【山本浩二】広島東洋カープの代名詞!ミスター赤ヘルの軌跡。
2016年11月25日 更新

【山本浩二】広島東洋カープの代名詞!ミスター赤ヘルの軌跡。

1969年~1986年まで、広島東洋カープの黄金期を引っ張ってきたミスター赤ヘルこと、山本浩二の現役時代と今や、広島の顔。日本野球界の顔とまでなった人物です。そんな赤ヘルの昔と今を振り返る。

12,186 view

ミスター赤ヘルとして、赤ヘル黄金時代を引っ張ってきた4番バッター!山本浩二

山本 浩二(やまもと こうじ)

山本 浩二(やまもと こうじ)

1946年10月25日生まれ
身長183cm、体重82kg
右投げ右打ち
ポジション:外野手

広島カープ初の本塁打王。黄金期も含め、長期にわたって、広島東洋カープの4番バッターとして、また、勝負師の鬼として、広島を越え、全国に名を知らしめたスター選手。
本塁打王 4回、打点王 3回と輝かしい記録を持つが、何と言っても、ホームラン選手としては、素晴らしい記録!500本塁打。200盗塁を達成した。走攻守揃った選手です。

山本浩二の獲得タイトルと主な表彰と記録

・首位打者 : 1回 1975年
・本塁打王 : 4回 1978年、1980年、1981年、1983年
・打点王  : 3回 1979年~1981年
・最多出塁王 :  3回
・MVP  : 2回(1975年、1980年)
・ベストナイン:10回 (1975年、1977年 - 1984年、1986年)
・野球殿堂入り:(競技者表彰:2008年)

・オールスターゲーム通算本塁打:14本 ※歴代1位
・通算 500本塁打・200盗塁達成
・302守備機会連続無失策(1975年4月5日 - 9月24日)※外野手としてのセ・リーグ記録

監督成績:通算:10年 1358 648 681 29 .488 Aクラス3回、Bクラス7回

山本浩二のプレースタイル

3拍子揃ったスタープレイヤー

3拍子揃ったスタープレイヤー

走っても良し!守っても良し!打っても良し!広島が生んだスタープレイヤー。

それが、ミスター赤ヘルだ!!
大器晩成型のバッターで有名でして、典型的な中距離バッターである。打撃でいうと、3割、30本を超える記録も、31歳になる年まで残すことはなかった。40歳で現役引退しているので、わずかやめる10年前まで、ごく平凡な中距離バッターということになる。
その後は、31歳で44本の本塁打を放つスラッガーへと生まれ変わると、31歳以降は3割30本越えの記録を残す大バッターとなるのです。

とにかく、山本浩二と言えば、チャンスに強い勝負強さでしょう。生涯の通算打率が、.290に対して、得点圏の打率においては、.314と高い率を示している。
お祭り大好きなのか、オールスターにおいては、成績は、歴代3位の成績。本塁打においては、歴代のスラッガーの中で、一番本塁打を打ってる打者なのです。

記録よりも記憶に残る選手だったことが、ミスター赤ヘルと広島から親しまれる由縁でしょうか。

山本浩二は、打撃だけがすごかったわけでは、ありません。

打撃よりも、守備・走塁がすごかったのです。ゴールデングラブ賞においては、通算10回も受賞しており、通算で231盗塁を成功させています。

山本浩二は、40本以上の本塁打を放つ強打者の割には、守備も走塁も出来る。

まさに、歴代でも数えるほどしかいない、走功守の3拍子が揃った、ミスタープロ野球の選手だったのです。

山本浩二の生い立ちからプロ入りまでの軌跡

1946年、現・広島市佐伯区に生まれ、父は軍人、母は広島市で原爆投下に遭って被爆し、本人は被爆2世である。子供の頃、父に連れられ、当時の広島カープの本拠地・広島県営球場へ太田川対岸から渡し船で何度も通った。この時代の広島の主力選手であったエースピッチャー・長谷川良平、4番打者・小鶴誠、韋駄天・金山次郎に憧れ、これらを全部足した選手になりたいと夢見て野球に打ち込んだ。
16歳の時、自分自身の力で甲子園へ行くため、また大学進学を視野に入れた家族の意向もあって、野球では全くの無名だった広島県立廿日市高等学校へと進学。入学入部と同時にエース・4番打者となる。3年時には主将として夏の甲子園県予選に臨み、もう少しで甲子園に手が届く所まで勝ち進んだが、準決勝でエース河本和昭を擁する広陵高等学校に、17安打を打たれ1-9で完敗、涙を飲んだ。
大学進学後、投手として野球部に入部したが、1年生部員だけで50人いた当時の法大では台頭できず、すぐにエリートコース(合宿組)に入った田淵幸一と違い、富田勝、桑原秀範らと共に一般部員の立場に甘んじていた。松永怜一監督に個人特訓を受けて打撃の才能が開花。2年生にしてクリーンナップに抜擢される。やがて山本は、田淵、富田と共に「法政三羽ガラス」の異名を取り、法政黄金時代を築き上げる大きな原動力となった。東京六大学リーグでは在学中3度のリーグ優勝を経験。1968年の全日本大学野球選手権大会では決勝で駒大を降し優勝。リーグ通算で65試合出場、229打数67安打、打率.293、8本塁打、30打点の成績を残し、ベストナインを2回獲得した。
山本は地元の広島カープ球団に入ることを熱望。それまで広島は創設19年でAクラスはわずか1回、Bクラス18回の弱小球団であったが、未だ優勝したことのない地元球団を優勝させることを夢としていた。そのため、プロ入りを不安視する家族の心配があったこともあり、もし広島以外に指名されればそれを断り、場合によってはサラリーマンとしての人生も考えていたという。
1968年のドラフト1位で広島東洋カープに入団。この際に感極まった山本は大きくガッツポーズを作り、歓喜の雄叫びを挙げた。入団当初の背番号は27だったが、山内一弘引退後、背番号8を譲り受けた。

広島カープでプロ入り後、泣かず飛ばずの10年だったが、晩年に開花する!

高校時代は、エースで4番、廿日市高校をひっぱてきた山本浩二ですが、大学時代も壁にぶつかります。

その時も、大学時代の恩師、松永怜一監督に猛特訓されて、才能が開花!

法政大学時代も、法政三羽ガラスの異名をとり、法政黄金時代の原動力となったのだった。

ドラフト1位で広島カープに入団し、1年目からセンターとして、活躍するが、そこまで、すごい!という成績は残せずに、約10年間が過ぎようとしていた。

その間、プロ時代には、根本睦夫監督、関根順三打撃コーチ、上田利治コーチ、広岡達郎内野守備コーチなど、すばらしい指導者に恵まれて、徐々に成長を見せていくのであった。

そして、運命の1975年。オールスターでも衣笠と共に、二打席連続本塁打を放つほどの成長ぶり。その年に、3割30本塁打を達成し、広島東洋カープも球団初のリーグ優勝を達成するのであった。

山本浩二は、指導者に本当に恵まれた選手でしょう。そして、その指導を素直に聞き入れる気持ちが、この花を開かせる結果になったのではないでしょうか。

1982 江川卓 6   1安打完封目前 天敵 山本浩二にホームラン - YouTube

出典 youtu.be

引退の花道まで、ミスター赤ヘルをやり通す凄さ!!

引退の言葉も、「広島に生まれ、カープに育てられました。山本浩二は幸せ者でした!」 
ミスター赤ヘル、最高っす!!

現役最後の年の宿敵、江川との一戦。引退のシーズンも、3割を超えて打ってんですね。

引退後の山本浩二は

山本浩二監督(左)に笑顔で迎えられる黒田

山本浩二監督(左)に笑顔で迎えられる黒田

引退後は、43歳で広島東洋カープの監督に就任。1989年~1993年、2001年~2005年まで監督を務めあげ、通算10年で、勝率.488 Aクラス3回 Bクラス7回と監督でもカープに貢献していた山本浩二ですが、その後は日本プロ野球の顔に。

2008年の北京オリンピックでは守備・走塁コーチを。
2013年のWBCでは侍ジャパンの代表監督を務め、日の丸を背負って、勝負に挑んできました。

その間には、テレビやCMにも出演し、山本浩二の人柄で人気を博してきた。
侍になった山本浩二

侍になった山本浩二

球界の顔となる侍ジャパンの指導者としても活躍するのだ。

2009年CM ハウス食品 まだ記憶にある作品だと思いますが、法政、当時のメンバーで出演しました。
36 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

広島東洋カープが1975年以来の優勝パレードを11月に開催!当日はマツダスタジアムで優勝報告会も企画!

広島東洋カープが1975年以来の優勝パレードを11月に開催!当日はマツダスタジアムで優勝報告会も企画!

広島東洋カープの25年ぶり7回目のリーグ優勝を祝うパレードが行われることが決定した。初優勝を果たした1975年以来、2度目となる優勝パレード。開催日は11月5日午前10時30分からで小雨決行。また、当日はマツダスタジアムで「優勝報告会」も開かれる。
【訃報】赤ヘル打線の中軸を担った”鉄人”こと衣笠祥雄さんが死去。死因は大腸がん、71歳。

【訃報】赤ヘル打線の中軸を担った”鉄人”こと衣笠祥雄さんが死去。死因は大腸がん、71歳。

プロ野球・広島カープの黄金期を支えた衣笠祥雄さんが死去した事が分かりました。死因は大腸がんとされています。連続試合出場世界記録(現在は日本記録)を達成するなど、日本球界を代表する名選手の訃報をお伝えします。
【セ・リーグ3連覇、そして日本一は?】大野豊・野村謙二郎著【広島カープ最強伝説の幕開け】

【セ・リーグ3連覇、そして日本一は?】大野豊・野村謙二郎著【広島カープ最強伝説の幕開け】

一昨年(2016年)昨年(2017年)と、セ・リーグを制覇したのは見事ですが、1984年以来日本一になっていないという厳然たる事実がある広島カープ。1984年って何年前?と数えるのも大変な状況に変わりはありません。今年こそは!、というカープファンも多いと思います。カープのレジェンド・大野豊さんと野村謙二郎さんが「広島カープ最強伝説の幕開け」という本を著しています。
【広島カープ】大野豊さん・達川光男さん著「熱烈!カープ魂」で語られる【江夏豊さん】

【広島カープ】大野豊さん・達川光男さん著「熱烈!カープ魂」で語られる【江夏豊さん】

広島カープが2度目の黄金期を迎えつつあります。かつての黄金期のバッテリーは先発陣では北別府・川口・大野、キャッチャーは達川、という印象が非常に強いです。2016年から始まった第2次黄金期を前にした2013年、大野さんと達川さんが対談の本を出しています。今回はこの本の冒頭で触れられている「江夏豊さん」について書いてみます。
ジバニャンLOVE | 1,259 view
【1985年から27年間バッピを続けた職人】広島カープ・井上卓也さん

【1985年から27年間バッピを続けた職人】広島カープ・井上卓也さん

プロ野球の世界では、公式戦で投げるピッチャーではなく、練習で打者のために投げるピッチャー(打撃投手)がいます。裏方さんではありますが、むしろ一軍のピッチャーより難しいその打撃投手の仕事を27年間続けた人をご紹介します。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト