2017年12月7日 更新

タブチくん、マツイくん、ササキ様…野球選手のギャグ漫画特集!

いつの時代も大衆から愛されるプロ野球のスター選手。その中には、漫画家によってディフォルメされ、キャラ付けされ、ついには漫画作品になったプレイヤーも存在しました。そこで今回、野球選手を主役にしたギャグ漫画にはどんなものがあるのか調べてみました!

1,142 view

がんばれ!!タブチくん!!

実在する有名スポーツ選手のディフォルメキャラが活躍するギャグ漫画…このジャンルにおける草分け的存在が、『がんばれ!!タブチくん!!』です。作者は、30年以上の長きに渡って朝日新聞朝刊で連載されている四コマ漫画『ののちゃん(旧・となりのやまだ君)』でお馴染みのいしいひさいち。「タブチくん」のモデルとなったのは、もちろん、「ホームランアーチスト」と称された通算474本塁打の大砲・田淵幸一です。
がんばれ!!タブチくん!! [DVD]

がんばれ!!タブチくん!! [DVD]

本作は、肥満体で大柄なキャッチャー・タブチくんが、妻のミヨ子、西武のツツミオーナー、バッテリーを組むピッチャーのフルサワくんらと共に繰り広げるドタバタコメディーの四コマ漫画。『漫画アクション』(双葉社)で連載され、1979年に単行本化。さらには3度にわたって、全国東宝東和系のアニメ映画として公開され、大変な好評を博しました。ちなみにタブチくんの声は、俳優の西田敏行が担当。これが、何回聞いても西田の声だと分からないくらいうまいんです。

がんばれ!!タブチくん op

かっとばせ!キヨハラくん

漫画の登場人物、それも主人公ともなると、一にも二にも、キャラが起ってなければつとまりません。そういった意味で、清原和博ほど、野球漫画の主役を任せるのにうってつけな人物はいないように思われます。
なぜなら、選手としては、甲子園のヒーローを経て、プロ入り1年目から空前絶後の大活躍を続ける華も実績も兼ね備えたスーパースター。それでいて、人柄的には豪放磊落な遊び人であり、かつ、涙もろくて他人の影響を受けやすい永遠のピュアボーイ…。漫画の題材にピッタリ、というか漫画から飛び出してきたような男ではありませんか。
男道 清原和博

男道 清原和博

そんな清原を主役に据えた作品が、河合じゅんじの漫画『かっとばせ!キヨハラくん』です。『コロコロコミック』1987年6月号から1994年4月号まで、約7年にわたって連載された同作におけるキヨハラの位置づけは、ちょっと天然入ってるキャラ。それに対して、クワタがいたずら好きの悪役とされており、なんとも時代を感じる設定です。
かっとばせキヨハラくん

かっとばせキヨハラくん

なお、河合は「キヨハラくん」に相当愛着があるのか、2003年には巨人時代の清原を主役にした『モリモリッ!ばんちょー!!キヨハラくん』(2003年4月号~2005年12月号)を発表。2014年にも新たに創刊された『コロコロアニキ』にキヨハラくんの新作を載せていましたが、例の事件の影響により、あえなく休載となってしまいました。
モリモリッ!ばんちょー!!キヨハラくん

モリモリッ!ばんちょー!!キヨハラくん

球界番長キヨマー!

そんな『キヨハラくん』の類似作品が、この『球界番長キヨマー!』。巨人在籍時、子分に元木を従えて好き放題やっていたいわゆる「番長キャラ時代」に描かれた作品でしたが、『キヨハラくん』ほどヒットしませんでした。
球界番長キヨマー!

球界番長キヨマー!

ベロベロベースボール

『かっとばせ!キヨハラくん』連載中の河合じゅんじによる『月刊まんがパロ野球ニュース』(竹書房)に1990年から1993年まで連作していた作品が『ベロベロベースボール』です。『キヨハラくん』が児童向け漫画なのに対し、こちらは大人向け漫画としていますが、作風にあまり大差はありません。
ベロベロベースボール

ベロベロベースボール

いけいけ!!スワローズ

こちらも河合先生の作品。掲載誌は、かつて芳文社で発行されていた四コマ漫画雑誌『まんがスポーツであり、連載期間は1989年10月号から1991年6月号。ナガシマカズシゲ(長嶋一茂)が大ボケ担当として活躍しています。
いけいけ!スワローズ

いけいけ!スワローズ

ゴーゴー!ゴジラッ!!マツイくん

河合先生による『かっとばせ!キヨハラくん』の続編が、コロコロコミック1994年9月号~2003年3月号で連載されていた『ゴーゴー!ゴジラッ!!マツイくん』です。

キャラクターとしてのマツイくんは『キヨハラくん』終盤にも登場しており、主役の座をキヨハラくんから奪い取るという、現実さながらの活躍をして見せ、そのまま新作の主役の座にも就任したというわけです。
主人公のビジュアルインパクトでいったら、キヨハラくんよりも数段格上。この河合先生のイラストから、「松井といえば頬骨が角ばったブツブツだらけのブ男」というイメージが広がり、以降、松井の似顔絵を描く際のお手本になっていったと記憶しています。ちなみに、本作でもクワタがスネ夫的準主役ポジションで登場していました。
ゴーゴー!ゴジラッ!!マツイくん

ゴーゴー!ゴジラッ!!マツイくん

ササキ様に願いを

今でこそ、野球解説者、もとい馬主としてのイメージが強い佐々木主浩ですが、現役時代は、現ソフトバンクの守護神・サファテに負けずとも劣らぬほどの、相手チームに絶望感を与える絶対的クロ―ザーでした。そんな横浜ベイスターズのスーパーヒーロー・佐々木にフォーカスした四コマ漫画が、大洋時代からのベイスターズファンであるという、漫画家・みずしな孝之先生による『ササキ様に願いを』です。

同作における佐々木主浩ことササキ様は、高校・大学の後輩で同じ球団のピッチャー・斎藤隆をパシリにつかうなど、傲慢で乱暴な性格。にもかかわらず、佐々木本人はこの作品をたいへん気に入っていたようで、みずしなが横浜スタジアムを訪れると、それを意識して肩部に「様」と書かれた紙を貼って登場するなど、粋な振る舞いをしていたといいます。
ササキ様に願いを

ササキ様に願いを

(こじへい)
28 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

   

20世紀交歓所20世紀しばりのフリマサイト

関連する記事こんな記事も人気です♪

思い出に残る、プロ野球ドラフト会議

思い出に残る、プロ野球ドラフト会議

「【松井秀喜】長島監督、運命を感じさせる『鬼のヒキ強!』」「【野茂英雄】史上最多の8球団から指名」「【元木大介】ダイエーの指名を断り、ハワイへ野球留学へ…」「KKドラフト事件」「江川事件」…
「おぼっちゃまくん」「つるピカハゲ丸」などコロコロのキャラが集結したドンジャラが予約受付中!高橋名人も飛び入りで登場!

「おぼっちゃまくん」「つるピカハゲ丸」などコロコロのキャラが集結したドンジャラが予約受付中!高橋名人も飛び入りで登場!

「おぼっちゃまくん」「ゲームセンターあらし」といった80年代のコロコロ作品がドンジャラになって復活します。あの高橋名人も牌になって登場!当時コロコロに夢中になったミドル世代は要予約の内容になってます!
隣人速報 | 278 view
コロコロコミックが創刊40周年!ドラえもんとコラボした「コロコロ展」が開催中!

コロコロコミックが創刊40周年!ドラえもんとコラボした「コロコロ展」が開催中!

1977年に創刊され今年で40周年となるコロコロコミック。40周年を記念してドラえもんとコラボした「ドラえもん×コロコロコミック 40周年展」を開催中!夏休みは骨の髄までドラえもんを楽しもう!
隣人速報 | 685 view
【スキャンダルにまみれた苦悩の?エース】元巨人・桑田真澄さんの波乱万丈の人生

【スキャンダルにまみれた苦悩の?エース】元巨人・桑田真澄さんの波乱万丈の人生

「KKコンビ」として甲子園を史上最大級に沸かせたPL学園の桑田真澄さん。しかし、彼の野球人生は、栄光ばかりではありませんでした。あることないことを書かれ、非常につらい思いも。真実はもちろんご本人にしかわかりませんが、彼の人となりを紹介してみたいと思います。
ジバニャンLOVE | 9,627 view
【97年】子供たちの流行り歌だった、あるポケモンの歌のおもいで

【97年】子供たちの流行り歌だった、あるポケモンの歌のおもいで

97年代、あるテレビ番組やポケモングッズのCMでも流れていて、児童の間では流行歌だったある歌をふりかえります。
たまさん | 272 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト