立ち上げ当初のフォーライフ・レコード。ヒットしなかったけどイイ曲あるんです。
2022年8月25日 更新

立ち上げ当初のフォーライフ・レコード。ヒットしなかったけどイイ曲あるんです。

吉田拓郎・井上陽水・小室等に泉谷しげるが立ち上げたフォーライフ・レコード。当初はこの4人以外はヒット曲が出なかったこともあり、今となっては誰が居たのかあまり知られていないように思います。実はヒットはしなかったもののイイ曲があるんですよ。ぜひ聞いてくださいっ!

548 view

フォーライフ・レコード

吉田拓郎・井上陽水・小室等に泉谷しげるという当時人気の4人のミュージシャンが1975年に設立したレコード会社、それが言わずと知れた「フォーライフ・レコード」です。

ミュージシャンがレコード会社を設立するなど前代未聞ということで、レコード業界は大騒動、社会的な問題となりました。吉田拓郎と井上陽水は共に飛ぶ鳥を落とす勢い!人気絶頂でしたからねぇ。
 フォーライフ・レコード

フォーライフ・レコード

「株式会社フォーライフ・レコード」は、1975年から2001年まで存在した日本のレコード会社
センセーショナルを巻き起こしたとはいえ、フォーライフ・レコードがレコード会社として成功するにはヒット曲が必要。ヒット曲を出せるミュージシャンが必要。
つまり、人気の4人とは言ったものの、当時の泉谷しげるは熱烈なファンこそ付いていましたが、まだ知る人ぞ知るといった存在でしたし、小室等に至っては一般人で知る人はほとんどいないといった存在でしたから、新人の発掘はフォーライフ・レコードにとって大きな課題となったわけです。

フォーライフ・レコードはどのようなミュージシャンを発掘し、どのような曲をリリースしたのでしょうか?!
1975年の設立から激動の1977年までにリリースされた吉田拓郎・井上陽水・小室等・泉谷しげる以外のシングルを振り返ります。

川村ゆうこ

フォーライフ・レコードの最初のシングルは、1975年8月25日にリリースされた泉谷しげる「寒い国から来た手紙」。イイ曲ですが大きなヒットとはなりませんでした。盆を過ぎたとはいえ、まだまだ残暑が厳しい8月に「寒い国」と言われても一般的にはピンとこなかったのかもしれません。
続いて吉田拓郎「となりの町のお嬢さん」、小室等「愛よ こんにちは」、井上陽水「青空、ひとりきり」の4枚が1975年にフォーライフ・レコードからリリースされてています。レギュラーの4人が各1枚リリースしたわけです。

そして1976年、井上陽水「Good, Good-Bye」、吉田拓郎「明日に向って走れ」に次いで、いよいよ5人目のミュージシャンがデビューします。
1976年4月25日、吉田拓郎の作詞、作曲による、川村ゆうこ「風になりたい」です。
風になりたい

風になりたい

作詞:吉田拓郎
作曲:吉田拓郎
編曲:松任谷正隆
出典 tower.jp
川村ゆうこは、第1回フォーライフ新人オーディションでグランプリを獲得してのデビューです。期待の新人というわけです。きれいな顔にきれいな声。さすがグランプリです。

吉田拓郎らしいイイ曲ですし、もっと人気が出てもよかったのになと思いますね。

風になりたい  by 川村ゆうこ  with 吉田拓郎

フォーライフ・レコードの社運がかかってるとの思いがあったのでしょう。吉田拓郎はかなり力を入れて「風になりたい」を作ったようで、2006年のインタビューでは今までに作った提供曲で一番気にいっている曲だとこたえています。

「風になりたい」は、沢田聖子、我那覇美奈、中ノ森BANDなどによってカバーされてもいます。

哀しみを口ずさむ時

「風になりたい」の後、泉谷しげる「彼と彼女」、小室等「お早うの朝」に次いで川村ゆうこが2枚目のシングル「孤独なランナー」をリリース。1976年9月25日に6人目のフォーライフ、大野真澄が「哀しみを口ずさむ時」を出します。
哀しみを口ずさむ時

哀しみを口ずさむ時

作詞:大野真澄
作曲:大野真澄
編曲:松任谷正隆
大野真澄というと「学生街の喫茶店」で知られるガロ のVOCAL(ボーカル)ですね。フォーライフ移籍第1段というわけですが、残念ながら現在音源がありません。しかし、さすがにイイ声してますよ。

踊りましょうよ

大野真澄の次は吉田拓郎で「たえこMY LOVE」。で、次いで1976年を締めくくるべくリリースされたのが中川梨絵「踊りましょうよ」です。
ご存じでない方も多いかと思いますが、中川梨絵は新人ではありません。いえ、歌手としては新人ということになりますが、そもそもが女優です。しかもロマンポルノの黄金時代を築いた女優です。ということで、最高のフェロモン歌謡となっとります。
踊りましょうよ

踊りましょうよ

作詞:中川梨絵
作曲:中川梨絵
編曲:小室等・ムーンライダース
聞いたことないって方が多いかと思いますが、いやぁ「踊りましょうよ」は名曲ですよォ。実はこの曲、カップリングの「さすらいのトランペッター」共々、中川梨絵が自ら作ってるんです。素晴らしい才能ですわ。
こんなにステキな曲が埋もれているなんて、日本の音楽界にとって大きな損失と言わざるを得ません。是非お聞きください。

【歌うロマンポルノ女優】中川梨絵「踊りましょうよ」

プロデュースと演奏を小室等とムーンライダースが務めています。小室等はともかく、ムーンライダースはさすがに素晴らしいです。ムーンライダースの貢献が大きいのではないかと思います?!

残念ながらこれが中川梨絵がリリースした唯一のシングルなんです。これしか無いのです。聞き足りん!全く聞き足りん!アルバムで聞いてみたかったですねぇ。
34 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

吉田拓郎の名曲をカバー!トリビュートアルバムが6月7日に発売!井上陽水や高橋真梨子らが参加!

吉田拓郎の名曲をカバー!トリビュートアルバムが6月7日に発売!井上陽水や高橋真梨子らが参加!

6月7日に吉田拓郎の名曲をカバーしたトリビュートアルバム「今日までそして明日からも、吉田拓郎 tribute to TAKURO YOSHIDA」が発売される。井上陽水やTHE ALFEE、高橋真梨子、織田哲郎、奥田民生ら豪華アーティスト12組が参加している。高橋真梨子
音楽配信サイト"AWA"でミドルエッジがお届けする「昭和J-popに酔いしれる!!」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"でミドルエッジがお届けする「昭和J-popに酔いしれる!!」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"で公式プレイリスターとして情報提供しているミドルエッジがお届けする「‘70 ‘80 ‘90 Best」シリーズ!今回はその集大成と言える「昭和J-popに酔いしれる!!」に収録した84曲の一部をライナーノーツ的に紹介します。曲のチョイスは「何故この曲?」なんて堅いことは言いっこなし(笑、有線さながらのバックミュージックに使えて、そして懐かしむミドルエッジの王道を是非ご堪能ください。
【訃報】とんねるず「雨の西麻布」に登場したザ・リリーズの妹、燕真由美さん死去。「好きよキャプテン」など

【訃報】とんねるず「雨の西麻布」に登場したザ・リリーズの妹、燕真由美さん死去。「好きよキャプテン」など

70年代を中心に活躍した双子デュオ「ザ・リリーズ」の妹、燕真由美(つばめ まゆみ)さんが24日、脳腫瘍のため亡くなっていたことが明らかとなりました。62歳でした。
隣人速報 | 823 view
音楽活動を引退する大物歌手が多い2022年。復活して欲しい歌手はいますか?

音楽活動を引退する大物歌手が多い2022年。復活して欲しい歌手はいますか?

音楽活動から引退する吉田拓郎やコンサート活動からの引退を発表した加山雄三、来年5月に歌手を引退する橋幸夫など、大物歌手が多く自身の身体を表明した2022年。あえて今後歌手活動を復活して欲しい大物歌手はいますか?
吉田拓郎の放送禁止曲「ペニーレインでバーボン」を収録したアルバム2タイトルが完全復刻!原宿ペニーレインでイベントを開催!

吉田拓郎の放送禁止曲「ペニーレインでバーボン」を収録したアルバム2タイトルが完全復刻!原宿ペニーレインでイベントを開催!

吉田拓郎(当時の表記:よしだたくろう)の5枚目のオリジナル・アルバム『今はまだ人生を語らず』およびライブアルバム『COMPLETE TAKURO TOUR 1979 完全復刻盤』が、オリジナル発売時と同じ収録内容で完全復刻発売されました。
隣人速報 | 233 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト