特撮『スーパー戦隊シリーズ』と昭和の文化・世相・流行の変遷
2016年6月27日 更新

特撮『スーパー戦隊シリーズ』と昭和の文化・世相・流行の変遷

スーパー戦隊シリーズは、ウルトラシリーズ・仮面ライダーシリーズとともに、およそ40年にわたって放映されている長寿な特撮テレビドラマシリーズです。スーパー戦隊シリーズの40年におよぶ歴史には、昭和の文化・世相・流行の変化が濃密に映し出されています。昭和の文化・世相・流行の変遷とスーパー戦隊シリーズのつながりをおさらいしてみましょう。

127,032 view

『秘密戦隊ゴレンジャー』(1975年) 集団変身ヒーロー・仮面ライダーの影響、カラーテレビの時代を反映させ色で個性を強調。

「五人のヒーロー集団」 5人の専門家・仮面ライダーという企画・集団変身ヒーローにチャンスがあると予測した

『スパイ大作戦』(日本では、1967年4月8日からフジ...

『スパイ大作戦』(日本では、1967年4月8日からフジテレビ系列で放送)を参考にした複数の専門家が集まったヒーローチーム」という「五人ライダー」の企画案を検討

アメリカ政府が手を下せない極秘任務を遂行するスパイ組織・IMF(Impossible Mission Force、不可能作戦部隊)メンバーの活躍を描くアクションドラマ。原題Mission: Impossibleは実行不可能な指令の意。
『仮面ライダー』(1971年4月3日から1973年2月...

『仮面ライダー』(1971年4月3日から1973年2月10日)をベースに「五人ライダー」の企画案を検討

NETと東映が組むにあたり、原作者として石森章太郎が起用され、石森は「五人のヒーロー集団」という設定から複雑なデザインは避け、一目でわかるシンプルなヒーロー像を設定した。
テレビアニメでは1972年の『科学忍者隊ガッチャマン』...

テレビアニメでは1972年の『科学忍者隊ガッチャマン』にて集団変身ヒーローの成功事例があった。実写版の集団変身ヒーローの成功確率も高いかもしれない。

『科学忍者隊ガッチャマン』(かがくにんじゃたいガッチャマン)は、タツノコプロが制作したSFアニメ。世界征服を企む秘密結社ギャラクターと戦う、5人の少年・少女で結成された科学忍者隊の活躍を描いた作品。

テレビアニメ版は1972年10月1日から1974年9月29日までフジテレビ系で毎週日曜日18時00分から18時30分に全105話が放送された。

2年間の平均視聴率は約21%(タツノコプロの保存資料によると平均視聴率17.9%、最高視聴率26.5%)。

本作品の成功により、『新造人間キャシャーン』『破裏拳ポリマー』『宇宙の騎士テッカマン』といったヒーローものが続き、タツノコプロの一つの路線を構築した代表作である。人気や知名度の高さからその後、映画版や続編、OVAも制作された。

カラーテレビの時代を反映させ、『仮面の忍者 赤影』(関西テレビ放送)と同様、「色」で個性を強調するのが得策と考えられた。

白黒テレビに変わって、カラーテレビが普及してきており、...

白黒テレビに変わって、カラーテレビが普及してきており、1975年ごろでは、カラーテレビの時代を反映させた企画が必要。

特撮テレビドラマ『仮面の忍者 赤影』(全52話が196...

特撮テレビドラマ『仮面の忍者 赤影』(全52話が1967年4月5日 - 1968年3月27日)は怪獣、UFOなど何でもありの世界観で人気を博した。

五人のヒーローを五色でシンプルに表現するアイデアに行き着く「5レンジャー=ゴレンジャー」 楽しくコミカルに。

五人のヒーローを五色でシンプルに表現するアイデアに行き...

五人のヒーローを五色でシンプルに表現するアイデアに行き着く「5レンジャー=ゴレンジャー」

当初のタイトル案は「レッド・1」というものであり、各メンバーの名もレッドマスクなどと仮称されていた。そしてその後考案されたのが「ファイブレンジャー」で、メンバーの名称もレッドレンジャーなどとするものだった。

しかしこの「ファイブレンジャー」は「理屈っぽい」として渡邊が却下。次に出た「ガッツレンジャー」も却下され、最終的に「5人レンジャー」の「人」を取って、「5レンジャー」の名前が考案され、これにOKを出した渡邊によって、片仮名の「ゴレンジャー」が決定名となった。
平山亨「小牧リサの太ももから「モモレンジャー」を発想し...

平山亨「小牧リサの太ももから「モモレンジャー」を発想した」と証言している。

ペギー松山 / モモレンジャー(声):小牧りさ

小牧リサの美しい「太もも」から「ももレンジャー」。
ももはももでも太もも。桃ではなかった。
歌舞伎の『白浪五人男』が「五人揃ってゴレンジャー」の名...

歌舞伎の『白浪五人男』が「五人揃ってゴレンジャー」の名乗りポーズの原典である

「五人揃ってゴレンジャー」 「作劇や敵怪人をコミカルに...

「五人揃ってゴレンジャー」 「作劇や敵怪人をコミカルに描く」というコンセプトも導入される。

「作劇や敵怪人をコミカルに描く」というコンセプトは、本作品で美術全般を担当したエキス・プロダクションの前沢範が企画会議で石森に「舞台のショーで見られるような、コミカルで楽しいものにしましょう」と提案して導入された。
ゴレンジャーの面々

ゴレンジャーの面々

海城剛 / アカレンジャー(声):誠直也
新命明 / アオレンジャー(声):宮内洋
大岩大太 / キレンジャー(声):畠山麦 (1 - 54, 67 - 84)
ペギー松山 / モモレンジャー(声):小牧りさ
明日香健二 / ミドレンジャー(声):伊藤幸雄

(この画像にはない)
熊野大五郎 / キレンジャー(声):だるま二郎 (55 - 67)
海城剛 / アカレンジャー(声):誠直也

海城剛 / アカレンジャー(声):誠直也

『バトルフィーバーJ』(1979年) ディスコブームの影響を受ける。

映画『サタデー・ナイト・フィーバー』(日本での公開は1978年7月15日) ディスコブームが起こる。

映画『サタデー・ナイト・フィーバー』(日本での公開は1...

映画『サタデー・ナイト・フィーバー』(日本での公開は1978年7月15日)

この映画の「トラボルタ」の風貌や決めポーズ、映画に使われたディスコ・ミュージックが世界的に人気になり、ディスコ文化を取り巻くファッションやサブカルチャーといった世界の若者文化に大きな影響を与えた。映画のサウンドトラック「サタデー・ナイト・フィーバー」は驚異的な売上を記録し、なかでも作中でBillboard Hot 100 1位6曲を含む7曲を提供したビージーズはその人気を不動のものにした。

日本ではこの映画の影響でディスコ・ダンスで踊り、熱狂することを指す「フィーバーする」という言葉(和製英語)が生まれた。転じてパチンコでの大当たりのシステムでも「フィーバー」という言葉が使われるようになった。
確立変動絵柄のセブンで大当たり!フィーバー!

確立変動絵柄のセブンで大当たり!フィーバー!

160 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • ピンクマスクレディー 2020/10/4 12:12

    少し体操得意で、女戦士に、憧れていました。体操をアクション技も、楽しみでした。

    🤖 2020/2/7 19:07

    仮面ライダー
    ウルトラマンは応援します

    すべてのコメントを見る (2)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

スーパー戦隊シリーズのお約束:偽者回・ヒロインのコスプレ七変化・巨大ロボの追加・悪の組織の内部抗争ほか

スーパー戦隊シリーズのお約束:偽者回・ヒロインのコスプレ七変化・巨大ロボの追加・悪の組織の内部抗争ほか

東映の特撮ドラマ「スーパー戦隊シリーズ」の初モノのエピソードと新しい要素の定番化(お約束)の歴史を振り返ってみましょう。恒例のニセ戦隊の話やスーパー戦隊ヒロインのコスプレ七変化ほか。クリスマスには戦隊シリーズの2号(3号)ロボが発売されてデパートで子供が買って買ってと泣き叫ぶのが昭和のお約束でしたね。
トントン | 46,600 view
特撮美少女ヒロインの歩み(昭和から現代まで・75名)ウルトラシリーズ・仮面ライダーシリーズ・スーパー戦隊シリーズほか

特撮美少女ヒロインの歩み(昭和から現代まで・75名)ウルトラシリーズ・仮面ライダーシリーズ・スーパー戦隊シリーズほか

1960年代の特撮番組の黎明期においては番組に華を添え、主人公たちを影から支えるような存在であった特撮ヒロインが、徐々にアイドル的存在・番組に不可欠な重要な存在となっていき、視聴率に大きな影響を与えるような存在になっていきます。そして、特撮テレビドラマはすでに知名度があるアイドル、グラビアタレントやモデルが女優デビューする機会にもなっていきました。現在の特撮ヒロインはより多彩で多面的な役割を担ってきています。特撮ヒロインの歩み・歴史をざっくりとおさらいしてみましょう。
トントン | 143,074 view
皆勤賞が廃止の動き!?昭和の頃は当たり前だったのに姿を消したモノゴト

皆勤賞が廃止の動き!?昭和の頃は当たり前だったのに姿を消したモノゴト

学校を休まず毎日通い続けることで貰える「皆勤賞」。皆勤賞を目指して毎日頑張る子供たちも多くいるかと思いますが、このたびの新型コロナウイルスの感染拡大を受けて「皆勤賞って本当に必要か?」という疑問の声が各所から上がっています。
隣人速報 | 2,428 view
第33回東京国際映画祭に「秘密戦隊ゴレンジャー」のアカレンジャー・誠直也(72)が登場することが明らかに!!

第33回東京国際映画祭に「秘密戦隊ゴレンジャー」のアカレンジャー・誠直也(72)が登場することが明らかに!!

10月31日から11月9日まで開催が予定されている第33回東京国際映画祭の「ジャパニーズ・アニメーション部門」の特撮特集にて、スーパー戦隊シリーズの記念すべき初代「秘密戦隊ゴレンジャー」からアカレンジャーを務めた俳優・誠直也の登壇が決定しました。
隣人速報 | 872 view
赤はリーダーカラー!戦隊シリーズの要「赤」の系譜(ゴレンジャーからダイナマンまで)。

赤はリーダーカラー!戦隊シリーズの要「赤」の系譜(ゴレンジャーからダイナマンまで)。

戦隊モノのリーダーといえば赤。赤がド真ん中のリーダー色だと思うようになったのは戦隊モノの影響が大きいですよね。平和を守る正義の炎を燃やすリーダーはやっぱり赤色が似合います。戦隊モノの初期7作品のリーダーをみていきましょう。
青春の握り拳 | 8,536 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト