その時代ごとの世相が分かる…社会派邦楽特集【70年代編】
2017年8月9日 更新

その時代ごとの世相が分かる…社会派邦楽特集【70年代編】

時代の変節に合わせてつくられる、社会派邦楽の数々。その歌詞に込められた意味を紐解けば、当時の世相がよく見えてくるというものです。今回は、70年代にリリースされた社会派な歌謡曲・フォークソング・コミックソングを、当時の時代背景と共に紹介していきます。

3,283 view

いやだ公害(ニューフェニックス)⇒公害問題

戦後、急速な経済発展を遂げた日本。しかし、そのツケとして、水質・大気の汚染が進み、60年代頃から公害が社会問題化していきました。
1967年に公害対策基本法・環境庁が発足してもなお、公...

1967年に公害対策基本法・環境庁が発足してもなお、公害の脅威は続いた

こうした時局を憂いでか、ニューフェニックスというグループによって発表された楽曲が『いやだ公害』です。70年代といえば、フォークソングで反戦を歌うことが流行っていた時代。そんな中、より身近な「公害」をテーマとして扱い、それをムードコーラス歌謡調に歌った同曲は、かなり異色の存在といえるでしょう。

いやだ公害 ニューフェニックス

1970年リリース

手紙(岡林信康)⇒部落差別

プロテストフォークの第一人者として、カルト的人気を誇った岡林信康。彼が部落差別について歌った楽曲は2曲あり、『チューリップのアップリケ』と、本稿で紹介する『手紙』です。どちらも「放送禁止歌」とされています。

『手紙』は、部落に生まれた若い女性の一人称語りの歌。大好きな彼と、将来一緒にお店を持つという夢があった「私」。しかし、厳然と存在する「差別」が障壁となり、その夢はかなわず。結局、彼の前から身を引くことを決断したと語っています。
部落に生まれたその事の‐
どこが悪い何が違う‐
そんなメッセージが胸に刺さります。

手紙/岡林信康

1970年3月リリース

大平エレジー(高田耕とはじらいエコーズ)⇒過疎化

1960年代以降。高度経済成長によって、農村部から都市部へ、労働力としての人口流出が続き、工業基盤を持たない地域は過疎化を余儀なくされました。
1990年代のバブル崩壊以降も過疎化は進行した

1990年代のバブル崩壊以降も過疎化は進行した

そんな折に起こった出来事が、1970年の長野県大平宿における集団離村です。 同年11月には全住民28戸が移住を完了し、250年続いた宿場町は終わりのときを迎えました。『大平エレジー』は、そんな大平宿終焉の黄昏を歌ったムード歌謡。曲途中、離村者による語りも入り、変わりゆく時代に取り残された、さびれた宿場町の哀愁を、たっぷりと滲ませます。

高田耕とはじらいエコーズ「大平エレジー」

ノーモア・スモンの歌(横井久美子)⇒薬害スモン

整腸剤キノホルムに由来する薬害スモン病。激しい腹痛、下肢の痺れ、脱力、歩行困難、さらには、視力障害といったさまざまな症状で患者を苦しめ、特に、1967~1968年頃に大量発生しました。
こんな苦しみは 二度と♪
この世に起こしてはならない♪
フォークシンガー・横井久美子が歌った『ノーモア・スモンの歌』では、そんなシンプルなメッセージを提唱しています。
ノーモア・スモンの歌(横井久美子)

ノーモア・スモンの歌(横井久美子)

42 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

40周年&100巻目前を記念して「パタリロ!100Project」始動! 映画「パタリロ!」「翔んで埼玉」も見逃せない!

40周年&100巻目前を記念して「パタリロ!100Project」始動! 映画「パタリロ!」「翔んで埼玉」も見逃せない!

1978年11月20日に始まって以来、今年で40周年を迎える魔夜峰央「パタリロ!」。目前に迫る40周年記念日と100巻発売に向けて「パタリロ!100Project」が始動、公式特設サイトがオープンしました。映画制作が進んでいる「翔んで埼玉」も見逃せない!
「#なつかし大賞」をつけて懐かしのサンリオグッズをSNSに投稿しよう!さらに「2018年サンリオキャラクター大賞」の中間順位が発表!

「#なつかし大賞」をつけて懐かしのサンリオグッズをSNSに投稿しよう!さらに「2018年サンリオキャラクター大賞」の中間順位が発表!

株式会社サンリオは、5月10日から投票を開始しているサンリオキャラクターの人気投票企画「2018年サンリオキャラクター大賞」の中間順位・上位10位までを発表しました。さらにハッシュタグ「#なつかし大賞」で好きなキャラを応援する企画も実施中。
隣人速報 | 850 view
ミドルエッジ世代の給食が家庭で蘇る!昭和の味「ソフトめん」の一般販売が開始される!

ミドルエッジ世代の給食が家庭で蘇る!昭和の味「ソフトめん」の一般販売が開始される!

ミドルエッジ世代であれば給食でお世話になったことがあるであろう「ソフトめん」。長らく口にしていない方が多いのではないでしょうか。このたび、ソフトめんを家庭で気軽に味わえる「近江ソフトめん」が滋賀県内で発売されました。
隣人速報 | 3,942 view
荒井由実、1973年の名盤『ひこうき雲』を再現したライブに井上陽水らが参加!WOWOWにて5/13に放送!

荒井由実、1973年の名盤『ひこうき雲』を再現したライブに井上陽水らが参加!WOWOWにて5/13に放送!

1973年に発売された荒井由実の1stアルバム『ひこうき雲』。音楽プロデューサー武部聡志が企画立案したイベント「PERFECT ONE presents SONGS & FRIENDS」にて、同アルバムを題材に井上陽水らが参加したライブが行なわれた。
知る人ぞ知る“超展開”マンガ「バレエ星」が48年の時を経て単行本化!サブカル好き必見!

知る人ぞ知る“超展開”マンガ「バレエ星」が48年の時を経て単行本化!サブカル好き必見!

かつて、小学館の学年誌に頻繁に掲載されていた「バレエ漫画」。そんなバレエ漫画の中でも異色の作品、谷ゆき子の「バレエ星」が、連載から50年近い時を経てついに単行本化を果たしました。その超展開ワールドを是非堪能してみましょう!
隣人速報 | 1,619 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト