【インタビュー】人間椅子・和嶋慎治が語ったイカ天・オカルト・江戸川乱歩…。
2017年10月4日 更新

【インタビュー】人間椅子・和嶋慎治が語ったイカ天・オカルト・江戸川乱歩…。

デビューから28年を迎えるロックバンド『人間椅子』の和嶋慎治が、オカルトやミステリーに惹かれたきっかけ、イカ天・バンドーブーム時の経験、バンド名の由来にもなった江戸川乱歩作品など懐かしい想い出から、若いミュージシャンや他アーティストのカバーまで音楽に関する熱い想いを語った超ロングインタビュー。

5,976 view
1989年、TBSテレビ系「平成名物TV 三宅裕司のいかすバンド天国」(通称:イカ天)に出場、メンバーの卓越したテクニックと、ネズミ男に扮した鈴木の奇抜な衣装が話題になった人間椅子。

以降28年、ロックに人生を捧げ続けて、近年では世界的ロックイベント「OZZFEST JAPAN」に出演、筋肉少女帯とのコラボシングルを出すなど益々精力的に活動している。

その人間椅子でギターとヴォーカルをつとめ、今年の2月1日には自伝「屈折くん」を刊行し類稀なる文才を発揮した和嶋慎治氏に、オカルトやミステリーに惹かれたきっかけ、「イカ天」時代の想い出、バンド名の由来にもなった江戸川乱歩作品について、さらに若いミュージシャンや他アーティストのカバーについて想うことまで、とことん語って頂いた。
和嶋慎治(わじま しんじ)

和嶋慎治(わじま しんじ)

1965年12月25日生まれ。
青森県弘前市出身。
大学時代、高校の同級生であった鈴木研一とハードロックバンド「人間椅子」を結成。
ギターとヴォーカルを担当。

手にしているのは、兵庫のエレキギター工房・Sago New Material Guitarsとの綿密な打ち合わせを経て生まれたシグネイチャーモデルギター「冥王~Pluto~」。

オカルト・ミステリーについて

1980~90年代は空前のオカルト&ミステリーブームで、ミドルエッジ世代は超能力・UFO・怪奇現象など不思議なことにワクワクする幼少期を過ごしました。
月刊『ムー』を愛読されており、オカルトやスピリチュアルの分野へ強い関心を示されている和嶋さんにオカルトについてお伺いします。
ミドルエッジ
編集部

オカルト的なものに惹かれたのは何がきっかけでしたか?

和嶋慎治

もともとポー(エドガー・アラン・ポー)などの怪奇小説が好きだったこともありますが、直接的には、矢追純一さん制作の「木曜スペシャル」。
ユリ・ゲラーとUFOにノックアウトされました。

ミドルエッジ
編集部

80~90年代は数多くのオカルト的な児童向け書籍やテレビ番組がありましたが、よくご覧になられていたのですか?
好きな本や番組があったら教えてください。

和嶋慎治

怪奇・探偵小説は、「シャーロック・ホームズ・シリーズ(偕成社版)」と「少年探偵団シリーズ(ポプラ社版)」で入り、後にポーやラヴクラフトを知りました。
特に好きだった本は、少年少女講談社文庫の『怪談』1~3巻。
第2巻の辰巳四郎のイラストが秀逸。

ミドルエッジ
編集部

数多くあるミステリーで、どれか一つだけ真相を知ることができるとしたら、何が知りたいですか?

和嶋慎治

地球空洞説。地球の内部はどうなっているのか。

江戸川乱歩について

ミドルエッジのユーザーは、少年探偵団シリーズなど江戸川乱歩作品に慣れ親しんだ世代です。
バンド名を『人間椅子』にしたり、アルバム名を『怪人二十面相』としたり、
江戸川乱歩と切っても切れない関係である和嶋さんに江戸川乱歩作品についてお尋ねします。
ミドルエッジ
編集部

江戸川乱歩と人間椅子の作品に共通するおどろおどろしい雰囲気は、都会化・近代化された東京ではなかなか感じにくいと思いますが、青森県から上京された和嶋さんはどのように感じられていますか?

和嶋慎治

乱歩作品には、大正~昭和初期の上野・浅草あたりのモダンな都会の空気が流れているように思います。
もちろん、過去も現在も青森にはないものです。
僕はそこに、おどろおどろしさというより、きっとロマンを感じているのだと思います。

ミドルエッジ
編集部

和嶋さんが選ぶ江戸川乱歩作品(書籍)のベスト5を教えてください。

和嶋慎治

「二銭銅貨」 「屋根裏の散歩者」 「鏡地獄」 「押絵と旅する男」 「蟲」 (発表年順)

ミドルエッジ
編集部

2時間ドラマで放送されていた江戸川乱歩作品ではヌードの登場も多く、子供では堂々とエロに触れることができる数少ない楽しみでした。
人間椅子もミステリーと共にエロスをテーマにしたものが多いですが、やはりミステリーとエロスは切っても切れない関係なのでしょうか?

和嶋慎治

ミステリーとエロスというより、死とエロスが切っても切れない関係にあると思います。生を際立たせるために、死とエロスは両輪のように作用するのではないでしょうか。
純然たるミステリーには、むしろエロスは不要であるように思います(例:ポーの「黄金虫」)。

ミドルエッジ
編集部

江戸川乱歩の作品は映画やドラマ、アニメなど長年に渡って映像化もされています。 お好みの作品はございますか?
また、もし和嶋さんが映像化を手掛けるとしたら、明智小五郎と怪人二十面相役の俳優は誰を選びますか?

和嶋慎治

すみません、個人的に乱歩のよさは短編小説(散文)にこそあると思っているので、映像化作品にはあまり興味がありません…。
対し、横溝正史は視覚化しやすいといいますか、優れた映像作品がたくさんあるように思います。
したがいまして、自ら小説のイメージを壊すような作業はしたくないのでした。

77 件

関連する記事こんな記事も人気です♪

イカ天出身!個性派バンド 人間椅子

イカ天出身!個性派バンド 人間椅子

イカ天出身!個性派バンド 人間椅子 今も超満員のライブはねずみ男も復活!?
うーくん | 5,048 view
【インタビュー】和嶋慎治が振り返る『人間椅子』29年間のミュージックビデオ

【インタビュー】和嶋慎治が振り返る『人間椅子』29年間のミュージックビデオ

4月4日にメジャーデビュー29周年で初の初のMV集である『おどろ曼荼羅~ミュージックビデオ集~』を発売する人間椅子のギタリスト&ボーカリスト、和嶋慎治氏の単独ロングインタビューに成功!デビュー後29年でたっぷり貯まったMVについて振り返って頂きました。
池田貴族率いるバンド「remote」

池田貴族率いるバンド「remote」

今も語り継がれる伝説のバンド、池田貴族率いるバンド「remote」
うーくん | 5,839 view
「月刊ムー」がついに創刊40周年!期間限定ショップ「ファンタスティックストア・ムー」が新宿で開催!!

「月刊ムー」がついに創刊40周年!期間限定ショップ「ファンタスティックストア・ムー」が新宿で開催!!

“世界の謎と不思議に挑戦する”「ムー」が2019年に創刊40周年を迎えます。それを記念した商品を取り揃えたポップアップショップ「FANTASTIC STORE(ファンタスティックストア)・ムー」が2018年12月22日(土)から12月30日(日)までの9日間、期間限定で新宿マルイアネックス7階イベントスペースにて開催されます。
隣人速報 | 883 view
「見たくなかった光景」漫画家のなかみのるの数奇な体験。

「見たくなかった光景」漫画家のなかみのるの数奇な体験。

誰しも「見えたらどうしよう?」なんて想いを抱いたこと、一度や二度はあるのではないでしょうか。このマンガは漫画家のなかみのるが体験した「見えてしまった光景」について書き綴ったモノ。これを読めば「見たくない」と思わざるを得ないでしょう…。
のなかみのる | 1,651 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト