【鹿取義隆選手】かっての守護神が宿敵となって巨人ナインに立ちはだかった!
2016年11月25日 更新

【鹿取義隆選手】かっての守護神が宿敵となって巨人ナインに立ちはだかった!

1980年代、無類の安定感を誇り巨人のリリーフエースとして君臨した鹿取義隆選手。だが、トレードによって西武に移籍。そしてかっての守護神が1990年の日本シリーズにおいて、今度は宿敵の一員として、巨人ナインの前に立ちはだかったのである。

24,515 view

1990年・運命の日本シリーズ

1990年の日本シリーズ、第一戦で先発した槙原投手から初回にデストラーデ選手が特大3ランホームランで先制すると、その後も効果的に加点し、5-0の完勝。
(この時、なぜ第1戦の先発がエースの斎藤投手ではなく、槙原投手だったのか?と議論になりましたが巨人の藤田監督は2戦目を重視しての投手起用だったと言われています。)
巨人・藤田監督が重視した2戦で斎藤投手、3戦では桑田投手と、「先発三本柱」を完全に粉砕。
(スコアは2戦目が9-5。3戦目が7-0)。
そして第3戦には秋山選手の「あのパフォーマンス」が生まれます。
1990年の日本シリーズと言えば・・・

1990年の日本シリーズと言えば・・・

1990年の日本シリーズ第3戦で、本塁打を放ちバック宙でホームインする秋山選手
この前年の1989年の日本シリーズでは近鉄に3連敗で王手をかけられた状態から、奇跡の4連勝で日本一になった巨人ですが、西武相手には奇跡はおこらず、第4戦も7-3で西武の勝利。戦前の予想に反して西武の4連勝。この敗戦を受けて巨人の選手会長の岡崎選手は「野球観が変わった」と言葉を残す程の衝撃を巨人の選手達に与えました。

4戦全てが4点以上の大差がついた事も関係してか、鹿取投手の登板は2戦目の9回1イニングのみ。
しかし、完璧に古巣・巨人打線を抑え込んだのです
グランド一週する西武の選手

グランド一週する西武の選手

右端の背番号26番が鹿取選手です。
その後も鹿取選手は西武の投手陣を支え続け、日本シリーズで何度も登板します。

1992年の日本シリーズにて

引退、そして今

そして鹿取投手は通算91勝46敗131セーブの大記録を残し、1997年に引退します。
(巨人:45勝29敗58セーブ、西武:46勝17敗73セーブ)
西武時代の成績の方が巨人時代を上回っているのです。
引退後すぐ1998年にジャイアンツの二軍投手コーチに就任。
その後も巨人の一軍投手コーチ、ヘッドコーチを歴任。
2002年には、かつてのトレード相手であった西岡良洋外野守備・走塁コーチと奇妙な縁で結ばれ、両者の古巣・西武ライオンズを下して日本一になっています。
※この時巨人には工藤選手、清原選手といった西武の黄金時代を支えた選手がいました。
2002年、日本一

2002年、日本一

84番が鹿取コーチ…なのですが…。
巨人を退団後の2006年には第1回WBCの日本代表投手コーチ。2014年、侍ジャパンのアンダー世代である15U(中学生以下)代表監督に就任。2015年には第1回WBSCプレミア12の日本代表投手コーチを務めるなど、野球の日本代表選手を支えているのです。
WBSCプレミア12の日本代表投手コーチを務める鹿取氏

WBSCプレミア12の日本代表投手コーチを務める鹿取氏

33 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【松本匡史選手】青い稲妻と呼ばれた巨人軍不動のトップバッター

【松本匡史選手】青い稲妻と呼ばれた巨人軍不動のトップバッター

俊足巧打、そして守備も抜群に上手い。青い手袋を身につけていた事から 「青い稲妻」と呼ばれた松本匡史選手は、正に理想的な一番打者だった。 1980年代の巨人軍を支えた松本選手の球歴を振り返る。
和尚 | 31,177 view
【駒田徳広選手】「満塁男・駒田」が起こした球史に残る「二つの事件」を振り返る。

【駒田徳広選手】「満塁男・駒田」が起こした球史に残る「二つの事件」を振り返る。

満塁の際、無類の強さを誇った「満塁男」・駒田選手。巨人のスター選手だった彼は選手生活の晩年・FA宣言をして横浜に移籍する。「来る選手はいても、FAで巨人を出る選手などいない」そう思われていた球界の常識を変えた選手だった。
和尚 | 58,246 view
【河野博文投手】ミスターに「ゲンちゃん」と愛された中継ぎエースの現在地。

【河野博文投手】ミスターに「ゲンちゃん」と愛された中継ぎエースの現在地。

1988年に最優秀防御率賞を獲得した河野投手はその後、FAで日本ハムから巨人に移籍する。1996年シーズン、首位に最大11.5ゲーム差をつけられてからの大逆転優勝(メークドラマ)に大きく貢献した。長島監督から「ゲンちゃん」と呼ばれた中継ぎエースは引退後波乱の人生を送ることになる・・・。
和尚 | 8,257 view
【槙原寛己選手】完全試合を達成した、伝説の「先発三本柱」の1人

【槙原寛己選手】完全試合を達成した、伝説の「先発三本柱」の1人

1990年代の巨人には他球団が羨む先発投手が三人所属していた。 斎藤雅樹、桑田真澄と共に「先発三本柱」と呼ばれた男、槙原寛己投手。 抜群の成績を残しながら「エース」と呼ばれる事はなかった槙原投手の活躍を振り返る。
和尚 | 6,317 view
【大久保博元選手】巨人の救世主になった「デーブ」

【大久保博元選手】巨人の救世主になった「デーブ」

2015年楽天イーグルスの監督に就任。そして成績不振のため一年で解任。 打撃コーチとしては…監督としては…と指導者としての評価が分かれる大久保博元氏。 そんな彼の現役時代の活躍を振り返る。「彼は、まぎれもなく巨人の救世主だった」
和尚 | 7,848 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト