【セ・リーグ3連覇、そして日本一は?】大野豊・野村謙二郎著【広島カープ最強伝説の幕開け】
2018年1月19日 更新

【セ・リーグ3連覇、そして日本一は?】大野豊・野村謙二郎著【広島カープ最強伝説の幕開け】

一昨年(2016年)昨年(2017年)と、セ・リーグを制覇したのは見事ですが、1984年以来日本一になっていないという厳然たる事実がある広島カープ。1984年って何年前?と数えるのも大変な状況に変わりはありません。今年こそは!、というカープファンも多いと思います。カープのレジェンド・大野豊さんと野村謙二郎さんが「広島カープ最強伝説の幕開け」という本を著しています。

543 view
2010年から2014年まで、広島カープの監督を務めた野村さんですが、監督時代の優勝はかなわなかったものの、大野さんは、「優勝へのチーム作りは謙二郎の影響が大きい」と高く評価しています。

「ズムスタ」の効果。

2人が口を揃えて言うのは、「マツダスタジアム」の登場が大きい、と述べています。
2人が現役時代を過ごしたのは、広島市民球場。老朽化もあり、新しい球場の建設が望まれていました。
この新しい快適なスタジアムの建設により、観戦するファンが徐々に戻ってきます。
もともと市民球団である広島。観戦するファンは圧倒的に広島側が多く、スタジアムは赤で埋め尽くされます。
このような盛り上がりの中で、選手の気持ちが高揚しないわけがありません。
「自分のため」のプレーから、「チームのため」そして「広島という街のため」という大きな使命感を原動力にして、広島カープはセ・リーグを制覇するまでの力を付けたのでしょう。

27年前の優勝は「津田さんのために」。

最後のストライク―津田恒美と生きた2年3カ月 (幻冬舎文庫) | 津田 晃代 |本 | 通販 | Amazon

576
Amazonで津田 晃代の最後のストライク―津田恒美と生きた2年3カ月 (幻冬舎文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。津田 晃代作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また最後のストライク―津田恒美と生きた2年3カ月 (幻冬舎文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
2016年の優勝の前の優勝は、1991年でした。
この年は、広島の炎のストッパー、津田さんが離脱した年であり、チームが一丸となって「津田さんのために優勝するぞ!」という目標を掲げ、見事にそれを成し遂げました。

大野さんと野村さんの共通の趣味。

マージャンが広島選手の結束を固めた??。

マージャンが広島選手の結束を固めた??。

大野さんと野村さんは、11歳も年が離れていますが、グラウンド以外でも付き合いがありました。共通の趣味はマージャンだそうです。
2人だけでなく、達川さん、長内さん、小早川さんなどとしょっちゅうマージャンをやっていたそうです。
これだけの名選手とともに遊んだわけですから、もちろん会話の中にも、チームを強くする会話などを吸収することもあったことと思います。

繊細な人が多い「投手」という職業。

ボール1つにも個性が出まくる「投手」という職業。

ボール1つにも個性が出まくる「投手」という職業。

投手という職業は、ボール1つとっても性格がものすごく違うそうです。
大野さんは、新しいピカピカのボールが大嫌いで、野村さんは新しいボールが来たらスパイクの裏の土を使ってこねてから大野さんに渡したそうです。「大野をつぶすには新球を投げさせればいい」というくらいだったそうですから、相当なものです。
逆に北別府さんは、真っ白なきれいな球でなければ嫌なタイプだったそうです。
これは、凡人にはわからない世界ですね。

この本から垣間見える、2018年の広島カープ。

この本から、2018年の広島カープの行方が垣間見えてきます。
大野さんや野村さんのように、世代を超えてマージャンなどの濃い交流があるかどうか。
2016年に野村祐輔投手がぐんと成長したのは、黒田さんからさまざまな指導を受け、それをモノにしたからだと言われています。
そして、3年連続セ・リーグ制覇と、34年越しの日本一の夢に向けた「大義名分」が共有されているかどうか。
1991年は、「闘病している津田さんに優勝を届ける!」2016年は「引退する黒田さんに花道を!」という、チーム一丸となった「大義名分」があったからこそセ・リーグを制覇することができたのではないでしょうか。
昨年の広島カープの戦いぶりを見ると、一見、「全員で総力戦で勝利を勝ち取る」チームに見えます。
それは裏を返せば、「絶対的なエース、スラッガーが不在」ということにもなります。
2年連続でセ・リーグを制覇しながら、日本一になってはいないという事実以上に、2016年は日本シリーズで4連敗、2017年はCSで4連敗、と、一旦気持ちが切れてしまうとボロボロになりかねないという、危ういチームでもあります。
プロ野球は、スタジアムを新しくしたくらいで日本一になれるような甘い世界ではありません。
地元広島のみならず、「カープ女子」なる言葉まで生まれた熱狂的ファンを再び興奮の渦に巻き込むためにも、ぜひ、一丸となって2018年は日本一を目指して欲しいものです。
36 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ユニークな選手名や裏技で振り返る『初期のファミスタ』クイズ付き!!

ユニークな選手名や裏技で振り返る『初期のファミスタ』クイズ付き!!

1986年に発売され、現在に至るまで野球ゲームの傑作として認知されている「ファミスタ」シリーズについて振り返ってみましょう。
【1985年から27年間バッピを続けた職人】広島カープ・井上卓也さん

【1985年から27年間バッピを続けた職人】広島カープ・井上卓也さん

プロ野球の世界では、公式戦で投げるピッチャーではなく、練習で打者のために投げるピッチャー(打撃投手)がいます。裏方さんではありますが、むしろ一軍のピッチャーより難しいその打撃投手の仕事を27年間続けた人をご紹介します。
ジバニャンLOVE | 1,440 view
【ワンポイントリリーフで1点も与えない美学】広島カープ【清川栄治投手】

【ワンポイントリリーフで1点も与えない美学】広島カープ【清川栄治投手】

80年代、広島カープには、左サイドから変則的な投球をし、左打者を手玉に取った投手がいました。彼の名は清川栄治。ピンチの時に打者1人だけのために登板する試合も多く、438試合連続救援登板の記録も持っています。
ジバニャンLOVE | 2,276 view
坊やだからさ!?広島東洋カープ「カープ坊や」と機動戦士ガンダム「シャア」がまさかのコラボグッズを発売!!

坊やだからさ!?広島東洋カープ「カープ坊や」と機動戦士ガンダム「シャア」がまさかのコラボグッズを発売!!

広島東洋カープと機動戦士ガンダム40周年プロジェクトは、カープのマスコットキャラ「カープ坊や」と「シャア」のコラボグッズの発売を発表しました。発売予定日は4月26日。
隣人速報 | 4,429 view
【巨人戦・プロ初登板・ノーヒットノーラン】中日・近藤真一さん

【巨人戦・プロ初登板・ノーヒットノーラン】中日・近藤真一さん

1987年8月9日、プロ初登板・巨人戦・ノーヒットノーランという、前代未聞の金字塔を打ち立てた投手、中日ドラゴンズの近藤真一さん。(現:近藤真市さん。)その怪物・近藤さんにインタビューした本がありましたので、ご紹介します。
ジバニャンLOVE | 4,976 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト