アニメ『魔法の天使クリィミーマミ』の最終回ってどうだった?
2020年8月5日 更新

アニメ『魔法の天使クリィミーマミ』の最終回ってどうだった?

子供のときに観てたけど、最終回ってどんなだったっけ?そんな作品ってけっこうありますよね。そんな方のために、最終回のあらすじをお届けします。これであなたも思い出せるはず?『魔法の天使クリィミーマミ』はこんな感じでした。パンプルピンプルパムポップン!

10,823 view

『魔法の天使クリィミーマミ』

制作:スタジオぴえろ
放送期間:1983年7月1日から1984年6月29日
放送時間:金曜18:00から18:30
放送局:日本テレビ系列
放送話数:全52話
主題歌:「デリケートに好きして」太田貴子

スタッフ

企画:布川ゆうじ
原案・シリーズ構成:伊藤和典
チーフディレクター:小林治
脚本:伊藤和典(最終回担当)ほか
キャラクターデザイン:高田明美
作画監督:河内日出夫(最終回担当)ほか
美術監督:小林七郎
音楽:馬鵜野康二

キャスト

森沢優/クリィミーマミ:太田貴子

大伴俊夫:水島裕

立花慎吾:井上和彦
綾瀬めぐみ:島津冴子

ピノピノ:中野聖子
ネガ:肝付兼太
ポジ:三田ゆう子

『魔法の天使クリィミーマミ』とは

セントレミー学園に通う小学生の森沢優は、魔法世界フェザースターの妖精ピノピノを助けたことから、1年間だけ魔法をもらった。
クリィミーステッキで「パンプルピンプルパムポップン、ピンプルパンプルパムポップン」と呪文を唱え、少し大人であるクリィミーマミに変身。芸能事務所のパルテノンプロの社長・立花慎悟にスカウトされたことからアイドルとしての活動を始め、一躍スターになる…。
 (2213538)

いわゆる《ぴえろ魔法少女シリーズ》の第1作。主人公に、これがデビューとなるアイドル太田貴子を起用した。「本来の少女である自分と、魔法で少し大人の姿に変身した自分。ふたりの間での心情の揺れと成長を描く」という基本テーマは、後のシリーズへも続いていく。

『魔法の天使クリィミーマミ』の最終回

第52話「ファイナル・ステージ」

雨が降っている野外コンサート会場。たくさんの観客が傘を差して開演を待っていた。楽屋にはマミが所属するパルテノンプロの社長・立花慎悟と、同じく所属している綾瀬めぐみの姿がある。ふたりはマミが来るのを待っているのだ。今日の観客が10万人を越えていることを知って驚くふたり。
慎吾「信じられん。一年前はまったくの素人だったひとりの女の子が、あれほど歌うのを嫌がっていた少女が、今やこの俺にすら想像もつかない大スターになりつつあるんだ」
めぐみ「感動のお邪魔するようで申し訳ないけど、マミが来ないことにはね」
そこへやっとマミが到着した
めぐみ「じゃあ、あたしもゲストとして頑張らせてもらうわ」
マミ「待ってください。今日はわたし一人に歌わせて欲しいんです」
口から飲んでいた水を吹き出して驚くめぐみ。慎吾やマネージャーたちも驚く。

野外コンサート会場に入場している観客たち。その中には傘を差した俊夫もいる。そこに優の姿はない。
俊夫(…あの時だけじゃない。いつも優がいないのはなぜだ…)
俊夫はマミの正体が優であることに気づきつつ(思い出しつつ)あった。

ソファに座って話している慎吾とマミ。それを腕組みし、立ちながらめぐみも聞いている。
慎吾「めぐみの出はカットしてひとりで続けて歌いたいとそう言ったな。なぜだ」
マミ「今は言えません。ただ時間が…」
慎吾「時間、時間、時間、どうしてそんなに急ぐ必要があるんだ!?…マミちゃん、頼むよ。第一、ひとりでやるったって衣装替えの間をどうやってつなぐんだ?」
何とかなると思う、と言うマミ(魔法があるから)。めぐみは、好きなようにやってごらんなさい、と言う。そして慎吾に向かって言った。
めぐみ「本物のスターはわがままなものよ。そのわがままにいちいちビビったらあなたも大物にはなれないわ。私は観客に回るわ。がっかりさせないでね」
立ち上がり、はい!と答えるマミ。
野外コンサート会場。雨は上がった。照明が消えてトランペットの音が鳴り響き、レーザービームが空を照らす。ドラムロールが鳴って、レーザービームが『Creamy Mami』と文字を描いた。
観客たち「マミちゃーん!」
空には照明装置を付けた3台のヘリコプターが飛んでいる。その明かりに照らされて、マミは白馬に乗って登場(この会場は競馬場である)。魔法で空中にマイクを出したマミは、それをキャッチしてステージに飛び立った。コンサートが始まる。『BIN・KANルージュ』を歌い出す。

それをステージの脇から見ている慎吾とめぐみ。客席からは俊夫が静かに見ている。ステージ上にはポジとネガがいる。
ポジ「このステージが終わると、あたしたちはフェザースターへ帰るのね」
ピノピノの乗る箱船が近づいている。最後まできちんと歌わせてやりたい、というネガ。
曲が終わり観客席に一礼するマミ。観客たちからの拍手。衣装が魔法の力で早変わりして、次は『美衝撃(ビューティフル・ショック)』を歌う。険しい顔でステージを見ていた俊夫は、観客席を飛び出した。建物の中でスタッフを探す。
俊夫「すみませんが呼び出しをお願いできませんか。セントレミー学園の森沢優。大事なことなんです!」
スタッフ「非常識だよ。コンサートの最中に呼び出しなんて。それに呼んでも聞こえやしないよ」
俊夫は走ってその出て行く。また雨が激しく降り出していた。
次の曲は『囁いてジュテーム』。雨で感電して、照明のひとつが壊れる。
慎吾「中止か!?」
めぐみ「ええっ!?」

『パジャマのままで』、『LOVEさりげなく』。ステージの照明も壊れ始める。この曲が終わったら中止にしようと言う慎吾を、めぐみが殴る。
めぐみ「あなたたち一体何を見てるの!?良くごらんなさい。誰も帰ろうとしてないじゃない!」
マミ「雨がひどくなってきたけど、もう1曲歌っていいかな?」
盛り上がる観客たち。
観客たち「歌え!歌え!歌え!」
それを建物から見ている俊夫。
俊夫(マミちゃん…君は優なのか?)
マミ「じゃあ最後の曲に…」
その時、ピノピノの船がやってきた。強風が吹き、マミとポジとネガは吸い込まれていく。
マミ「ピノピノ、あと1曲だけ!ピノピノ!」
観客席からも、たくさんの傘が吸い込まれていた。色とりどりの傘が宙に浮かんでいる。俊夫は黒雲の中からおりてくる船を見た。封印された記憶を徐々に思い出し始める。ステージに向かって、優!と叫ぶ。
28 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

大人の女子にとってはどれも懐かしい!女子に人気の記事・スレッド一覧

新ちゃんみたいな先生にあこがれた!漫画「I LOVE HER」

新ちゃんみたいな先生にあこがれた!漫画「I LOVE HER」

別冊マーガレットで連載されていたいくえみ綾さんの「I LOVE HER」。教師と生徒の恋愛というか人間関係を描いた名作漫画ですよね。新ちゃんみたいな先生がいたらいいのに、と思った人も多いのではないでしょうか。
saiko | 787 view
試したことある?昔流行ったダイエット方法

試したことある?昔流行ったダイエット方法

今も昔も女性の関心を集めるダイエット。何かしら流行のダイエット方法があり、試したことがある人も多いのではないでしょうか。90年代までに流行ったダイエット方法を見ていきます。
saiko | 363 view
ちょこんと小さな雛人形が今時? 昔ながらの雛人形の今の姿

ちょこんと小さな雛人形が今時? 昔ながらの雛人形の今の姿

今回は、現在トレンドとなっているコンパクトな雛人形にスポットを当てていきます。形サイズにはこだわらない雛人形の魅力、そしてこれまでの大きな雛人形はどうなったのかご紹介していきましょう。
iVERY | 501 view
【空色のメロディ】ファンタジー系少女漫画の名作!連載終了には意外な理由があった?

【空色のメロディ】ファンタジー系少女漫画の名作!連載終了には意外な理由があった?

「空色のメロディ」はファンタジー要素たっぷりの少女漫画で、当時とても人気のある作品でした。人気作品だったにもかかわらず、アニメ化されることはなく連載もあっさり終了してしまったのですが、そこにはちゃんと理由があったのだとか!懐かしい「空色のメロディ」を様々な角度から調査してみました。
ミチ | 7,560 view

関連する記事こんな記事も人気です♪

『魔法の天使クリィミーマミ』(1983年)森沢優が1年間だけ魔法をもらい、アイドル歌手・クリィミーマミとして活躍する

『魔法の天使クリィミーマミ』(1983年)森沢優が1年間だけ魔法をもらい、アイドル歌手・クリィミーマミとして活躍する

『魔法の天使クリィミーマミ』は魔法少女アニメに芸能界というこれまでにない要素を取り入れ、今でも大変根強い人気があります。主人公の10歳の少女「森沢優」が1年間だけ魔法をもらい、アイドル歌手・クリィミーマミとして活躍する体験を通じてどんどん成長していくストーリーを振り返ってみましょう。
トントン | 30,509 view
『魔法の天使クリィミーマミ』より、光る!鳴る!なりきり仕様の玩具「まほうのコンパクト」が40周年を記念して登場。

『魔法の天使クリィミーマミ』より、光る!鳴る!なりきり仕様の玩具「まほうのコンパクト」が40周年を記念して登場。

ホビー通販大手の「あみあみ」は、メーカー「バンダイ」より、『Special Memorize 魔法の天使クリィミーマミ まほうのコンパクト』を現在、ご案内中です。参考価格:4,950円(税込)、発売日:2023年9月予定。
「魔法の天使クリィミーマミ」放送40周年記念!「デリケートに好きにして」が鳴り響く『まほうのコンパクト』が発売決定!!

「魔法の天使クリィミーマミ」放送40周年記念!「デリケートに好きにして」が鳴り響く『まほうのコンパクト』が発売決定!!

バンダイナムコグループ公式通販サイト「プレミアムバンダイ」にて、1983年に放送されたテレビアニメ「魔法の天使クリィミーマミ」より『Special Memorize クリィミーマミ まほうのコンパクト』が発売されます。
隣人速報 | 371 view
『魔法の天使 クリィミーマミ』のオリジナルグッズが受注開始!!

『魔法の天使 クリィミーマミ』のオリジナルグッズが受注開始!!

株式会社アルマビアンカはオリジナルグッズを展開する通販サイト、「AMNIBUS」にて『魔法の天使 クリィミーマミ』の商品6種の受注を開始しました。
特撮『バッテンロボ丸』の最終回ってどうだった?

特撮『バッテンロボ丸』の最終回ってどうだった?

子供のときに観てたけど、最終回ってどんなだったっけ?そんな作品ってけっこうありますよね。そんな方のために、最終回のあらすじをお届けします。これであなたも思い出せるはず?『バッテンロボ丸』はこんな感じでした。フンガーロ、フンガロ、バッテンロボ丸!
こういち | 907 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト