セ・リーグ初の2年連続打点王に輝いた男!【ルイス・ロペス】
2016年11月25日 更新

セ・リーグ初の2年連続打点王に輝いた男!【ルイス・ロペス】

来日してから、2年連続で3割100打点を越えて、打点王に輝いた選手はロペスがセ・リーグ初の選手でして、今後もなかなか出てこないでしょう。トラブルさえなかったら、バース、ブーマーに並ぶ3冠王も獲っていたかもしれません。 そんなルイス・ロペスの活躍をご紹介しましょう。

2,755 view

広島に本塁打の花を咲かせるためにやってきたルイス・ロペス!

ルイス・アントニオ・ロペス(Luis Antonio ...

ルイス・アントニオ・ロペス(Luis Antonio Lopez)

1964年9月1日生まれ
身長186cm、体重86kg
右投げ右打ち
ポジション:一塁手、捕手

1996年に広島に長距離砲としてメジャーより来日し、100打点を超える打撃を見せタイトルを欲しいままに取っていった男。広島から福岡ダイエーホークスに行き、また広島に戻ってくると大人気のスラッガーである。

ルイス・ロペスの獲得タイトルと主な表彰・成績

打点王:2回 (1996年、1997年)
最多安打:1回 (1997年)

ベストナイン:2回 (1996年、1997年)
月間MVP:1回 (2000年9月)

ルイス・ロペスのプレースタイルは?

勝負強い打撃で打点を量産する男

勝負強い打撃で打点を量産する男

パワーヒッターとして、チームに入り、6年間で打率3割を越え510打点を叩き出したバッティングは、個人というよりもチームのための打撃に徹するスタイルである。
長距離砲として入団したロペスだが、決して本塁打にこだわったバッティングはせず、次につながる打撃。ランナーを本塁に戻す、チームプレイを重んじたバッティングをする選手です。
広島時代には5年在籍した中で、3度100打点以上を叩き出している結果は素晴らしいの一言に尽きます。

ロペスの日本球界に入るまでの軌跡

1983年にメジャーのドラフトで指名されて、ロサンゼルス・ドジャースへと入団を果たしたロペスは、メジャーで活躍した選手ではなく、なかなかメジャーで試合をするチャンスに恵まれない感じで過ごしていました。

1996年に、なかなかメジャー昇格できないロペスは、とうとう日本に来ることを決意して、広島東洋カープに入団します。

広島に来たロペスは

日本に来て、最初のキャンプから合流したロペスは、なかなかバッティングに成果が出ず、結果が出せずにいました。
シーズン中の活躍が危ぶまれたところ、当時の打撃コーチの山本一義コーチと一緒にスイングを矯正したところ、打撃センスが開眼!

1年目から打つわ打つわで、打率.312 25 109打点と大暴れの結果を出しました。打点においてはリーグトップの成績でタイトルも獲ることになるのです。
その2年目も112打点を叩き出し、堂々の2年連続打点王に輝くのです。
大暴れのルイス・ロペス

大暴れのルイス・ロペス

この来日から、2年連続で打点王のタイトルを獲り、3割100打点と言う記録を樹立した選手は、セ・リーグでただ一人。ルイス・ロペスのみなのです。

チームのためのバッティングに心がける真面目な青年だったが、時にはこんな情熱的な部分もあるのです。

交渉決裂・・・・。しかし、他球団へ。

2年連続で、大記録を叩き出したロペスが望んだその年の契約更改に事件が。。。

広島球団史上、最強の外国人選手とうたわれ、実績も積み、当然、相当な年棒が欲しかったロペスですが、なかなか、球団との折り合いがつかないのです。

素晴らしい記録を作った事実がありますが、そこは広島東洋カープという球団ですので、出したくても出せません。

その結果、当時、主砲を探していた福岡ダイエーホークスと契約し、広島を離れて、福岡に行ってしまいます。
 (1580621)

しかし、福岡で、広島時代のような活躍は出来なくて、小久保の復帰に伴って、ダイエーを退団してしまいました。

そして、アメリカの独立リーグへと移籍してしまうのです。

古巣からのオファーに

26 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

巨人・モスビー!1992年はモスビー効果と称された活躍をした!

巨人・モスビー!1992年はモスビー効果と称された活躍をした!

メジャー通算169本塁打を引っ提げ、巨人入り。優勝を目指せるチームを探し、巨人に辿り着いたモスビー。陽気なキャラはクロマティ2世とも言われた。1992年のモスビーはデビュー戦でホームランを放つなど印象に残る活躍が多かった!
ひで語録 | 5,966 view
【山本浩二】広島東洋カープの代名詞!ミスター赤ヘルの軌跡。

【山本浩二】広島東洋カープの代名詞!ミスター赤ヘルの軌跡。

1969年~1986年まで、広島東洋カープの黄金期を引っ張ってきたミスター赤ヘルこと、山本浩二の現役時代と今や、広島の顔。日本野球界の顔とまでなった人物です。そんな赤ヘルの昔と今を振り返る。
takaboo | 13,206 view
史上最強助っ人「ウォーレン・クロマティ」が今までにないYouTubeチャンネルを開設!!

史上最強助っ人「ウォーレン・クロマティ」が今までにないYouTubeチャンネルを開設!!

史上最強助っ人「ウォーレン・クロマティ」のYouTubeチャンネル『CROMARTIE CHANNEL/クロマティチャンネル』が、現在絶賛公開中です。
隣人速報 | 604 view
金本知憲 NeverGiveUp! 七転びアニキ!! 骨が折れても黙って試合に

金本知憲 NeverGiveUp! 七転びアニキ!! 骨が折れても黙って試合に

壮絶!不屈!!鉄人!!! 超人!!!! 1492試合フルイニング出場(世界記録) 1766試 連続試合出場(世界記録) 1002打席連続無併殺打(日本記録) 475本塁打(歴代10位)
RAOH | 1,003 view
第1回プロ野球ドラフト会議(1965年)で1位指名を受けた選手のその後【セ・リーグ】

第1回プロ野球ドラフト会議(1965年)で1位指名を受けた選手のその後【セ・リーグ】

日本のプロ野球において新人を獲得する制度としてドラフト会議が1965年から開始されました。ドラフト以降で1位指名を受けた選手はセパ両リーグ合わせて毎年12名。野球のスーパーエリートでもあるこのドラフト1位指名の選手がどうだったかを追ってみました。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト