間椅子』29年間のミュージックビデオ

4月4日にメジャーデビュー29周年で初の初のMV集である『おどろ曼荼羅~ミュージックビデオ集~』を発売する人間椅子のギタリスト&ボーカリスト、和嶋慎治氏の単独ロングインタビューに成功!デビュー後29年でたっぷり貯まったMVについて振り返って頂きました。

3,614 view

人間椅子・和嶋慎治さんの単独ロングインタビューに成功♪

3月某日、ミドルエッジ編集部は、4月4日にメジャーデビュー29周年で初のMV集である『おどろ曼荼羅~ミュージックビデオ集~』を発売する「人間椅子」のギタリスト&ボーカリストである和嶋慎治さんの単独ロングインタビューに成功しました!

長年に渡って人間椅子のファンであった為、ちょっと興奮気味のミド編インタビュアーでしたが、和嶋さんは終始柔和でどんな質問にも丁寧にお答え頂けました♪

人間椅子「おどろ曼荼羅 ~ミュージックビデオ集~」ダイジェストムービー

新曲「命売ります」含む全16曲収録
TKXA-1119 (Blu-ray)
TKBA-1251 (DVD)
ミドルエッジ
編集部

まず、4月4日に『おどろ曼荼羅~ミュージックビデオ集~』を発売という事ですが、このタイミング(メジャーデビュー29周年)での発売になった理由や想い等をお聞かせください。

和嶋慎治

そうですね。私たち「イカ天」でデビューして29年、来年で30周年を迎える中で色々と自分たちのギアをシフトアップして行きたいと言う事。
そして、アルバムや新曲の発売時にMVを制作するわけですが、それらはいってみれば細切れのままだったので、ここでそのMVを一堂に会してみるのもいいなあと思い、折角ですので一つの作品として出せればと思いました。
29年間のMVという事なので、その時々のテクノロジーの進歩や我々の若者・壮年・中年・初老という歳のとり方も「映像」として併せてみていただければなあと思っております。

ミドルエッジ
編集部

ありがとうございます。
鈴木さんの体型、風貌の変化にも注目ですね!?

和嶋慎治

こうやって一つの作品にしてみると、確かに鈴木君の変貌は注目に値するところだと思います(笑)
といいつつ、自分もだいぶ変わってますが(笑)

ミドルエッジ
編集部

「人間椅子」と言うと「和ロック」の元祖等と言われたりしますが、他のバンドの活動に左右されず我が道を極めていく「アスリート型」バンドのように思えます。
他人より先ず自分たちと戦うような…。

和嶋慎治

もしかしたら、そうかも。
音楽や文学、絵画もそうですが芸術と言われる分野は、たとえテクニック的に劣っていたとしても、オリジナリティの追求がうまく出来れば100点だと思っています。

他アーティストの音楽もたまに聴くのですが感動するというより、同業者目線でここは良いなとか、自分だったらここはこうするなと言う考えが出てきてしまい、そんなに影響を受けるということはないんですよね…。

ミドルエッジ
編集部

ありがとうございます!
私もそんなブレない人間椅子が大好きです!

ミドルエッジ
編集部

今回発売される『おどろ曼荼羅~ミュージックビデオ集~』の内容についてですが、時代を追いながら作品ごとに当時の色々な思いや、人間椅子の骨格である「怪談・死・エロス」という3つのテーマを強く意識された曲などをお教え頂けますか。

先ずはデビュー当時の2本「りんごの泪」(1990)、「夜叉ケ池」(1991)についてお願いいたします。

アルバム『桜の森の満開の下』

アルバム『桜の森の満開の下』

人間椅子のセカンドアルバム。
タイトルは坂口安吾の同名小説「桜の森の満開の下」から。
収録曲の「夜叉ヶ池」は、人間椅子初のシングルとして先行リリースされた。
和嶋慎治

人間椅子は基本的に「君が好きだ、付き合いたい」みたいな恋愛ソングは作らない方針です。そこは他のアーティストにお任せするとして(笑)。
でも、「夜叉ケ池」や2006年の「品川心中」は人間椅子的恋愛ソングなのかもしれません。

また、この時代はまだ「バブル時代」や「バンドブーム」の勢いが残っていてMVに関しても予算があったと思っています。
事務所の主導での作品でしたね。
外人モデルさんを沢山起用した夜叉ケ池のMVのモデル料はひょっとしたらそれだけで現在のMVが1本作れるのでは?と言う感じでした(笑)

ミドルエッジ
編集部

え?!おいくらぐらいだったのでしょうか?

和嶋慎治

それはちょっと言えません…(笑)

ミドルエッジ
編集部

次の2曲、「ギリギリ・ハイウェイ」(1995)と「ダイナマイト」(1995)のMVですが、私は初めて拝見させていただきました。
この2曲はパワーと勢いがあって、とても好きな作品です。

アルバム『踊る一寸法師』

アルバム『踊る一寸法師』

人間椅子の5枚目のアルバム。
タイトルは江戸川乱歩の同名小説『踊る一寸法師』から。
「ギリギリ・ハイウェイ」「ダイナマイト」などを収録。
和嶋慎治

この頃はインディーズ時代でバンドとしても苦しい時期でもありました。
この時、地元の青森で「人間椅子倶楽部」と言うレギュラー番組があって、そこで作成して頂いたのがこの2本のMVです。
お金のかかってなさがわかるMVでしょ?(笑)

この2曲に関しては今回のMV集の目玉でもあり、正直私たちも存在を忘れかけてたMVでもありました。
しかし、今回このMV集に収録できたことが本当にうれしく思っていますし、懐かしさも感じますね。
是非、皆様にも見て聴いて楽しんでいただきたいです。
しかし、鈴木君は「ダイナマイト」でなんで変なサングラスをかけてるのかな?

ミドルエッジ
編集部

あ、それは「ダイナマイト」(パチンコ台をテーマにした曲)のキャラクターを意識したのではないですかね?

和嶋慎治

そうなの!?
今度本人に確認しておきます(笑)

55 件

関連する記事こんな記事も人気です♪

【インタビュー】人間椅子・和嶋慎治が語ったイカ天・オカルト・江戸川乱歩…。

【インタビュー】人間椅子・和嶋慎治が語ったイカ天・オカルト・江戸川乱歩…。

デビューから28年を迎えるロックバンド『人間椅子』の和嶋慎治が、オカルトやミステリーに惹かれたきっかけ、イカ天・バンドーブーム時の経験、バンド名の由来にもなった江戸川乱歩作品など懐かしい想い出から、若いミュージシャンや他アーティストのカバーまで音楽に関する熱い想いを語った超ロングインタビュー。
メジャーデビュー30周年を迎えた筋肉少女帯の大槻ケンヂにミドルエッジが独占インタビュー!

メジャーデビュー30周年を迎えた筋肉少女帯の大槻ケンヂにミドルエッジが独占インタビュー!

今年メジャーデビュー30周年を迎える筋肉少女帯のボーカル大槻ケンヂ氏の単独インタビューに成功! ミドルエッジにオーケン節が炸裂する!!
【取材】喫茶店で使われていたレトロ家具を販売するサイト「村田商會」がリアル店舗に登場!!

【取材】喫茶店で使われていたレトロ家具を販売するサイト「村田商會」がリアル店舗に登場!!

ウェブサイト「村田商會」は、閉店した喫茶店などで使われていた家具を引き取り、ネット上で販売しています。10月6日から8日まで開催されたイベント「村田商會のお蔵出し3DAYS」の出展に際し、取材でお邪魔してきました。
【インタビュー】『非売品ゲームソフトガイドブック』の著者じろのすけが語るレアなゲームの魅力!

【インタビュー】『非売品ゲームソフトガイドブック』の著者じろのすけが語るレアなゲームの魅力!

ゲームコレクターのじろのすけさんによる書籍『非売品ゲームソフトガイドブック』。なぜレアなゲームを集めるのか、入手に苦労したゲームソフトなどを、じろのすけさんご本人に伺いました!
90'sガールポップの中心的存在、井上昌己ロングインタビュー。小学3年で遠足に行きながら作曲!?

90'sガールポップの中心的存在、井上昌己ロングインタビュー。小学3年で遠足に行きながら作曲!?

90年代初頭のGirlPOP(ガールポップ)ブームの中心的存在として活躍されていた井上昌己さん。 今もバリバリ現役で活動を続け、2018年6月1日に新アルバム『MELODIESⅢ』を発売する彼女にインタビューを敢行。 幼少期からデビューまでの道のりや、GirlPOPブーム時代のエピソードなど、たっぷりお聞かせ頂きました。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト