「人生は考え方ひとつで変えることが出来る」幾度となく新たな挑戦を続ける小林一光さん。
2019年2月17日 更新

「人生は考え方ひとつで変えることが出来る」幾度となく新たな挑戦を続ける小林一光さん。

かつて「伝説の保険営業マン」とまで呼ばれた小林一光さんの座右の銘は「受けた恩は石に刻んで、与えた恩は水に流す」。学生時代の輝かしいキャリアを引っ提げて、というわけではなかった小林さんがなぜ「営業」というフィールドで何度も日本一の称号を得、またその称号をあっさり捨てて次のフィールドに挑み続けるのか、お話を伺いました。

2,922 view
「もう一度現場でチャレンジしたい」
「何かしら人に教えたり、よい影響力を持てる自分になりたい」

突き動かされる想いで、小林さんは43歳での独立へと踏み切ることになりました。
独立に際して生命保険商品を扱うことはしないと決めていたあたり、トップを極めた者の覚悟をうかがい知ることが出来ます。

「信念を貫くことで会社が立ちあがってきた」

小林さんの株式会社アイ・タッグが提供するサービスには以下のような言葉が記されています。
人の可能性を信じて、「自ら変わり、成長し続ける能力」を育てる企業を応援します。

自分の人生を自分で主導していくことができる「意志の力」
自分に向き合い、自分と戦い、自分に責任を持つことで「幸せを得る力」
人を育て、組織を活性化させる「経営の力」

アイ・タッグでは、人の可能性を信じ、持てるすべての力を発揮して「ありたい姿」「目指すゴール」へ邁進する人材・企業の徹底的なサポートをいたします。
「恩は返すものでなく送るものだと思っています。」
冒頭の言葉通り、小林さんは自らが経験し感じてきたことを多くの人に活かして欲しい、そんな信念で会社を立ち上げてきました。
「独立後、プルデンシャル生命時代の縁とは一時的に疎遠となりました。恩返しよりも恩送り、教わったことを社内でなく外に出て活かしていきたい、その信念を持って独立しましたが、誤解されることもあったようです。

しかし信念を貫けば時間の経過とともに真実が分かるだろうと、そう思って信念を貫いてきました。」

「人生で起きることには全て意味がある」

「これまでは自分自身の経験や考え方を主にマネジメントやビジネス領域で教育という形で提供してきました。一度きりの人生で何をすべきか、大学まで成功体験のなかった自分でも、考え方と行動を変えることで多くのチャンスに恵まれることが出来た、その経験を多くの人や企業に伝えてきたんです。」

「これからの日本で必要とされることを伝えていきたい」

「これまではマネジメントやビジネスを教えてきましたが、いま本当に大事だと思うのが”食”に関することなんです。」
食とスポーツを通じて日本人が元々持っている自尊心やアイデンティティ取り戻す
「保育園や学童クラブ、幼児向けサッカー教室などを立ち上げ、食とスポーツに関する活動をしっかりやっていこうと。とくに”食”については若いお母さんたちの意識を高めるための活動に取り組みたい。

また、デイサービスと幼稚園を一緒にしてお互いによい刺激を与えられるような仕組み、おじいちゃんやおばあちゃんと子供たち交流が出来る環境など、これからの日本に必要とされる仕組みを創っていきたい。

いよいよここからが本番、やりたいことが見えてきたと感じています。」
これからの日本に必要とされる仕組みづくりを、と意気込む小林さん。

ご自身の過去の栄光はあっさりと降ろして、得られた経験は次の世代のために惜しみなく提供する。
この先まだ、幾度となく新たなチャレンジが続きそうな小林さんの活躍を応援せずにいられません。
56 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

格闘道イベント「敬天愛人」とは?鹿児島で産声を上げる格闘道の発起人、菊野克紀選手に伺った。

格闘道イベント「敬天愛人」とは?鹿児島で産声を上げる格闘道の発起人、菊野克紀選手に伺った。

数多くの格闘技が共存共栄する日本。ときにブームに沸き、ときに存続の危機に立たされる世界で、格闘家は黙々と 己との闘いを刻み続けている。そんな格闘技を通じて体得出来ることを「格闘道」として広く発信しようと取り組む 菊野克紀選手。格闘家としての頂点をみた男の大いなる挑戦に耳を傾けていただきたい。
清宮克幸 早稲田大学ラグビー部監督4 「荒ぶる」

清宮克幸 早稲田大学ラグビー部監督4 「荒ぶる」

2003年度、全日本大学選手権決勝で、関東学院にリベンジを許し、王座から引きずり降ろされた早稲田大学ラグビー部は、2004年度、大学日本一を取り返すことを誓った。「荒ぶる」は復活なるか?
RAOH | 1,918 view
清宮克幸 早稲田大学ラグビー部監督3 「RAISE UP」

清宮克幸 早稲田大学ラグビー部監督3 「RAISE UP」

2002年度の全国大学選手権で、13年ぶりに優勝した早稲田大学ラグビー部は、新スローガン「RAISE UP(レイズアップ)」を掲げ、オールブラックス(ニュージーランド学生代表)に勝った。 しかしシーズン途中、イラク日本人外交官射殺事件が起こり、よき先輩であり、最強のスローガン「ULTIMATE CRASH」の生みの親でもある奥克彦が殉職され、「やはり俺たちには、アルティメットクラッシュしかない」と気づく。 そして社会人チームに勝利するという16年ぶりの快挙を成し遂げた。
RAOH | 2,193 view
PRIDEからHERO'S、パンクラスと格闘家の道を歩んだ大山峻護、40歳を超えてのプロレスチャレンジ!

PRIDEからHERO'S、パンクラスと格闘家の道を歩んだ大山峻護、40歳を超えてのプロレスチャレンジ!

柔道一筋の学生時代からPRIDE、HERO'S、パンクラスと格闘家としての道を歩み続けた大山峻護。眩いばかりのスポットを浴び、ときに峻烈極まる罵声に晒された彼は40歳でその格闘家人生を終え、いまはトレーニングプログラム「FIGHTNESS」を提唱して日々躍動中。そんな中、なんと42歳にしてプロレスにチャレンジするという彼に話を伺った。
大西鐡之祐 むかし²ラグビーの神様は、知と理を縦糸に、情熱と愛を横糸に、真っ赤な桜のジャージを織り上げました。

大西鐡之祐 むかし²ラグビーの神様は、知と理を縦糸に、情熱と愛を横糸に、真っ赤な桜のジャージを織り上げました。

「どんな人でも夢を持たない人間はいない。 夢は人間を前進させ、幸福にする。 唯、夢がその人を幸福にするかしないかは、その人の夢の実現に対する永続的な努力と情熱にかかっている。」
RAOH | 20,947 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト