貴方も知っているはず!作詞家・放送作家の保富康午
2015年11月28日 更新

貴方も知っているはず!作詞家・放送作家の保富康午

50年前からメディアで活躍していらした保富康午先生。あなたもきっと先生の作品に触れているはず!50代のお若さで亡くなってしまわれましたが作品は今でもミドルエイジャーの心にきっと残っているはず!保富先生の思い出を語ります。

2,358 view

誰でも知ってる「大きな古時計」の…

平井堅さんが2002年にリリースした「大きな古時計」。記憶に新しい方も多いでしょう。
もともと、平井さんがライブで歌っていたのですが、NHKの番組でそれを公表して、実際に歌ったのが評判をよび、「みんなのうた」でも平井さん版が流れるようになりました。

平井堅 - 大きな古時計 - YouTube

大きな古時計(おおきなふるどけい、英:My Grandfather's Clock)は、アメリカ合衆国のポピュラー・ソング。
作詞・作曲はヘンリー・クレイ・ワークで、1876年に発表され、当時アメリカで楽譜が100万部以上売れた。ワークがイギリスを訪問している際に、宿泊先のホテルの主人から聞いたエピソードにヒントを得て歌にしたものである。
この「大きな古時計」の訳詩をしたのが「保富康午」さんです。
保富康午

保富康午

保富 康午(ほとみ こうご、1930年3月2日 - 1984年9月19日)は、日本の作詞家。和歌山県西牟婁郡すさみ町出身。
同志社大学卒業後、詩人である村野四郎に弟子入りしていたが、知人からミュージカルの台本依頼をされたことを機にテレビの仕事に携わるようになる。
構成作家として『サンデーサン』、フジテレビ『ミュージックフェア』などの歌番組を始め、演歌歌手達のショーの舞台も数多く担当。子供のための歌も多く執筆、外国の童謡の訳も手がける。『大きな古時計』などの訳は一般におなじみとなっている。
TVアニメ関係では、『ドカベン』『おれは鉄兵』『一球さん』『宇宙海賊キャプテンハーロック』『科学忍者隊ガッチャマンII』『タイガーマスク二世』などに代表されるような有名な作品の作詞を数多く手がけている。また、モータースポーツに造詣が深く、スーパーカーブームの際東映動画で『アローエンブレム・グランプリの鷹』が制作された際には、主題歌の作詞のみならず、原案と監修を担当している。アニメソングはフジテレビ系列で放送された作品が大半を占めていた。
1984年9月19日、54歳の若さで死去。
「康午」という名前は「庚午(かのえうま)」の年にお生まれだからだと推測されます。「庚」は常用漢字にないので同音の「康」の字を当てられたのでしょう(ただし「庚」は人名漢字に入っています。画数の関係なのかもしれませんが詳細は不明です)。

保富康午の作品◆キッズソング

「大きな古時計」だけではなく、保富先生はこどものうたも数多く作られています。

ゆかいに歩けば/東京放送児童合唱団〔朝日ソノラマ版〕 - YouTube

ゆかいに歩けば 作曲=F・メラー 訳詩=保富康午 編曲=小林秀雄 指揮=山本直純 合唱=NHK東京放送児童合唱団 演奏=プロ・コルデ室内楽団 1964年 朝日ソノプレス社〔モノラル〕

童謡「おはながわらった」歌・山野さと子 - YouTube

おはながわらった 作詞 保富康午 作曲 湯山 昭

ミュージックフェア・日本歌謡大賞・FNS歌謡祭テーマソング作詞

キッズソングだけではありません。
保富先生はテレビ番組の構成も手がけられていました。
テーマ曲の作詞をされたものもあります。

・ミュージックフェア
・FNS歌謡祭テーマ曲「花咲く歌声」(構成も)
・日本歌謡大賞テーマ曲「日本歌謡大賞讃歌」(構成も)

ここでは「ミュージックフェア」テーマ曲をご紹介します。

「ちびっこのどじまん」

保富先生は約50年前に放送されたフジテレビの「ちびっこのどじまん」の構成もされています。
オープニングのスタッフロールの中に保富先生のお名前が見えます。
「ちびっこのどじまん」からは野口五郎さん、天童よしみさん、アニメソングの堀江美都子さん、かおりくみこさん、嶋崎由理さんも輩出しているんですよ。
当時日本で一番応募の多い視聴者参加番組でした。

保富先生が「堀江美都子うたのあゆみ1」に寄せたコメントによると
当時は子どもが大人の歌を歌うなどと非常識という風潮だったそうですが、番組最高視聴率は39.7%(1966年8月26日放送・ビデオリサーチ・関東地区調べ)なので人気番組だったということがわかりますよね。

アニメソング・ヒーローソングの作詞

1974年頃から保富先生はアニメやヒーロー番組のテーマソングや挿入歌の作詞をされています。
ミドルエッジの読者の皆さんにも懐かしい曲があると思いますよ♪

1974年 ジムボタン OP 「ジムボタンの歌」

オープニングテーマ「ジムボタンの歌」
作詞 - 保冨康午 / 作曲・編曲 - 越部信義 / 歌 - 堀江美都子、こおろぎ'73
エンディングテーマ「ポッコちゃんが好き」
作詞 - 保冨康午 / 作曲・編曲 - 越部信義 / 歌 - 堀江美都子
38 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

聴けば街並みが目に浮かぶ…東京の街を歌ったJ‐POP【新宿編】

聴けば街並みが目に浮かぶ…東京の街を歌ったJ‐POP【新宿編】

大都会の華々しさと裏路地の哀愁が交錯する街・新宿。70年代頃より高層ビルが林立し、盛り場と化していったこの街は、これまで数多くのアーティストの創作意欲を刺激してきました。そこで今回は、新宿を舞台にしたJ‐POPの名曲を紹介していきます。
こじへい | 429 view
北海道の開拓物語という一見地味に思える映画「北の螢」には大物女優の濡れ場がっ!

北海道の開拓物語という一見地味に思える映画「北の螢」には大物女優の濡れ場がっ!

地味だし暗い映画です。「北の螢」。しかし、監督はエロと暴力と血しぶきを際立たせた演出で知られる五社英雄。岩下志麻をはじめとして、夏木マリ、中村れい子、早乙女愛に夏目雅子と女優陣には綺麗どころが揃っております!
obladioblada | 2,946 view
音楽配信サイト"AWA"でミドルエッジがお届けする第二弾!「昭和歌謡がくれた季節(男性編)」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"でミドルエッジがお届けする第二弾!「昭和歌謡がくれた季節(男性編)」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"で公式プレイリスターとして情報提供しているミドルエッジがお届けする「‘70 ‘80 ‘90 Best」シリーズ!今回はその集大成と言える第二弾!(今回は‘60もあるよ!)「昭和歌謡がくれた季節(男性編!)」に収録した63曲の一部をライナーノーツ的に紹介します。曲のチョイスは「何故この曲?」なんて堅いことは言いっこなし(笑、有線さながらのバックミュージックに使えて、そして懐かしむミドルエッジの王道を是非ご堪能ください。
花の中3トリオ、ものまね上手の森昌子に大注目!

花の中3トリオ、ものまね上手の森昌子に大注目!

桜田淳子、山口百恵と一緒に花の中3トリオとして活躍していた森昌子。歌手としての成功もさることながらものまね上手な女性としても有名でものまね番組に引っ張りだこ!そんな森昌子にクローズアップ!
はんまのまま | 4,030 view
森進一「紅白」卒業発表!歌手生活50周年の今年を区切りに!

森進一「紅白」卒業発表!歌手生活50周年の今年を区切りに!

モノマネされる歌手ナンバーワンとも言える森進一さんがなんと今年の紅白での卒業を発表しました。 そんな知っているようで詳しく知らない森進一さんを深堀りしました!

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト